民事再生(個人再生)

個人再生でローンの保証人はどうなる?借金はどこへ行く?

ローンの保証人は、個人再生で借金を支払う義務が発生します。

個人再生を勝手に実施されると、保証人は突然大きな借金を背負うこととなります。一括での支払いを求められるため、場合によっては支払えない借金に対応しなければならないのです。

ここでは個人再生によって、保証人に与える影響について説明します。また、保証人が借金を支払えない状況の対処法、ローンの支払いができない場合に失うものについても紹介します。保証人となった方は、この記事を読んでおくといいでしょう。

目次

保証人は個人再生によってローンを払うことになる

保証人となった人は、債務者が個人再生をした場合、借金を返済しなければなりません。つまり、契約していたローンの一部を返済しなければならないのです。

個人再生によって、債務者は借金を減らせるメリットを得られます。しかし、減らされた借金は、保証人が代わりに支払うように求められてしまいます。保証人は、個人再生によって減額された金額と同額を、ほぼ一括で債権者に支払わなければなりません。

保証人になったことで、突然借金を支払うように求められる場面もあります。しかし、保証人が借金を返済しないという方針は認められないため、どのような問題があったとしても、借金は返済しなければなりません。保証人となったことで、余計な借金を背負う可能性もあるため、注意が必要です。

なお、連帯保証人のローンで個人再生が行われた場合、保証人は絶対に借金を支払うこととなります。また、拒否や異議申し立てができないため、連帯保証人の場合は、かなり厳しい対応を迫られることとなります。

保証人が支払うのは個人再生によって減額された金額

保証人は、ローンの支払いを代わりにすることとなりますが、返済するのは減額された金額までとなります。ローンの全額を負担するのではなく、個人再生によって減額され、債務者が支払わなくてもいい金額を負担します。

債務者は、個人再生によって、一定の金額まで借金を減らしています。この減らされた借金は、保証人がついているローンだった場合、保証人が残りを支払います。債務者は借金が減って嬉しい反面、保証人は突然の負担を強いられることとなり、場合によっては支払えないほどの借金を背負う場合もあります。

減額された金額によっては、かなり多くの借金をいきなり背負うこととなりますので、保証人は借金の動向を見ておかなければなりません。借金を支払えない状況は避けなければなりません。保証人は、常に借金についての情報を知り、突然の負担に備えなければならないのです。

支払いは一括が基本だが分割を認める場合も

保証人が借金を支払うように求められた場合、支払いは一括で行います。ローンの場合、契約している金額がかなり多くなってしまうため、場合によっては支払額がかなり多くなる恐れもあります。

ただ、業者によっては、債務者に適用していた条件で分割を認める場合があります。本来借りている人が、月々に支払っていた金額と同額を支払い続ければ、ローンの分割に応じてくれるのです。この方法を利用できれば、ローンの負担は劇的に軽くなるでしょう。

ただ、分割を認めてくれる業者は、決して多いわけではありません。中には分割には絶対に応じない方針を取っている業者もいますので、分割払いができない場合もあります。分割ができない場合は、一括で支払える債務なのか、金額を把握する必要があるでしょう。

個人再生で保証人がローンを支払う理由

個人再生で保証人がローンを支払うのは、連帯して責任を負うというルールがあるためです。連帯保証人などは、契約によって支払えない借金を負担するように求められています。このルールにより、保証人となった人は、個人再生の借金を支払う必要があります。

また、債権者側の利益を失う個人再生は、債権者側が絶対的に不利な状況で利用しています。保証人は、利益の喪失を回避するために、ローンの支払いに応じなければなりません。これも契約のルールとして適用されているものです。

ローンの支払いは、保証人が実施する場合もあります。個人再生に踏み切るほど、債務者が苦労しているときは、連帯して借金の返済に応じなければなりません。

保証人は連帯して責任を負う必要があるため

保証人となった人は、連帯して責任を取らなければなりません。ローンの契約時には、保証人が責任を取るルールが定められており、契約書にも掲載されています。つまり、保証人となった人は、何らかの理由で借金を返済できない場合、責任を取らなければなりません。

個人再生というのは、借金を返済できない時に利用する行動であり、連帯して責任を負う条件に該当しています。つまり、契約書のルールにより、保証人は借金の支払いに応じなければなりません。ただ、債務者も返済するように求められていますので、ここで負担するのは減額された借金だけとなります。

契約書の内容をしっかり確認しておけば、保証人に対してどのようなルールが適用されるのかがわかります。正しく情報を確認するように心がけておくほか、本当に保証人となるべきなのか慎重に考えておきましょう。

債権者の利益喪失を回避するため

債権者側、つまり貸している側は、個人再生によって大きな利益を失ってしまいます。利息を得られなくなる他、本来返済されるはずの借金も返してもらえなくなり、大きな損失につながる場合も多いのです。

保証人は、こうした債権者の利益を喪失させないように作られている部分もあります。債権者側は、ローンの支払いに応じられない人、ローンの支払いができない状況に対して、保証人を通じてこれまでと同じような利益を得られるようにしています。

個人再生により、債権者側の利益は大きく失われていますが、こうした失われた利益は保証人が代理で負担しなければなりません。利益を得られなくならないよう、保証人はしっかりと対応しなければならないのです。

保証人が必要なローンは少ないから個人再生の影響は小さい?

保証人が必要なローンは、決して多いわけではありません。保証人や担保を不要としているカードローンやキャッシングの場合、保証人は不在となりますので、個人再生の影響は小さくなります。

しかし、保証人が必要な住宅ローンの場合、個人再生の影響はかなり大きくなってしまいます。保証人を絶対に用意しなければ契約できない住宅ローンも数多くあるため、保証人が不要とされるローン以上に影響が大きくなってしまいます。

保証人が必要とされるローンは何か、しっかりと確認を取るようにしましょう。同時に、保証人となった場合のメリットとデメリットをしっかり把握し、本当に保証人になるべきか、債務者の状況などを踏まえて決断してください。

住宅ローンは保証人が必要な場合も多い

住宅ローンは、保証人を用意しないと契約できない傾向があります。住宅ローンの場合、融資額が増えるため、返済されなかった場合の対応が債権者側に必要となります。そこで取り入れられているのが保証人です。

他のカードローンやキャッシングでは、保証会社と契約し、保証してもらうという方法を採用しています。保証会社が返済できない場合に対処できるため、住宅ローンと違って保証人が不要とされているのです。

しかし、住宅ローンは保証会社と契約していないため、保証人を立てなければなりません。保証人を準備できない場合は、ローンの契約自体ができない点に注意しておきましょう。

保証人となったローンはしっかりと覚えておこう

保証人として契約したローンですが、覚えておかないと対処ができない恐れもあります。また、かなり前に契約しているローンの場合、保証人なのか忘れてしまい、突然の支払いがなぜ起きるのか判断できなくなります。

ローンについては、しっかりと情報を把握しておくこと、そして契約しているローンを覚えておくように心がけましょう。特に保証人の場合は、突然の支払いも十分にあり得ますので、名前を記載したローンが何か覚えておいたほうが安心できます。

住宅ローンの個人再生は保証人も注意すべきポイントが多い

住宅ローンを個人再生で減額する場合、保証人となる人はかなり大きな負担を強いられます。保証人は、ただ名前を記載しておけばいいだけではなく、ローンの支払いに応じるよう求められた後も含め、対処法を知らなければなりません。

住宅ローンを代わりに支払う以外にも、保証人となった人が個人再生などの手続きをする際に影響が及ぶ点も注意してください。実は保証人が支払えないという状況では、債務者が一括での返済を求められるなど、意外なところで影響が及んでしまうのです。

ここからは住宅ローンの個人再生で、保証人が与える影響、受ける影響を説明します。

債務者の住宅ローンが残っていた場合は保証人が支払う

債務者が抱えていた住宅ローンは、個人再生によって保証人が支払うこととなります。ただ、債務者も一部の住宅ローンは返済しなければなりませんので、全額の負担はありません。

全額を払わないと言っても、住宅ローンの残高はかなり残されているケースが多く、保証人は大金を一括で支払うよう求められる場合があります。保証人となった人は、残された金額によっては、支払えないほどの借金を背負うこととなります。

もし、保証人となった住宅ローンの支払いができない場合は、ローンの支払いを要求された時、自分も個人再生等の手続きを進めましょう。減額して支払うように求めれば、借金の返済が大きく減る場合もあります。

住宅ローンの保証人が個人再生をする場合は債務者にも影響あり

住宅ローンの保証人が個人再生等の手続きをした場合、実は債務者側にも影響がおよんでしまいます。

該当する保証人は、すでに個人再生の手続きにより、返済ができないものと判断されています。返済できないような保証人を認めるわけにはいかないため、債務者は保証人を新しく立てなければなりません。

また、保証人が立てられない場合は、一括での返済を求められる場合もあります。住宅ローンを一括で返済するのはかなり厳しいため、債務者の負担は計り知れないものとなります。保証人が個人再生に踏み切るのは、かなり大きな問題となるのです。

競売手続き前に個人再生を申し立てないと手遅れに

住宅ローンを支払えない場合、競売の手続きを取る業者もあります。競売に賭けられてしまうと、その時点で家を回収できなくなります。

競売の手続きが進められた時点で、個人再生の手続きから住宅ローンが外されてしまいます。住宅を守ると判断しているのであれば、個人再生の手続きは競売の前に実施しなければなりません。

手続きのタイミングですが、保証人も同じように競売前に実施しなければなりません。保証人となった人が、借金を支払えないと判断される場合は、競売の前に個人再生の手続きに入りましょう。

ローンの保証人となる人も個人再生の手続きには気を付けよう

ローンの保証人となる人は、本当に個人再生を実施すべきかどうか考えてください。保証人が個人再生の手続きに踏み切ると、その時点で保証人としての資格を失ってしまいます。つまり、債務者の負担が急激に増えるのです。

債務者は、すぐに保証人を手配しなければ、保証人がいないという判断から、ローンの支払いに応じる必要があります。特に大きなローンの支払いが発生する場合は、保証人を新しく作らなければ、とんでもない問題へと発展します。

保証人が個人再生をするのは、大きな問題となるケースが多々あります。本当に実施してもいいのか、債務者との間で話し合う必要もあるでしょう。

保証人が個人再生をすると影響は大きい

保証人として名前が掲載されている人は、個人再生などの借金整理をした場合、保証人として認められなくなります。この場合は、保証人から名前が消えることとなり、それ以外の保証人が問題に対処する形を取ります。

しかし、保証人が1人しかいないローンの場合、保証人が不在の状態となります。保証人がいなくなったローンは、そのまま契約するわけにはいかないため、一括での返済を求められる場合も多いのです。

債務者が保証人を探す手間がかなりかかりますし、勝手に保証人から名前が消えてしまえば、信用も失ってしまいます。今後の問題を増やす可能性があるため、保証人となる人は個人再生前に相談する必要があります。

個人再生は保証人が必要なローンほど影響が高まる

個人再生は、保証人が必要なローンほど影響が残りやすく、保証人のいないローンほど影響は小さくなります。保証人が必要とされるローンは、個人再生で多大な影響を及ぼすものと判断しておきましょう。

また、保証人が個人再生を実施すると、債務者にも迷惑をかけてしまう点に気を付けてください。迷惑をかけてしまうと、私生活の関係も悪くなってしまいます。個人再生の前に、しっかり話し合うように心がけてください。

どうしても個人再生が必要となった場合、保証人であるローンなどについて、1度弁護士に相談するのもいい方法です。弁護士からいい回答を聞き出し、その上で個人再生の手続き等を進めましょう。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

個人再生(民事再生)で気になる項目を徹底解説!へ戻る

個人再生(民事再生)で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法