債務整理

家族カードで借金をした場合はどうなる?

クレジットカードのサービスに家族カードがあります。同居の家族などに別カードを発行し買い物やキャッシングをさせるのです。なお、家族カードの支払請求は全て契約者にされます。浪費癖のある家族が家族カードを使い過ぎても自分が支払わなければいけません。支払ができない場合の債務整理も自分がするのです。また、家族カードを持った家族がキャッシングで多額の借金をすると大変でしょう。契約者本人が利用状況を管理することは欠かせません。

家族カードって何?

クレジットカードを使っている人に家族カードを使っている人もいらっしゃるでしょう。この家族カードとは何でしょうか。
家族カードは、自分と同居している家族に発行されるクレジットカードです。通常、クレジットカードを申し込むとカードは1枚だけでしょう。しかし、家族用に何枚か別に発行できるのです。
信販会社により差がありますが、家族カードは18歳以上の家族が対象になります。ただし、高校生には発行できません。家族カードは通常のクレジットカード同様に、買い物代金の支払に使えます。限度額は契約者本人のクレジットカードと合算して決まりますが、制限も可能です。
家族カードは、契約者の家族に契約者と同じカードを発行すると考えればいいでしょう。

家族も契約者と同じ信用力で利用できるクレジットカードです

家族カードは契約者の家族に対して発行されるカードです。
発行対象は契約者と生活を共にしている家族で、必ずしも同居の家族に限りません。遠方の大学に通う子供に家族カードを持たせ、日常の買い物をさせることもあります。
家族がそれぞれ申込すると信用力がない家族は限度額が限られるでしょう。しかし、家族カードは契約者のカードの分身です。契約者の限度額を家族全体で使えます。信用力がある人が契約すれば家族全員が大きな限度額でカードを使えるのです。また、ゴールドカードのような年会費が必要なカードは一枚あれば十分でしょう。
家族カードを使えば、契約者の家族が契約者と同じ信用力と特典で買い物ができます。

支払の一本化で請求内容が見やすくなります

家族カードのメリットは信用力を家族全員で使うだけではありません。
家族カードの請求は契約者に対して一本化されます。つまり、家族全員が使った支払が集約されるのです。家計簿をつけている家庭であれば請求書を見れば家族全員の支出を把握できます。
家族カードの支払は契約者がするので、請求内容が見やすくなるメリットがあります。

設定すればキャッシングもできます

家族カードは契約者の信用を家族で分け合うカードです。このことはキャッシング枠についても変わりません。
設定によっては家族カードにもキャッシング枠を付けることができます。契約者のカードにキャッシング枠があれば、それを家族カードとして使えるのです。
つまり、家族カードでもキャッシングで借金をすることができます。

家族カードの支払義務は契約者本人

家族カードは、契約者の信用を家族も使えるようにしたクレジットカードです。
そのため、支払の請求は全て契約者に対してなされます。家族カードは、家族に対して発行されますが、信販会社にとって契約者ではないのです。そのため、万が一契約者がカード代金の支払ができないと督促は契約者にされます。その利用明細のほとんどが家族カードであっても関係ありません。家族カードには家族の名前が書いてあります。しかし、それは「利用者の名前」に過ぎません。
つまり、家族カードの支払義務は契約者本人にあるのです。このことは、キャッシングで借金をしても変わりません。

家族カードの支払義務は契約者

家族カードは、契約者の信用力を何枚かのカードに分散しているだけです。
信販会社は家族カードを発行する際、家族の名前を記入させます。しかし、信用情報機関への照会はしていません。なぜなら、支払の請求は契約者にするものであり、家族ではないからです。そのため、家族カードを発行する際に家族の審査は必要ありません。債務整理などでブラックリストの人が、奥さんなどの家族カードを使う事もあります。
こんなことができるのも、家族カードの支払義務が契約者にあるからです。

家族は契約者の承諾なしに自由に使えます

とはいえ、家族が家族カードを使う際には、契約者に承諾を得る必要はありません。キャッシングで借金をする時も同じです。
家族カードを使う時は、通常のクレジットカード同様に支払や借金ができます。もちろん通販の支払であっても変わりません。
もちろん利用状況をネットで見たり、請求書が届いたりすれば利用状況がわかります。しかし、基本的にどのように家族カードが使われているかは契約者にはわかりません。
家族カードは契約者の承諾なしに自由に買い物や借金のために使えるのです。

家族カードの利用状況はチェックしましょう

家族カードは契約者の承諾なしに利用することができます。
しかし、それは自分には家族カードがどう使われているかわからないことも意味します。それを調べるためには請求書を見るか、ネットの利用状況を見るしかありません。
クレジットカード支払の買い物は財布からお金が出ていかないので気楽です。お金を支払ったという意識が希薄になりがちでしょう。家族自身が知らないうちに浪費になってしまうことも少なくありません。また、キャッシングができれば気軽に借金もできます。
定期的に家族カードの利用状況をチェックすることは欠かせません。

浪費が原因で離婚した妻に家族カードの借金を払わせたい

家族カードは、契約者の信用力で家族全員が買い物をできる便利なカードです。
しかし、家族の中に浪費家がいると、その家族が使い過ぎることがあります。このような浪費が続くと家計が火の車になり支払いきれないことになりかねません。余りに奥さんの浪費がひどいと、夫婦生活を続けることができないこともあります。
このような理由で離婚したら、その原因を作った妻にカード代金を払わせたいでしょう。しかし、支払義務は契約者にある以上、一義的に自分が支払う必要があります。
離婚した妻に請求はできるのでしょうか。

財産分与の対象に債務も含まれる

離婚すると、夫婦で作り上げた財産は二人で分割します。奥さんと一緒になって作り上げた財産の部分の半分を奥さんに渡すのです。これを財産分与と言います。
しかし、分割するのは財産だけでなく借金も分割します。奥さんが浪費により積み上げたカード利用代金の半分は奥さんが支払うべきでしょう。
このように財産分与の対象には債務も含まれます。

妻の浪費分を自分で支払ったら慰謝料から減算できる

ただ、財産分与で代金の半分を妻に負わせても、浪費額が多いと自分の負担も生じます。自分が倹約家の場合は更にそう思うでしょう。
この場合、妻の浪費分を計算することで慰謝料などから減算させることができます。妻の浪費が原因で離婚したのであれば、帰責事由は妻にあるでしょう。ただ、妻側から「日頃のストレス」とか言われると自分の責任も生じます。そのため、慰謝料の請求が生じるのですが、そこから妻の浪費部分を引けばいいのです。
家族カードの支払義務は自分にある以上、妻の浪費部分は取り戻す必要があります。

浪費癖がある家族に家族カードはNG

家族カード発行の申込ができるのは、契約者本人だけです。発行する際には「発行して大丈夫だろうか」と考えてみる必要があります。発行した家族カードの支払をするのは自分だからです。
大学生の子供に初めてクレジットカードを持たせる際には注意が必要でしょう。利用限度額の制限や、キャッシングで借金ができないようする必要があります。
もし、浪費癖がある家族がいたら、その家族には発行してはいけません。後で問題が生じる可能性が非常に高いからです。

家族カードの使い過ぎが発覚したら?

家族カードの利用状況は、契約者には直接わかりません。契約者への連絡なしに、家族カードを使うことができるからです。
しかし、家族の誰かが、多額の買い物を家族カードですると一大事です。支払額が膨大だと家計に大きな打撃を与えます。場合によっては支払ができなくなるかもしれません。
毎月、請求内容のチェックは欠かせませんが、ネットで利用可能額の確認も大切です。

何かあれば利用可能額が急減する

クレジットカードの申込をすると、ネット上で利用可能額がリアルタイムでわかります。
どこの店で使ったかは加盟店から情報が送られないとわかりません。しかし、利用すると限度額照合のためにリアルタイムで利用額情報が送られるのです。そのため、ネット上でチェックする利用可能額は最新データになります。
家族の誰かが浪費をすると利用限度額が急減するはずです。最新の利用状況に反映されていなくても、しばらくすると反映されます。利用明細には利用者の番号が入っているので、誰が使ったかすぐわかるでしょう。

すぐに家族カードをストップしよう

家族カードの浪費がわかったら、すぐ利用を止めることが必要です。信販会社のサービス窓口に電話をすればすぐ止めてくれます。
浪費をしているのに放置すると利用額がドンドンと膨れ上がるでしょう。利用可能額が減っていけば毎日の買い物にも支障が出かねません。家族全員の日常生活にも問題が起きます。特に最近は携帯電話などの公共料金をクレジットカード支払としていることが多いです。万が一支払ができなくなると携帯電話がストップするということになりかねません。
問題があるとわかった家族カードはすぐ止めることが大切です。

何に使ったか突き止めよう

次に問題となったカードを使っている家族に何を買ったのか問い詰める必要があります。
この場合、本当に浪費なのか、又はカード番号が流出しているのかわかりません。使った本人に記憶がなければカード番号の流出が考えられます。すぐにカード会社に連絡をして対応が必要です。
もし、本当に浪費であればその理由を聞き出す必要があります。家族カードでも、自分のカードでも、身の丈以上の買い物を続けることはできません。その家族の今後のためにも理由を突き止めることが大切です。
このように浪費が疑われる家族カードは、その理由を突き止めなければいけません。

家族カードの借金は債務整理できるか?

家族カードで浪費をした家族がいる場合、その家族に債務整理をさせられるでしょうか。
子供でも成人した社会人や妻の浪費は自分で決着を付けさせるべきです。特にキャッシングで借金をしたのであれば、契約者が払うのは抵抗があるでしょう。借金が多すぎて返済できないなら債務整理をすることになるはずだからです。
しかし、家族は家族カードの借金を債務整理することができません。なぜなら、家族カードの契約者は家族ではないからです。もし債務整理するのであれば契約者本人がする必要があります。

家族カードの債務整理は契約者しかできない

家族カードは契約者が持つクレジットカードの分身と言っていいでしょう。
そのため、家族カードを持っている人には支払義務がありません。これはショッピングであれ、キャッシングで借金をするのであれ同じです。
支払義務は契約者にしかない以上、債務整理ができるのは契約者しかいません。

家族の使い過ぎは自分の責任

クレジットカードは契約者の信用力に応じて発行されます。家族カードはその信用力を分散しているだけです。
契約者が家族カードを発行するのは、自分の信用力を家族に使わせている事と変わりません。もし、自分が家族カードを与えた家族が浪費をしたら、それは自分自身の責任です。カード番号が流出して他人に使われることになっても変わりません。
家族カードの使い過ぎは自分の責任になってしまうのです。

家族の浪費で債務整理をしてもブラックリストの対象は自分自身

家族カードの支払は契約者です。信販会社は契約者としか契約をしていないので家族とは関係ありません。
もし、家族カードの使い過ぎで債務整理をするなら、契約者がすることになります。債務整理をすると信用情報機関に登録がされてブラックリストとして扱われます。契約者が債務整理をするわけですから、ブラックリスト対象は契約者になります。
家族の浪費で債務整理をしてもブラックリストの対象は自分です。

家族カードの管理はしっかりしよう

家族カードは契約者の信用力を家族全員で使うことができる便利なカードです。
しかし、家族の中に浪費家がいると信用力を使い果たしてしまう可能性もあります。特にキャッシングで借金をすると利息も膨れ上がるので債務が多くなりがちです。このようなことは避けたいでしょう。
そのためには家族カードの管理をしっかりする必要があります。家族カードは契約者の信用を白紙委任状として使わせることです。定期的なチェックは欠かせません。

毎月請求内容は確認しよう

家族カードに限らず、クレジットカードの利用明細を確認しない人は少なくありません。
しかし、これは大変危険です。浪費に限らずカード情報の漏えいにより不正利用をされる危険もあるのです。特に家族カードを発行した場合は自分の責任だけでなく、家族の責任も負います。 家族カードを発行された家族がいい気になって使い過ぎる可能性だってあるのです。子供に初めてクレジットカードを使わせると喜びます。しかし、使い過ぎを戒めることも必要です。その意味では家族カードはクレジットカード利用のいい教材となるかもしれません。
家族カード発行の有無を問わず、最低限、毎月の請求内容を確認することが必要です。

家族カードにキャッシング枠を付けてはいけない

家族カードは契約者の信用で発行されます。それはキャッシングという借金についても同じです。
しかし、家族にキャッシングで借金をさせることは危険です。自分の借金ではないので「お父さんからお小遣い」という感覚になりかねません。契約者がもともとキャッシング枠を設定していなければ問題はないです。しかし、キャッシング枠を設定しているとそれも家族で共有されます。
家族カード発行の際に限度額設定ができるので、キャッシング枠はゼロにしましょう。

家族カードの限度額は最低限にしよう

家族カードは家族が契約者の信用力で買い物ができる便利なカードです。しかし、白紙委任状と同じことになる欠点もあります。
そのため、家族カードは、使わせる家族に応じて限度額を設定する必要があるでしょう。奥さんであれば買い物が多いので契約者と同じにするかもしれません。しかし、子供に渡す家族カードにそんな多額の限度額を設定する必要はないです。毎月渡している小遣いなどを参考にして決めればいいでしょう。信販会社のショッピング枠は最低10万から設定できることが多いです。子供の家族カードは10万円程度からスタートすればいいのではないでしょうか。
家族カードの限度額は、カードを渡す家族に応じて最低限にすることが大切です。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

債務整理で気になる項目を徹底解説!へ戻る

債務整理で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法