債務整理

債務整理が家族に与える影響ってある?

債務整理をすると家族に影響が及ぶのではないかと不安がる人がいます。確かに間違いありませんが、債務整理により自分と家族の将来が開けるのです。また、債務整理は自分にしか効果が及ばず、家族に与える影響はほとんどありません。任意整理であれば家族に内緒で実行することも可能です。ただし、家族が保証人になっている債務を債務整理すると家族に支払義務が生じます。一度、家族に与える影響も含めて弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

目次

債務整理をすると家族に影響があるか

債務整理をすると家族に影響がないかと心配かもしれません。

しかし、債務整理をしても、意外と家族には影響しないものです。なぜなら、債務整理をするのは自分であり、家族は関係ないからです。弁護士には守秘義務があるので家族に自分の債務整理がバレることはありません。

ただ、家族を保証人にしている借金を債務整理すると、その家族が弁済義務を負います。この点は注意が必要でしょう。また、信用情報機関にブラックリストとして登録されますが、その影響は軽微です。特に任意整理は家族にバレず実行可能です。債務整理で家族に影響が及ぶ心配は意外とありません。

債務整理の影響は自分にしか及ばない

債務整理は自分の借金を整理することです。そのため自分以外の人が自分の借金を債務整理することはできません。

つまり、自分の借金を債務整理しても家族に影響が及ぶことは原則としてないです。債務整理をすると家族に迷惑がかかると心配する人もいらっしゃるでしょう。しかし、実際にそのような心配をする必要はほとんどありません。

家族が保証人になっていると家族に返済義務が移る

債務整理をしても原則として家族に影響は及ばないのですが例外もあります。
家族が自分の借金に対して保証人となっている場合です。この場合、自分が債務整理をすると貸金業者は家族に対して返済を求めます。自分の返済義務が減額されたり、免除されたりしてもこれでは意味がありません。これは家族が保証人になっている場合に限らず、知人などであっても同じです。
家族や知人が保証人になっている借金を債務整理すると返済義務が移るのです。この点は十分承知しておかないと相手に迷惑がかかります。

信用情報機関に登録される影響は最低限

債務整理をすると信用情報機関にブラックリストとして登録されます。しかし、この影響は意外と軽微です。

確かにブラックリストとして登録されるとクレジットカードの申し込みはできません。また、弁護士は他の信販会社に債務整理がバレないように解約を勧めるでしょう。しかし、最近はデビットカードを使えば支払ができます。日常生活で多少の不都合などは発生しますが、それほど困ることはありません。

信用情報機関にブラックリストとして登録される影響を過度に心配することはないです。

任意整理は家族にバレず実行可能

債務整理の中でも任意整理は家族に全く知られず実行することができます。なぜなら個人再生や自己破産のように官報に載ることがないからです。

任意整理は弁護士に依頼すると2か月から3か月で終了することもあります。期間が短く、弁護士に任せきりなのです。そのため、任せている事すら意識しないかもしれません。また、弁護士は家族に知られないように、連絡をメールですることが多いです。こうして任意整理は自分以外に知られることなく実行できます。

個人再生や自己破産が家族に与える影響

個人再生や自己破産をすると家族にどのような影響が及ぶ可能性があるのでしょうか。

個人再生や自己破産をすると、官報に住所と氏名が載ります。これを過度に心配している人もいますが、官報を読んでいる人はほとんどいません。

また、自己破産をすると財産を没収されますが、賃貸住まいの人なら問題ありません。財産を没収されるとはいえ、必要最低限の財産を残すこともできるのです。新車を買ったような人でない限り問題は起きにくいでしょう。なお、マイカーローンやショッピングローンで支払中の商品は没収されます。個人再生や自己破産が家族に与える影響は、自分が思っているより軽微です。

自己破産でも賃貸住まいなら問題なし

自己破産をすると財産が没収されます。しかし、財産がなければ没収されるものはありません。賃貸住宅に住んでいる人なら賃料を払っている限り追い出されることはないです。

また、個人再生を選択する人は住宅ローン特則を使うケースが多いでしょう。この場合、住宅ローンを債務整理から切り離します。そのため、自宅から追い出されることはありません。

自己破産も個人再生も、必ず家族に影響が及ぶとは限らないのです。

普通の人は官報を見ない

個人再生や自己破産をすると官報に住所と氏名が載ります。
しかし、官報を見ている人はほとんどいません。確かに官報に公表されるので心配なことは確かでしょう。ただ、官報の発行部数は普通の日刊新聞に比べると非常に少ないです。しかも、その読者は一部の会社の人しかいません。普通の人は官報を見ないので、官報に載っても心配する必要はないのです。

ローン返済中の商品は回収される

もっとも、個人再生も自己破産も、個人再生の住宅ローンを除く全ての債務が対象です。ショッピングローンがある場合は買った商品が没収されます。
ローン残高にもよりますが、ショッピングローンは完済したほうがいいかもしれません。購入した商品が生活必需品だったり、中古車だったりすれば没収されないでしょう。個人再生も自己破産では、ローン返済中の商品は没収される点は要注意です。

任意整理が家族に与える影響

では、任意整理は家族にどのような影響を与えるのでしょうか。任意整理は、文字通り債務整理をする対象を自分で選ぶことができます。ショッピングローンが返済中なら任意整理の対象から外せばいいのです。そのため、任意整理の対象になるのは資金の借入が多いでしょう。なぜなら最近の貸金業者は無担保貸付が主流だからです。

もっとも、中小の貸金業者の中には連帯保証人を要求していることがあります。家族を連帯保証人にしていると、その家族が代わりに返済をさせられてしまいます。この点だけ気を付ければ任意整理が家族に与える影響はほとんどないでしょう。

家族が連帯保証人になっていたら要注意

貸金業者の中には契約者の信用度に不安があり、連帯保証人を求めることがあります。

連帯保証人は契約者が返済できない場合に代わりに返済しなければいけません。つまり自分が任意整理をすると家族が代わりに支払うことになります。任意整理は家族に内緒でできると言われますが、こうなると内緒にできません。家族に与える影響もかなり大きくなるでしょう。

任意整理の対象を決める時は、契約内容を一度チェックすることは欠かせません。家族が連帯保証人になっていたら任意整理の対象から外すことを強くお勧めします。

クレカ解約で家族カードが使えなくなる

任意整理をすると貸金業者は信用情報機関にブラックリストとして登録します。
弁護士は、他の信販会社などに任意整理がバレないようにクレカ解約を勧めるでしょう。解約しなくても更新の際に信用情報機関に照会するため、バレることは確実です。

そのため、任意整理をするとクレジットカードは全て解約することとなるでしょう。また、家族カードを発行している場合は、同時に解約されてしまいます。家族カードで買い物をしていた家族には、程度の差はあれ影響が生じます。

任意整理でクレジットカードを解約すると家族カードが使えなくなる点は要注意です。

子供の奨学金を使う際に保証人になれない

任意整理をするとブラックリストとして登録されるので借入などができなくなります。これは同時に自分が他人の保証人にも慣れないことを意味するのです。

例えば、子供が奨学金を借りる場合、親が保証人となります。しかし、自分がブラックリストとして登録されていると保証人にはなれません。もっとも、この場合も機関保証制度を使うことで奨学金制度を使うことができます。

ただ、機関保証制度を使うためには保証料が必要です。将来、余分な支出が発生する可能性が生じるでしょう。

家族に与える影響を最低限にするコツ

債務整理後に家族に与える影響を最低限にすることはできるのでしょうか。債務整理にはメリットとデメリットがあります。デメリットを避けることで、家族に対する影響を最低限にすることができるでしょう。

クレジットカードが使えないなら家族名義で発行すればいいのです。債務整理をすると都合が悪いなら任意整理にして対象から外せばいいでしょう。子供が奨学金を使う見込みであれば機関保証を使えばいいのです。

家族名義でクレカを作る

債務整理をすると自分が契約していたクレジットカードは解約することになります。
解約したクレジットカードを頻繁に使っていた人は不便だと思うでしょう。しかし、最近はデビットカードが広がっています。セキュリティ上の理由でデビットカードに変える人も少なくありません。クレジットカードからデビットカードに変更しても不審に思われることは少ないでしょう。

どうしてもクレジットカードが必要ならば、家族名義で作るのも一つの方法です。自分は家族カードを発行してもらえばいいでしょう。

任意整理なら都合の悪い債務を対象外とする

任意整理は他の債務整理と違い、整理対象の債務を選ぶことができます。都合の悪い債務は返済し続けてもいいのです。

そのため、家族が保証人だったり、返済途中だったりするショッピングローンは除けます。こうすることで任意整理をしても影響が最低限で済む債務だけを選べばいいのです。うまく任意整理の対象債務を選べば、家族に内緒で債務整理をすることもできます。

任意整理なら、都合が悪い債務を対象外として家族への影響を最低限にできるでしょう。

奨学金は機関保証を使う

子供の学費は大きな負担です。そのため、奨学金制度もあります。ただ、奨学金制度を使うためには人的保証が必要です。通常は両親が保証人となりますが、債務整理をすると最低5年間は保証人になれません。信用情報機関にブラックリストとして登録されているためです。
しかし、奨学金制度には機関保証制度があります(機関保証制度)。この制度を使えば自分が保証人になる必要はありません。保証料は月額で決まっています(保証料)が年換算すると大体年1%程度です。債務整理をすると奨学金の保証人にはなれませんが、機関保証を使えば解決します。

弁護士に相談しよう

債務整理が家族に与える影響を最低限に留めることは可能です。ただ、その方法を自分が知っているとは限りません。

最近はネット上でいろいろな情報を知ることができます。しかし、実際に自分がどうすればいいかはわかりにくいでしょう。また、自分が変な誤解をしてしまうと、思いもよらない結論になりかねません。素人が複雑な債務整理をすべて理解し、対処することはかなり無理があるのです。

そのため、自分だけで決めるのではなく弁護士に相談することが必要です。全ての債務と自分の状況を確認してもらい、ベストの方法を作り上げてくれます。弁護士に相談することで、家族に与える影響を最低限にした債務整理ができるのです。

債務整理が及ぼす影響の範囲は広い

債務整理が及ぼす影響は案外広く、自分が思いつかない事まで影響します。そのため、独断で債務整理を始めることは危険です。

弁護士に相談して債務整理を始める理由は、交渉を任せるということが大きな理由です。しかし、それだけでなく自分や家族に一番影響が及ばないプランを作ることもできます。債務整理を決断すると目先のことばかり考えがちです。しかし、将来のことも忘れてはいけません。債務整理が及ぼす影響の範囲は非常に広いのです。

ベストの方法はプロしかわからない

債務整理の案件を多く手掛けている弁護士は、その道のプロです。自分や家族にとってベストの方法はプロしかわかりません。

自分がどんなにネットで調べ、本を読んでもプロには敵わないのです。例えば、債務整理をするとブラックリストに5年間載ることは知られています。しかし、貸金業者が信用情報機関に情報を登録するのは債務整理が終わってからです。

しかも、登録時期は貸金業者により差があります。つまり、5年間という期間がいつ終わるかは、債務整理の手続がすべて終わってから信用情報を見ないとわかりません。このようなことは普通の人は知らないでしょう。でも弁護士は知っています。

自分にとってベストの方法は弁護士しかわからないと言っていいでしょう。弁護士費用は安くありませんが、債務整理後に返済が止まるので支払は可能です。債務整理を決断したら一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。家族に及ぶ影響を最低限にする債務整理の方法をきっと考えてくれます。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

債務整理で気になる項目を徹底解説!へ戻る

債務整理で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法