債務整理

債務整理は家族に内緒でできる?

債務整理は他人に知られたくないものです。それは家族に対しても一緒でしょう。債務整理の中には任意整理のように家族に内緒で実行できるものもあります。ただ、個人再生や自己破産は内緒にすることが難しいでしょう。もっとも任意整理でも家族に内緒にするのであればいくつか注意点があります。このような注意点は自分だけではわからないことが多いです。弁護士に相談して任せることで、自分にとってベストの方法を選択できます。

家族に内緒で債務整理ができるか?

債務整理は自分だけで内緒に終わらせたいものです。
借金をすることも家族に内緒にしたい人が多いでしょう。大手消費者金融では、家族に内緒で借金ができる条件が揃っています。
債務整理であれば、なおさら家族に内緒にしたいという人が少なくありません。債務整理にはいろいろな方法があり、家族に内緒としやすい方法もあります。逆に家族に内緒とすることが難しい方法もあるのです。家族に内緒にしたいというのであれば任意整理がベストでしょう。しかし、債務と収入のバランスから任意整理ができないこともあります。
どの方法にするかは、経験のある弁護士に相談するのが一番です。弁護士の守秘義務は徹底しているので、弁護士から家族にバレることはありません。

任意整理は家族に内緒でもできます

債務整理の中で、家族に内緒にできる方法として任意整理が挙げられます。
法律に基づく債務整理ではないので、官報などに載ることはありません。また、債務整理に要する期間も比較的短いです。弁護士からの連絡をメールだけと指定すれば、更に家族に内緒にしやすくなります。
貸金業者への返済が厳しくなり、返済が滞ると督促が始まります。自宅に貸金業者が訪問することもあり得るので早めの対応がお勧めです。任意整理を始めれば督促も止まるので貸金業者との契約があることすら内緒にできます。
早めに決断すれば、家族に内緒で任意整理ができます。

個人再生や自己破産はちょっときついかも

債務整理の中でも個人再生や自己破産は家族に内緒で実行することは難しいかもしれません。
個人再生も自己破産も官報に名前が載ります。官報に名前が載ると、それを見たヤミ金などが訪れ、不気味なDMも大量に届くからです。また、債務整理にかかる期間も長いので、家族に内緒にしにくい点もあります。
なお、個人再生は住宅ローンを持っている人が選択する債務整理です。そのため、家族に内緒で手続を進めることは無理があります。また、任意整理に比べると必要とされる書類が多く、家族の協力が必要かもしれません。
このような理由があり、個人再生や自己破産は家族に内緒で実行するのは難しいです。

弁護士の守秘義務は徹底している

債務整理の方法はいろいろとありますが、弁護士の守秘義務は徹底しています。
弁護士は法律で守秘義務が課されており、他人に受任内容を漏らすことはありません。そのため、弁護士に任せれば家族に債務整理が知られる可能性がかなり低くなります。債務整理を多く手掛けている弁護士なら、家族に内緒にするコツも知っているでしょう。
弁護士の守秘義務は徹底しているので、家族に内緒にすることが可能になります。

コッソリ債務整理をしたいなら任意整理がお勧め

弁護士に債務整理を任せれば、家族に内緒でコッソリできる可能性が高くなります。しかし、一番家族に内緒にできる債務整理は任意整理です。
法律に基づく債務整理ではないので、弁護士にすべて任せきることができます。自分の出番はなく、弁護士以外の人から連絡はありません。また、任意整理が始まると貸金業者からの督促が止まるので家族に勘づかれません。任意整理の手続は弁護士と貸金業者の交渉だけです。短期間で決着が付く点も、家族に内緒にできる大きな理由でしょう。
このように、コッソリと家族に内緒で債務整理をしたいなら任意整理がお勧めです。

外部には一切公表されません

任意整理は、個人再生や自己破産と違い、外部に公表される項目が全くありません。
あえて言えば、信用情報機関にブラックリストとして登録されることが挙げられます。しかし、信用情報機関のデータは自分と機関に加盟している業者しか照会できません。また、機関加盟業者も目的外の閲覧は禁止されています。官報のように公表されているデータではないのです。
そのため、任意整理をしている事実が外部に公表されることはありません。そのため、家族に内緒で実行しやすいのです。

弁護士に依頼すれば自分は待つだけ

任意整理は弁護士が貸金業者と交渉することで実行される債務整理です。
そのため、弁護士に一度依頼すれば、基本的に自分は待つだけになります。貸金業者の人と自分が対面したり、裁判所に行ったりする手間もありません。つまり、任意整理をしても日常生活に影響が及ぶことはないのです。普段通りの生活を続けているうちに任意整理の交渉が終わります。家族に何かおかしいと勘繰られる要素が全くないのです。
弁護士に任意整理を依頼すれば、自分は待つだけです。この手軽さも家族に内緒で任意整理ができる理由の一つでしょう。

短期間で終わる

任意整理は比較的短期間に終わることができる任意整理です。
任意整理の交渉が終わると、自分と貸金業者の間で「和解文書」を作成します。案件によって差はありますが、任意整理が始まってから3か月程度で決着します。決着すれば和解文書を作成して終了です。短期間に債務整理の決着が付けば家族に内緒にしやすいことは言うまでありません。自分も気が楽なので表情から怪しまれることもないのです。
任意整理が短期間に終わることも家族に内緒で任意整理ができる理由の一つでしょう。

個人再生と自己破産は家族に内緒は難しい

債務整理の中でも個人再生と自己破産は家族に内緒は難しいと言われます。
個人再生も自己破産も裁判所を通す法律的な手続を必要とする債務整理です。そのため、必要書類が多くなります。その中には自分だけではなく、家族の協力がないと準備できないものもあるのです。このような書類の準備のため、家族に債務整理の説明をすることがあります。官報に載ったり、必要な期間が長引いたりして内緒にできないこともあるのです。
個人再生と自己破産は家族に内緒で終わることは難しいと考えた方がいいでしょう。ただ、一人暮らしなら、個人再生や自己破産も別居の家族に内緒にしやすいでしょう。

必要書類が案外多い

個人再生も自己破産も任意整理では要求されない書類が必要になります。
その一つとして家計収支表が挙げられます。この家計収支表はエクセルなどで表を作るだけでなく証拠書類が必要です。必要とされる期間は2カ月ですが、2か月間のスーパーのレシートなどを集めます。これを家族に内緒でコッソリするのはかなり難しいのではないでしょうか。また、家族の収入状況も問われるので、家族の給与明細なども提出を求められます。
必要書類が案外多いため、家族に内緒にすることが難しいのです。

官報に載る影響はこんなところに・・・

個人再生も民事再生も、官報に自分の住所氏名が掲載されます。
官報を見る人はほとんどいないので、その点は心配することはないでしょう。しかし、信じられない人が官報を見ているのです。
実は、ヤミ金や詐欺師は官報の個人再生や自己破産者をチェックしています。なぜなら潜在的な「カモ」だからです。個人再生も自己破産もお金がない人がします。特に今後はブラックリストとして登録されるので、お金を借りることはできません。ヤミ金業者にとっては絶好の「お客さん」でしょう。
官報に掲載されると、当日にこのような「怪しい人」が自宅に来ることがあります。そして、ダイレクトメールも大量に送られてくるのです。家族が怪しいと思うのは当然でしょう。
こんなことも、個人再生や自己破産を家族に内緒にしにくい理由の一つです。

預金などがあると没収される

自己破産では現金や預金の残額があると債権者に分配されます。また、換金性が高い資産があっても同じです。もっとも、生活に必要な資産であれば手元に残すことができます。
個人再生の場合でも、資産があれば返済原資にしろと債権者が主張するのは当然です。個人再生も自己破産も自分の収入や資産を明らかにする必要があります。預金などが残っているとそのままにすることができず、結局内緒にできないのです。

任意整理で気を付ける点

任意整理は家族に内緒で実行しやすい債務整理です。
しかし、必ず家族に内緒にできるという保証はありません。場合によっては家族に内緒にできないこともあります。例えば、任意整理の交渉中は家族に内緒にできるでしょう。しかし、任意整理は3年から5年で元本を返済することで決着することが多いです。お父さんが自分の小遣いの中で返済するというのは現実的ではないかもしれません。また、家族が保証人の借金を任意整理すると、その家族が返済義務を負います。これでは内緒にできるはずがないでしょう。
このように任意整理を家族に内緒でしたいならいくつか注意点があります。

保証人がいる債務は簡単に任意整理できない

任意整理は債務整理のひとつです。貸金業者としては損失が出ることは間違いありません。
現在の貸金業者は無担保貸付が主流です。しかし、たまに保証人を要求することがあります。契約者の信用力に不安があるため他の人を連帯保証人とするのです。この場合、貸金業者は損失を自分で負担する必要がありません。回収できない部分の金額は連帯保証人に要求します。つまり、任意整理をしたばかりに連帯保証人に迷惑をかけてしまうのです。
任意整理を家族に内緒でしたいなら、保証人がいる債務は簡単に任意整理できません。

任意整理をする債務は慎重に選ぼう

任意整理は債務を選択できる債務整理です。
そのため、家族に内緒にしやすい債務を任意整理することも可能です。例えば、職場の福利厚生制度で借りている借金を任意整理すると大変でしょう。それなりのトラブルになるでしょうから、家族に内緒にできなくなるかもしれません。また、家族などの親族が連帯保証人になっている債務も任意整理は難しいです。家族以外の親族が連帯保証人であっても必ず自分の家族に連絡が来るでしょう。
任意整理をする債務を選ぶ際は、任意整理後にどうなるかを考えることが大切です。

返済資金をどうするか考えよう

任意整理は基本的に元本返済が必要になります。元本の全額返済を条件に利息を免除する和解をすることが多いからです。
しかし、お父さんの無駄遣いでカードローンの返済ができなくなった時は面倒です。家族に内緒で任意整理をすると返済資金はお父さんの小遣いだけになります。貸金業者がそんなスローペースの返済を認めるかどうかは疑問です。実家住まいの独身会社員ならこんな心配は無用でしょう。しかし、お小遣いよりもっと大きな収入がある人は返済資金の説明に苦慮するはずです。
任意整理を依頼する際には、返済資金をどうするかも考える必要があります。

弁護士に相談しよう

債務整理にはいくつかの種類があり、債務者の事情もマチマチです。
そのため、自分だけで債務整理を実行することは現実的ではありません。特に任意整理のように交渉が必要な債務整理は弁護士でなければできません。中には、自分は法学部卒だからとおっしゃる方もいらっしゃるようです。しかし、書式などを自分で作って任意整理をしても、まずうまくいきません。また、個人再生や自己破産は法律的な手続になるので弁護士がいないと無理でしょう。
債務整理をしようと決めたら、まず弁護士に相談することが絶対に必要です。

任意整理ができない場合もある

債務整理をしようとする人の多くは「任意整理にしよう」と考えているようです。
しかし、任意整理は元本返済を前提にして和解を結びます。しかも、事実上返済期間は3年から5年と決められているのです。
そのため、債務の金額と自分の返済能力を比較する必要があります。そして、3年から5年の間に元本返済ができなければ任意整理はできません。
また、5年なら大丈夫と考えても貸金業者が了解するかどうかは別問題でしょう。なぜなら、ほとんどの任意整理は3年で決着が付くような和解をしているためです。
また、任意整理後に返済がスタートしますが、返済が滞るとすぐに差押がされます。裁判を通さずに差押ができると決められているからです。返済計画を甘く考えると大変なことになりかねません。
自分だけで任意整理ができると考えても、実際には難しいことが少なくありません。

個人再生や自己破産はリスクがある

また、個人再生や自己破産には官報に載るリスクがあります。
官報など見る人はいないと思われがちですし、確かにほぼ間違いありません。ヤミ金や詐欺師が来ても、一人暮らしなら適当にあしらえばいいでしょう。しかし、最近の官報はデジタル官報で、有料会員なら昔の官報もPDFで検索できます。貸金業者に限らず、興信所などが会員になっていてもおかしくないでしょう。
若い人は、過去の個人再生や自己破産が人生の瑕となりかねないリスクがあります。

総合判断ができるのはプロの弁護士だけ

債務整理にはいろいろなパターンがあります。債務整理の設定は画一的ではなくオーダーメイドと考えていいかもしれません。
依頼者にマッチしたベストの債務整理プランを作ることができるのは弁護士だけです。家族に内緒という個別の事情だけでなく、大局的な総合判断が必要になります。
そのような判断ができるのは債務整理を得意とするプロの弁護士だけです。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

債務整理で気になる項目を徹底解説!へ戻る

債務整理で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法