民事再生(個人再生)

個人再生は家族にバレる?バレない対策はあるの?

個人再生の手続きは、基本的に借金を減額する本人が主体となって進めます。

しかし、個人再生の手続きでは、家族の情報を聞いておかないと手続きができない内容もあります。また、自宅に届いた書類などが理由となり、個人再生の手続きが家族に知られる可能性はあります。

ここでは個人再生の手続きが家族に知られる可能性について説明するほか、家族に知られないための手続き方法についても紹介します。家族に気づかれないように手続きをする方法で、安心して個人再生を完了させましょう。

目次

個人再生は基本的に本人との間で進めるため気づかれにくい

個人再生の手続きですが、基本的に本人との間で進めていくため、家族に気づかれにくい傾向があります。

個人再生の手続きを自主的に説明している場合を除けば、余程のことがない限り、知られる可能性というのは低くなっています。ただ、例外的に知られる事例もあります。例外として知られる内容については、しっかりと確認しておかなければなりません。

本人と弁護士の間で協議する内容、もしくは本人とお金を借りている側と協議している内容は、個人再生を実施する本人だけが知っておけば問題はありません。大半の場合は、本人が話をしない限り、家族に情報を知られる可能性は高くないのです。

個人再生は別居の家族には知られにくい

別居している家族の場合、個人再生の情報が知られる可能性はほぼありません。その理由は、書類などの送付が家族の住居ではないため、書類が原因で気づかれるような問題が起こりづらくなっているためです。

個人再生は、書類を送られてくる場合もあります。家族がこの書類に気づいてしまった場合、問いただされて個人再生に気づかれる場合があります。しかし、別居している場合は、家族が知らないところで書類が送付されるため、気づかれる可能性というのはほぼありません。

別居している家族との間であれば、個人再生の手続きを進めたとしても、気づかれる可能性はかなり低いと判断しておきましょう。ただ、自分から話す場合は別の話ですので、知られないように個人再生を進めたいのであれば、他の人に話すのは避けましょう。

個人再生中に家族に情報が知られる事例

基本的に、家族に個人再生の情報は知られないのですが、何らかの理由により気づかれてしまう場合もあります。どうしても知られたくない場合は、これから紹介する事例を避けるように心がけてください。

収入に対する書類を求めた場面で気づかれる

1つ目の事例は、収入に関連する書類を求めた結果、気づかれてしまうという事例です。

個人再生の場合、世帯収入を把握しなければなりません。個人再生をする個人の収入がわかっていたとしても、他の家族が収入を持っている場合は、世帯収入を個人再生の段階で報告しなければなりません。この報告ができていない場合は、正しい情報を出していないと判断され、個人再生が認められないのです。

世帯収入を知るために、給与明細を求めた場合、もしくは収入がどれくらいなのかを聞き出した結果、家族に知られるケースがあります。理由もなく収入を聞き出されるケースはないため、明らかに怪しいと感じられてしまい、どの理由で聞いているのか問いただされてしまうのです。その結果、家族に個人再生について説明をする場面もあるでしょう。

収入に関連する書類を必要とする場合は、家族が知らないところで情報を把握する、もしくは別居などによって手続きをするなどの対策を考えましょう。

財産関連の確認で気づかれる

2つ目の事例は、財産の確認をした結果、家族に気づかれるというものです。

本来であれば、財産に関連する内容を聞く必要はないため、聞かれた家族は不振に感じてしまうでしょう。しかし、個人再生を希望している人は、申立人の財産状況を提示しなければ、個人再生が進められません。その財産を確認しようとした結果、家族に知られてしまう事例は多々あります。

この事例は、財産の情報を先に理解しておく必要があります。預貯金以外にも、保有している不動産も財産として扱われますので、事前に自分が持っている財産については調べておくといいでしょう。

自宅に書類が届いて気づかれる

この場面は、一番多い事例となります。

家に個人再生関連の書類が届いた結果、家族にその書類を見られてしまい、個人再生の手続きがばれてしまうというものです。書類を隠せば問題ないように思われますが、書類は手渡しで行う方法が採用されており、家族がいない状況でポストに入れてくれるわけではありません。

様々な書類が送付される個人再生は、どうしても手続き中に書類に気づかれてしまい、手続きがばれてしまう場合もあります。できる限り書類を自分で受け取るように心がけるほか、郵便であれば窓口で受け取る方法を採用するなどして、なるべく家族が受け取らないようにする方法が必要となります。

なお、家族名義で書類が送られてくる事例はありません。個人再生の書類は、すべて申し立てた人の名義で送付されます。

ブラックリストに登録されて気づかれる

ブラックリストに登録された場合、気づかれるケースがあります。

個人再生後は、信用情報に金融事故として情報が掲載され、クレジットカードやローンが組めなくなります。家族に知られないように手続きを進めたものの、ローンやクレジットカードがなぜか利用できないと不審に思った家族が、借金を整理したことに気づく場合があります。

ただ、数年ほど我慢していれば気づかれる可能性はありません。ブラックリストに登録されるのは、最大でも5年程度です。この期間を我慢しておけば、家族に個人再生が気づかれる可能性はなくなります。それまで我慢できるかが重要ですが、何らかの借入が必要となった時点で、気づかれるリスクは高くなるのです。

官報で気づかれる場合もある

官報は、誰でも自由に閲覧できるもので、個人再生などの手続きも掲載されています。この官報を閲覧している家族がいた場合、情報を見つけられてしまい、個人再生に気づかれる場合もあります。

また、家族以外にも、知り合いなどが官報を見ている可能性があります。知り合いが官報に掲載されていたという情報を伝えた結果、個人再生に気づかれるケースもあります。

ただ、官報は見ている人がそもそも少ないため、あまり気にしなくてもいい事例です。余程専門的な仕事をしていない限り、ほぼ官報は閲覧されないものと判断していいでしょう。

個人再生で直接家族に連絡が入る事例はない

個人再生の手続き中、何らかの問題が発生した場合は、家族ではなく本人に対して連絡が入ります。本人以外に連絡が入るという事例はありませんので、家族に電話で気づかれてしまうという事例はありません。

本人に対して、おかしな点や気になる部分があれば、必ず連絡が入ります。これは、家族に関しての情報だったとしても、本人に連絡を入れるようにしています。つまり、家族に電話が理由で個人再生が気づかれてしまう問題は起こらないのです。

個人再生は電話で気づかれるという噂は嘘であり、基本的には自分が電話に出ていれば、気づかれることなく手続きが完了させられるのです。

家族に知られないように個人再生をする方法

家族に気づかれる事例をいくつか紹介しましたが、家族に知られないように手続きをする場合は、これから紹介する方法をいくつか取り入れるようにしましょう。気づかれないように、自分でいろいろな行動を取ることが重要となります。

通帳で情報を把握する

給与明細を借りる場合、家族に何らかの理由を付けてお願いすることとなります。しかし、変な理由では貸してくれないケースも多いですし、個人再生に気づかれるリスクもあります。

そこで、家族の通帳を確認し、給与の情報などを把握しておくのです。貯金通帳には、振り込まれている給与が記載されていますので、この数字を計算して収入という扱いにしておけばいいのです。

ただ、通帳を個人で確認できない場合もあります。その場合は、何らかの理由を告げて貸してもらうなどの対策が必要です。その際は、ローンを組むなどの説明をしておけば、気づかれない場合もあります。

書類を自分で受け取るようにする

送られてくる書類を家族が受け取れないように、自分が受け取るための対策を立てましょう。特に重要となるのは書留などで送られる郵便です。

この郵便ですが、事前に郵便局留めを依頼しておくと、郵便局で受け取れるようになります。あとは窓口で受け取れば、家族に知られることなく書類を受け取れるでしょう。なお、局留めを希望する場合は、事前にその旨を伝えなければなりません。

また、事前に弁護士などと協議して、書類を郵便ではなく、事務所へ行って受け取る方法なども検討してください。ただ、この方法は近くの弁護士事務所を利用しない限り厳しい方法です。自分ができる方法なのか、しっかりと検討してから実行に移しましょう。

個人再生で家族が不利益を受けることはない

個人再生の手続きが完了しても、家族に不利益が生じることはありません。また、家族の財産などが失われ、生活困難となる問題もありません。個人再生というのは、借金を減らす人だけに様々な制限が適用されるだけで、家族には何も影響がないのです。

実際に個人再生を実施した人は、信用情報に手続きの情報が記載され、クレジットカードやローンが組めなくなります。また、再生計画に沿って返済を続ける必要があるため、毎月の返済は引き続き実行することとなります。

しかし、家族には何も負担がありません。本人以外には負担をさせないのが個人再生なのです。家族まで返済に協力させられる、家族もローンやクレジットカードが使えないという問題はないため、生活の質はこれまでとあまり変わらないでしょう。

ただ、クレジットカードやローンを組めないことで、こっそりと個人再生をしている人は気づかれるリスクがあります。また、ローンなどは家族名義で契約しなければならないため、ローンを組む際の負担は大きくなる点に注意してください。

個人再生は家族に知らないまま手続きができる方法

個人再生を実施する場合、家族に知られてしまうというリスクを気にする方もいますが、基本的に家族に知られることなく完了させられます。家族に説明するという方法もありますが、どうしても知られたくないと思っているなら、気づかれないように手続きを済ませてもいいでしょう。

ただ、家族の情報が必要となる場合が多いため、先に家族から情報を聞き出しておく、もしくは自分で収入などを確認しておきましょう。収入を確認できず、家族に対して聞き出すタイミングで、個人再生に気づかれる可能性は十分にあります。

どうしても家族に知られたくないと考えているなら、手続きの方法を弁護士と相談するのもいい方法でしょう。弁護士に協力を依頼すれば、気づかれない方法を色々と示してくれるでしょう。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

個人再生(民事再生)で気になる項目を徹底解説!へ戻る

個人再生(民事再生)で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法