債務整理

保証人と連帯保証人の違いとは?

借金の話にはよく「保証人」という言葉が登場します。さらに「連帯保証人」という言葉も登場するため、2つの言葉の違いに悩まされることが少なくありません。

保証人と連帯保証人では、意味がまったく違います。保証人と連帯保証人では、課される責任の重さなどが大きく違っているのです。うっかり意味を混同してしまうと、予想外の借金トラブルに巻き込まれかねません。

保証人と連帯保証人は具体的に何が違うのでしょう。分かりやすく解説します。

目次

保証人と連帯保証人の違いとは?

世の中にはいろいろな意味の「保証人」があります。中でも特に混同しやすいのは、借金の「保証人」と「連帯保証人」です。

保証人とは、借金をした人(債務者)が返済しないときに代わって返済する人(保証する人)のことになります。保証人になると、債務者が返済しないときは、代わって返済する(保証する)ことになるのです。

保証人には「保証人」と「連帯保証人」の2つの種類があります。ひとまとめに保証人と呼ばれることも多いため、世間的によく混同されてしまうのです。保証人と連帯保証人を比較すると、全体的に連帯保証人の方が重い責任を課せられる仕組みになっています。

保証人と連帯保証人は具体的に何が違うのか、3つのポイントで見てみましょう。

保証人と連帯保証人の違い①催告の抗弁

保証人には「催告の抗弁」が認められています。

催告の抗弁とは、債務者が「返済して欲しい」と迫ってきたときに「先にお金を借りた本人に請求してください」と主張できる権利です。お金を借りた債務者本人が破産や行方不明になっていれば話は別ですが、保証人には債権者に対する抗弁が許されていることになります。

催告の抗弁は保証人には許されていますが、連帯保証人は許されません。連帯保証人の場合は「自分より先に債務者本人に請求してくれ」と主張できないのです。

保証人と連帯保証人の違い②検索の抗弁

保証人には「検索の抗弁」もあります。保証人は債権者が返済を迫ったときに、「債務者の財産に強制執行してください」という主張が可能です。お金を借りた本人に資力があれば、債務者本人から回収すべきと抗弁できます。

検索の抗弁は保証人には許されますが、連帯保証人には許されません。連帯保証人の場合は「債務者がお金を持っている。自分より債務者に強制執行してくれ」という言い逃れはできないのです。

保証人と連帯保証人の違い③返済額

保証人と連帯保証人は、返済額にも違いがあります。連帯保証人は人数に関係なく、債務全額の返済義務が発生するのが特徴です。

債務者が300万円借りたら、300万円全額の返済義務があります。債務者と分担というわけではありません。連帯保証人は保証人(いざというとき保証する)という立場です。しかし、全額の返済義務を負うことから、もう一人の債務者ともいうべき存在でもあります。連帯保証人が複数いても同じです。

保証人は、人数で返済義務を分担します。300万円借りました。保証人が3人います。300万円を人数で割ると100万円。保証人は100万円の返済義務を負うことになります。

連帯保証人が全額の返済義務を負うことと比較してみてください。保証人の方が、保証の範囲や負担という点で責任が軽くなっていると感じるのではないでしょうか。

保証人や連帯保証人についての7つの疑問

保証人と連帯保証人の違い以外にも、保証人と連帯保証人には頻出する疑問点があります。保証人や連帯保証人についてよく出てくる疑問は7つ。順番に見て行きましょう。

保証人を辞めたいときに解除する方法はあるか

保証人を解除したくても、勝手に辞めることはできません。債権者に保証人を辞めたいと申し出て承諾を受ければ辞められる可能性があります。別の保証人を立てて「自分の代わりに」とお願いし、債権者が納得してくれれば差し支えありません。

ただ、債権者はそう簡単に納得しないはずです。保証人を失うと、債務者が返済しないときの保証をひとつ失ってしまいます。債権者にとってはリスクなのです。

勘違いで保証人になってしまった場合や脅しや詐欺があってしぶしぶ承諾した場合などは、解除を主張できる可能性があります。弁護士に相談しましょう。

勝手に連帯保証人にされてしまったら解除できるか

勝手に印鑑を押されてしまった。名前を勝手に書かれて連帯保証人にされてしまった。だまされたり、脅されたりして連帯保証人になった。このようなケースの場合、連帯保証人を解除できる可能性があります。

ただし「勝手に連帯保証人にされました」と主張しても、債権者側が「分かりました。解除しましょう」と応じてくれる可能性は低いと考えられます。債権者にとっていざというときの保証になる連帯保証人を失うことは痛手だからです。トラブルを防ぐためにも、まずは弁護士に相談することをおすすめします。

賃貸物件の保証人と連帯保証人の違い

賃貸マンションや賃貸アパートを借りるときに結ぶ、賃貸契約。賃貸契約のときに「保証人を用意してください」と言われることは少なくありません。

賃貸アパートは賃貸料が発生します。賃貸物件を借りた人が賃貸料を払えなくなったときの保証のために保証人(または連帯保証人)を立てるのです。

賃貸物件の保証人と連帯保証人も、基本は同じになります。保証人は「先に賃貸物件を借りた人(債務者)へ請求してください」と言えますが、連帯保証人は言えないのです。保証人と連帯保証人の違いで考えてみてください。

奨学金の保証人と連帯保証人の違い

親族が大学に入るときによく「奨学金の保証人になって欲しい」という話が親族内で出るのではないでしょうか。奨学金の保証人も、保証人と連帯保証人の違いと基本的に同じです。奨学金の保証人には催告の抗弁権などが認められますが、奨学金の連帯保証人には認められていません。

奨学金も基本はお金を借りること(借金)です。奨学金を借金に置き換えて考えると分かりやすいのではないでしょうか。親族内で奨学金の保証人の話が出たら、保証人と連帯保証人の違いで考えてみてください。

根保証とはどのような保証なのか

根保証とは、根契約のときの保証人です。「根」という言葉は、聞き慣れない言葉かもしれません。お金の貸し借りの方法のひとつになります。

例えば、100万円を借りたとします。通常、100万円の貸し借りは1回で終了です。しかし、根の場合は違います。根の場合は、枠を用意するのです。100万円といった決まった枠を用意して、この枠の範囲内で貸し借りを繰り返すことになります。根を枠に読み換えると分かりやすいのではないでしょうか。

100万円を借りて返すと、普通の借金の保証人の場合は義務がなくなります。根保証の場合は枠が残っているため、枠内でまた借りることが可能です。根保証の保証人は、新たに発生した借り入れ分についても保証することになります。

決まった枠(根)の範囲内で、将来的に発生する債務も保証する。根契約の保証人の責任は重いものです。「根保証」という言葉が出てきたら、法律の専門家に意味やリスクの確認をとることをおすすめします。

身元保証人と連帯保証人の違い

身元保証人は「身元保証契約に関する法律」にもとづく保証人で、借金の連帯保証人とは違った保証になります。身元保証人は、使用者(社員など)が雇い主に不測の損害を与えたときに保証する人です。就職のときによく身元保証人を立てて欲しいという話になるのではないでしょうか。

主債務者が債務整理をしたら連帯保証人はどうなるのか

主債務者が債務整理の手続きをしても、連帯保証人の義務は消えません。主債務者が自己破産で免責されても、連帯保証人は残った借金を返済するのがルールです。主債務者が民事再生の手続きをしても、連帯保証人の責任は変わりません。

まとめ

保証人と連帯保証人の一番の違いは「責任の重さ」にあります。連帯保証人の方が課される責任がより重くなっているのが特徴です。

保証人と一括りにされがちですが、保証人と連帯保証人には大きな違いがあります。借金の話になったときに保証人という言葉が登場したら、どちらを指しているのか見極めることが重要です。

保証人や連帯保証人のことで疑問や困ったことがあれば、法律のプロフェッショナルである弁護士や司法書士を頼りましょう。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

債務整理で気になる項目を徹底解説!へ戻る

債務整理で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法