民事再生(個人再生)

個人再生と任意整理の違いとは?

個人再生と任意整理は元本を3年で返済する債務整理という点で共通しています。しかし、個人再生は大きな債務カットができるので返済額は少なくなるでしょう。住宅ローンも残せます。

これに対し、任意整理はスピーディーなので家族に内緒で実行可能です。また、債務を選べるので都合が悪い債務を除外できます。他にも多くの相違点があり、どちらが自分に適しているかは一概に言えません。そのため、債務整理を専門としている弁護士への相談は必ず必要です。

目次

個人再生と任意整理の違い

個人再生とは、民事再生法を使い、元本カットにまで踏み込んだ債務整理をすることです。これに対し、任意整理は法律によらず債権者との話し合いで債務整理をします。

両者の違いは法律による債務整理か否かですが、その違いによる効果は少なくありません。個人再生は裁判所に再生計画案を提出し、許可されることで実行されます。裁判所のチェックが入るので大規模な債務整理ができるのです。

これに対し、任意整理は弁護士と貸金業者の間で話し合いをします。話し合いの結果は大抵決まっており、元本返済を条件にする利息減免です。ただ、話し合いによる解決なので個人再生ほどの債務整理は望めません。

個人再生って何?

個人再生とは、民事再生法による債務整理です。民事再生法は企業向けの債務整理ですが、個人でも利用できる規定があります。

かなりの元本カットをするので、借金が多すぎて元本も返済できない人向けです。また、民事再生法は無担保の債権を対象にしていますが、個人が利用する際も同様です。そのため、住宅ローンを除外できる規定があり、住宅を残した債務整理ができます。もっとも、住宅価値がローン残高を超えていると差額部分は返済額に響きかねません。

このように個人再生は、生活に欠かせない自宅を残し、大規模な債務整理ができます。

任意整理って何?

任意整理は、法律にもとづかない話し合いによる債務整理です。法律に基づかないのでスピーディーに、かつ外部に内緒にしやすいでしょう。同居の家族などに内緒で任意整理を終わらせる人も少なくありません。

ただ、単なる話し合いによる解決なので効果は限定的です。そのため元本カットにまで踏み込むことはできず、利息減免に留まります。また、元本返済期間は3年が標準であり、長くても5年までです。そのため、債務残額が大きすぎると選択することができません。

対象債務を選択できるか?

このように個人再生と任意整理は違いがあります。ここで気になるのが対象債務の選択です。例えば、保証人がいる借金を債務整理すると保証人に迷惑がかかります。このような借金は債務整理の対象から外したいでしょう。

個人再生は住宅ローンのように担保がある債務を債務整理対象から外せます。ただ、無担保融資はすべて債務整理の対象であり、保証人の有無は考慮されません。個人再生は債務選択の余地が狭いのです。

これに対し、任意整理は、弁護士と貸金業者が一対一で交渉します。そのため、保証人がいるような債務は、任意整理をしなければいいのです。自分にとって都合がいい借金だけを狙って債務整理ができます。任意整理は選択の余地が広いのです。

元本カットに踏み込めるか?

個人再生と任意整理ではその効果に違いがあります。顕著な違いとして元本カットの有無が挙げられるでしょう。

個人再生は最大9割まで元本カットが可能です。最低返済額は100万円ですが、返済期間は3年間なので現実的な返済ができるでしょう。再生案通りの返済ができれば残額はすべて返済免除されます。個人再生は自己破産ほどの効果はありませんが、元本カットに踏み込めます。

これに対し、任意整理は元本カットにまで踏み込むことができません。話し合いの結果、利息減免に持ち込むのが普通です。法律に基づいた債務整理である個人再生より債務整理の効果は低くなります。

個人再生のメリットとデメリット

個人再生にはメリットのみならずデメリットもあります。債権カットや住宅ローンを除けるメリットと債務が選べないデメリットです。

個人再生はメリットが強調されがちですが、デメリットには目が向けられません。デメリットとして官報に載るのみならず、時間と費用がかかる点も挙げられます。特に債務を選択できないので、返済中の車のローンや職場からの借金があると問題です。住宅ローンを除くことができるのは一種の特例に過ぎません。もちろん保証人がいる借金も対象になるので、保証人に迷惑がかかります。

メリット1.最大9割の債務をカットできる

個人再生は対象債務の金額によってカットできる債務の額や割合が決まっています。

カットできる金額の最大割合は3千万~5千万までの9割です。つまり借金の1割だけ返済すれば完済扱いになります。また、もっと少額の場合でも最大8割はカットされ、2割返済すればいいだけです。この高い元本カット割合は、返済しきれない借金に苦しんでいる人にとっては大きなメリットといえます。

メリット2.住宅ローンを残すことができる

個人再生は全ての債務を対象にして債務整理をします。しかし、例外規定として住宅ローンだけを残すことができます。

住宅ローンを債務整理の対象とすると競売にかけられ、住み続けることができません。しかし、債務整理の対象から外すことで住宅を維持することができます。自宅は大切な生活の拠点です。自宅を残して思い切った債務整理ができるのが個人再生のメリットと言えます。

デメリット1.債務を選択できない

しかし、個人再生はメリットだけではありません。住宅ローン以外の債務を全て債務整理の対象としなければいけません。場合によってはこれが大きなデメリットとなります。

民事再生は無担保負債だけが対象ですが、個人の場合は住宅ローンのみ除外します。そのため、所有権留保がされた自動車ローンがあると自動車を取り上げられるのです。

住宅ローンを除外できるのは個人再生のメリットです。しかし、住宅の価値がローンを上回っているとデメリットになりかねません。なぜなら、住宅を売ればその差額は返済資金になるからです。そのため、返済額に上乗せされてしまいます。

また、職場で借金をしている場合も面倒です。職場で借りた借金も個人再生の対象になりますから職場に迷惑がかかります。場合によっては職場に居づらくなることもあり得るでしょう。

保証人がいる借金があると更に厄介です。個人再生は保証人がいる債務も債務整理の対象になります。債権者である貸金業者は保証人に取り立てをするため迷惑がかかるはずです。場合によっては保証人まで債務整理に追い込まれます。

個人再生の最大のデメリットは債務を選択できないという点ではないでしょうか。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理は個人再生と違い、法律に基づく債務整理ではありません。そのため、個人再生のメリットとデメリットがひっくり返るような感じになります。

個人再生では債務を選択できませんでしたが、任意整理は文字どおり「任意」なので、都合が悪い債務は外せます。保証人がいる借金、職場の借金、担保が付いている債務は全て避ければいいのです。

ただ、個人再生は8割から9割の債務をカットできますが、任意整理は元本返済が必要です。言い方を変えると、債務が大きすぎると任意整理を選択できません。両者の違いによるメリットとデメリットは知っておくことが必要でしょう。

メリット1.家族に内緒にしやすい

任意整理は個人再生と違い、官報などに載りません。また、スピーディーに終わるので目立たないことも事実です。そのため、同居の家族に内緒でコッソリと任意整理をしている人も少なくありません。もちろん職場などにもバレることはまずないと言っていいでしょう。

同居の家族には借金を内緒にしたいはずですが、債務整理であればなおさらです。コッソリと債務整理ができる点は、任意整理の大きなメリットでしょう。

メリット2.債務を選択できる

任意整理は弁護士と貸金業者が直接交渉します。言い方を変えれば、債務整理したい相手とだけ交渉すればいいのです。つまり、任意整理は対象債務を選べます。

債務整理の対象にしたくない借金はいくらでもあります。保証人がいる借金に限らず、職場の借金も債務整理の対象にしたくないでしょう。ディーラーで借りた自動車ローンは所有権留保がされているので同様です。任意整理なら都合の悪い債務を除外して債務整理をすることができます。

デメリット1.元本は返済しなければいけない

個人再生の最大のメリットは元本カットです。しかし、任意整理では元本カットにまで踏み込んだ交渉はできません。元本返済を条件にした利息減免が最大限の交渉結果です。法律に基づく強制力がないので効果は限定的になってしまいます。

しかも、任意整理の元本返済期間は3年から5年です。この間に元本返済ができなければ任意整理を選択することはできません。元本返済が要求される点は任意整理のデメリットと言えるでしょう。

個人再生と任意整理はどちらがいいの?

個人再生と任意整理は交渉による債務整理という点で共通点があります。しかし、交渉内容は同じではありません。着地点が違うからです。このような違いを踏まえて個人再生と任意整理を選択することになるでしょう。

しかし、個人再生と任意整理の違いは、素人が判断できないことも事実でしょう。メリットはわかりやすいのですが、隠れたデメリットまで把握できないからです。

見通しを立てることは大切ですが、最終判断は弁護士に依頼することは欠かせません。

任意整理なら家族に内緒で債務整理ができる

任意整理は家族などに内緒で債務整理ができる点が大きなメリットです。個人再生と違い、スピーディーに終わるので費用を抑えることができます。毎月の返済がちょっと厳しくなったような時に選択されるでしょう。

とはいえ、債務整理をしていることは誰にも内緒にしたいものです。任意整理であれば家族に内緒でコッソリ自分の借金問題を解決できるでしょう。

個人再生なら住宅ローンを残して債務を大きく減らせる

個人再生は自宅のローンを持っている人の債務整理に向いています。債務選択ができる点は任意整理と一緒ですが、元本カットができる点はメリットです。8割から9割もの債務をカットできるので、毎月の返済がかなり楽になるでしょう。家族の協力が不可欠な個人再生ですが、住宅を維持しつつ債務を大きく減らせます。

素人判断は危険

もっとも、個人再生と任意整理の違いはこれだけではありません。また、個人再生をすると官報に掲載されますが、その結果は予想不可能です。官報のデータは自分が死んだ後も残るので、どこで明るみに出るかわかりません。

また、任意整理はコッソリできると言われますが、家族に知られることもあります。今まで借金の督促で悩んでいたのに、いきなりなくなれば不審に思われるのは当然です。

このように個人再生も任意整理も、自分だけでどちらにするか判断することはできません。どちらにするかの判断は自分だけでせず、弁護士への相談が必要です。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

個人再生(民事再生)で気になる項目を徹底解説!へ戻る

個人再生(民事再生)で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法