債務整理

おまとめローンは総量規制の対象外?

他社借入が増えてしまう原因は人によってさまざま。一気に借入をして多重債務者となった人もいれば、少しずつ借りていくうちに気づけば借入先が増えていたという人も多くいます。ただどちらにも共通しているのは返済がつらい状況であるということです。おまとめローンを利用することで、そのような状況を打破しお得に返済することができます。この記事では総量規制とおまとめローンの特徴から利用方法にいたるまでをまとめました。

目次

おまとめローンは総量規制対象外

結論からいうと、おまとめローンは総量規制の対象外となるため規制の範囲を超えた借入ができます。

総量規制の範囲とは、年収の3分の1。年収が仮に300万円だとしたら100万円までが借入のできる上限金額になるというわけです。

この規制は貸金業法という法律に定められた規制なので、上限を超える額を貸し付けた場合には法律違反となり、貸した側となる消費者金融やクレジットカード会社などが罰則を受けることになります。したがって現時点で上限金額まで借入がある、もしくは上限金額ギリギリまで借入があるような場合は審査に通ることがまずありません。

しかし「おまとめローン」となると別のはなし。おまとめローンは総量規制の対象外となる契約として認められているため、上限金額を超えた借入もできます。

ではなぜおまとめローンが総量規制の対象外となるのでしょうか?以下で確認していきましょう。

総量規制の例外って?

総量規制は「借金のし過ぎで首が回らなくなってしまった!」という人を出さないための予防策ともいえる規制です。したがって年収の3分の1の上限金額を超える借入であっても、消費者にとってメリットとなる借入や、緊急で必要性の高い借入れに対しては総量規制の例外として認められています。

総量規制の例外となる借入の定義を詳しくみていくと、

  • 顧客に一方的有利となる貸付
  • 配偶者の年収とあわせて3分の1以下となる貸付(配偶者貸付)
  • 緊急性の高い医療費の貸付
  • 個人事業者に対する事業貸付

というものが総量規制の例外として認められています。

おまとめローンは総量規制対象外の例外貸付け

上記の定義と照らし合わせていくと、おまとめローンは「顧客に一方的有利となる貸付」に該当します。なぜならおまとめローンを活用すると通常の借入より低金利での契約が可能となり、返済金額を減らせるというメリットがあるからです。そのため、おまとめローンを使用して他社の借入を一本化することは総量規制の上限金額を超える借り入れであっても例外的に認められます。

ただしあくまでも例外としての措置であるため総量規制の貸付金額にはカウントされ、別の消費者金融で新たに通常の借入をしようとしても貸付を受けることはできません。

おまとめローンで総量規制以上の借入も!

おまとめローンを活用することで総量規制の制限金額以上の借入をすることができます。では実際にはどの程度の金額まで借入が可能なのでしょうか?

アイフルやプロミスなどの消費者金融でおまとめローンを利用した場合と、銀行で借り入れた場合の金額を以下で比較して解説していきます。

消費者金融でおまとめローンをしても総量規制外

消費者金融のおまとめローンとは、複数から借入している借金をひとつにまとめることです。

貸金業法では、100万円を超える借入に対しての上限金利は最大で15%までですので、まとめることで1社の借入が100万円を超えればそれだけで金利が安くなりお得になることがわかります。

おまとめローンを提供している主な消費者金融3社の限度額や金利は下記の表の通りです。

 
商品名 貸付限度額 金利
プロミス おまとめMAX 800万円 3.0〜17.5%
アイフル おまとめローン 300万円 6.3〜17.8%
アコム 借り換え専用ローン 300万円 7.7〜18.0%

3社の中でもアイフルは貸付限度額がもっとも多く800万円までの融資を可能にしており、銀行のカードローンと同じ水準並みとなっていることが特徴的です。一方でプロミスとアコムは貸付限度が300万円までと、アイフルにくらべてかなり少ない印象になります。

これは2社とも消費者金融からの借り換えを想定しているため、総量規制以上の借入ができないことが前提条件となっているためです。総量規制の範囲内の借入を一本化するのなら高額な貸付金額の設定は必要ないため低い金額で設定されています。

銀行はそもそも総量規制の対象外

銀行や信用金庫など金融機関のローンは、貸金業ではなく銀行法という別の法律に則って運営されています。そのためそもそも総量規制の対象外であるため法律上の上限金額の設定がありません。

各金融機関の設定している限度額も800~1,000万円程度と消費者金融とくらべても高額な上に金利も14%台と低いことが特徴です。したがっておまとめローンというサービス自体を提供している金融機関は少ないですが、銀行のローンを利用できれば実質的におまとめローンとして活用することもできます。

総量規制にひっかからない!おまとめローンの申込み方法

消費者金融でおまとめローンを申込む方法は、大手であれば店頭窓口での申込みのほか、郵送や自動契約機でも受け付けていますが、各社によって受付け方法が違いますので事前に確認しておきましょう。

通常のキャッシングではインターネットを使った申込みで審査から契約まで完結できることが多いですが、おまとめローンの場合、申込み自体はインターネットからできる場合でも、その後の契約手続きは窓口や自動契約機での手続きとなることがほとんどです。

大手3社の申込み方法をまとめると下記のようになります。

アイフル プロミス アコム
商品名 かりかえMAX おまとめローン 借換え専用ローン
WEB完結手続き ×不可 ×不可 ×不可
申込み方法 電話・ネット申込み後
・店頭窓口
・郵送手続き
自動契約機
お客様サービスプラザ(店頭窓口) 郵送
電話申込み後
・店頭窓口
・自動契約機
 

アイフルは電話やネットで申込み後、店頭もしくは郵送での手続きが必要となり、無人契約機での手続きができませんので注意してください。一方プロミス、アコムでは自動契約機で申込みをすることができます。

総量規制でも大丈夫?おまとめローンの審査基準

おまとめローンを利用するには、通常のキャッシングと同様に審査に通過しなければいけません。審査の結果によっては融資がおりないこともあるため、おまとめローンの審査基準についても確認しておきましょう。

審査基準の対象となりやすいのは、以下の4点です。

  • 他社借入件数
  • 年収額と返済額のバランス
  • 収入の安定性
  • 遅延や延滞などの事故歴の有無

審査基準は公表されていませんので絶対的な基準を述べることはできませんが、審査落ちの対象となることの多い傾向からポイントを絞って解説していきます。

他社借入件数

おまとめローンは複数の借入先からの借金を一社にまとめるためのローン商品です。しかしあまりにも借入先が多い場合は貸し倒れや延滞のリスクが高く、審査落ちの対象となります。

審査落ちを逃れるために借入件数や金額を少なく記載する人もいますが、これは逆効果です。審査では信用情報機関の情報を必ずチェックしますので、借入件数や金額をごまかしてもすぐに知られてしまいます。ごまかしだと判明した場合には逆に信用を落とし審査落ちの確率を上げる結果になりますのでやめましょう。

年収額と返済額のバランス

おまとめローンは総量規制の対象外となるため、年収の3分の1という上限金額にしばられることなく借入ができると思われがちです。しかし貸付をする金融機関からしてみれば、返済能力のない人に貸付をすることはマイナスにしかなりません。したがっていくら総量規制の対象外とはいえ、年収に応じた貸付額のラインというものがあり、それ以上の貸し付けはしないことがほとんどです。

このラインは総量規制の条件とは違い、年間の返済金額をもとに計算されるため、返済負担比率といいます。例えば年収300万円で年間の返済金額が100万円の場合は、年間返済負担比率は30%です。

貸付け可能なラインは各社によって違いますが、一般的には年収の35%~40%を超えると審査に通らないといわれています。

総量規制では「借入額が」年収の3分の1以上となると規制の対象でしたが、おまとめローンでは「年間の返済額が」年収の3分の1以上となった場合に審査に通る確率が減少すると覚えておきましょう。

収入の安定性

おまとめローンは通常のキャッシング同様、安定した収入のある人が対象となっています。したがってパートやアルバイトなどでも毎月安定的に収入があれば申込みの対象です。しかし、日雇い派遣や内職、水商売など収入の安定が難しい職業の場合には、審査に通る確率は低くなります。

毎月の収入の安定性としてはやはり、会社勤めの正社員や公務員で収入も高い方が比較的審査に通りやすいといえます。また勤続年数も重要な審査ポイントです。勤続年数が1年未満になると銀行系の審査が厳しくなります。さらに3ヵ月未満となれば消費者金融やメガバンクも含めほぼ審査に通ることはありません。

遅延や延滞などの事故歴の有無

これまでに長期の遅延や滞納があるとおまとめローンの審査通過も厳しくなってきます。遅延や延滞、自己破産など借入や返済に何らかの問題があると信用情報機関に「金融事故」として登録されます。登録機関は内容によってさまざまですが、5年程度は登録が残ると考えておいた方が良いでしょう。

もし今の段階で事故歴があり、審査に通らない場合には少し時間を空けてその間に少しでも返済額を減らしたうえで再度申し込むなどの方法も検討しましょう。

総量規制対象外!おまとめローンのメリットは?

総量規制の対象外となるおまとめローン。このローンを利用することで本当に楽に返済ができるようになるのでしょうか?一本化のメリットを紹介していきます。

返済金額を少なくできる

消費者金融で通常のキャッシングを利用した場合の金利は最大で18%の利率です。

大手消費者金3社のおまとめローンの年率は以下のようになります。

 
アイフル プロミス アコム
ローン商品名 かりかえMAX おまとめローン 借換え専用ローン
金利 3.0%〜17.5% 6.3%〜17.8% 7.7%〜18.0%

プロミス、アコムは通常のキャッシングと同様の水準となっていますが、アイフルは0.5%金利が下がっているため通常のキャッシングとくらべて返済額を安く済ませられます。また貸金業法では100万円を超える融資の金利を15%までと定めているため、他社の借金をまとめた総額が100万円以上になれば15%の利率で借入が可能です。銀行のカードローンであれば年率が14.0%~14.5%程度のケースが多く、返済総額をさらに安くすることができます。

バラバラな返済日もまとまる

複数社と契約をしていると、返済日がバラバラになりつい忘れてしまうことも。うっかり滞納してしまうと信用情報に傷がつくことにもなりかねません。しかし一社にまとめると返済日も毎月一定の日にちに固定されるので忘れてしまう心配もなく、月に何度もATMへ支払に行くような手間も省くことができるので支払い計画も立てやすくなります。

他社を完済することで信用情報にもプラスになる

おまとめローンを利用するメリットは他社の借入を完済できることです。複数社から借入をしている状況は信用情報に登録され、多重債務者と見なされると新たな借入が必要な場合でも審査に通りにくくなってしまいます。多重債務はブラックとして扱われるケースが多く、携帯の機種変更や買い替えもできなくなってしまうのです。

おまとめローンを利用すれば借入額自体は変わりませんが、借入先が1社となり信用情報をクリーンにすることができるため大きなメリットであるといえます。

総量規制対象外!おまとめローンのデメリットは?

おまとめローンを利用するにあたって見逃せないのがデメリットとなる部分です。利用方法によっては、安くお得に返済するはずが、逆に支払いが増えてしまうことにもなりかねません。しっかりと有効活用できるよう事前にチェックしておきましょう。

返済期間の設定によっては損をすることも

おまとめローンは他社借入をまとめて、低金利で返済することでお得になるのが特徴です。

しかし月々の返済金額を少なくするために支払期間を長く設定してしまうと、もとの支払い総額よりも高くついてしまうことになります。いくら低金利とはいえ、ちりも積もれば山となる方式で返済金額が増えてしまっては意味がありません。

大切なのは、まとめる前の支払い期間と同じ支払期間で設定すること。そうすれば元の支払い総額を超えることなくお得におまとめローンを利用することができます。

使用用途が返済のみに限られる

通常のキャッシングは使用用途が自由であるため、返済に充てる以外にも買い物や生活費などさまざまな利用ができます。しかしおまとめローンを利用する場合の使用用途は他社の返済のみに限られます。

金融機関によっては他社への返済を証明する書類の提出を求められるケースもあるため、「まとめてお金を借りて少しだけ生活費の足しにしよう」といった目論見は通用しないと考えておきましょう。

借入の審査が厳しくなる可能性がある

通常のキャッシングに比べて借入額が高額になりがちなおまとめローンでは、審査も厳しくなる傾向にあります。

収入の安定性といった面が重要視されるポイントですので、会社によっては利用条件が「正社員のみ」と限定的なところもあり、パートやアルバイトなどの属性の場合は審査落ちとなる可能性も高いです。

他社の借入金額がすべて10万円以下などでそれほど多くない場合には、銀行カードローンを利用して返済に充てるなども検討してみるとよいでしょう。

追加融資ができない

おまとめローンは他社の返済を目的としたローンですので、一度借りた金額以上の追加融資を受けることはできないことがほとんどです。

返済用の金額を借りた後は返済のみのカードローンであることを覚えておきましょう。返済期間中に借入が必要になることがあらかじめ想定されているのであれば、限度額内で自由に借入のできるローンを選ぶ必要があります。

またおまとめローンの商品によっては、返済中に新たな借入を禁止していることも多いです。契約違反となると借入額の一括返済を求められることもありますので注意してください。

まとめ

おまとめローンは総量規制の対象外のため、年収の3分の1以上の借入が可能です。他社の借入をまとめて返済することで返済日も契約数もまとまり金利もお得です。

しかし審査の条件面は厳しくなりがちですので、銀行カードローンの利用も含めて検討してみましょう。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

債務整理で気になる項目を徹底解説!へ戻る

債務整理で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法