債務整理

債務整理したらクレジットカードはどうなる?今後新たなカードは作れる?

債務整理をするときクレジットカードはどうなるか知りたい。債務整理後新たにクレジットカードは作れるか知りたい。これから債務整理をする人にとって、今後クレジットカードが使えるのかどうかはかなり気になるポイントですよね。

こちらの記事では、債務整理のクレジットカード事情について徹底解説。債務整理中はもちろん、債務整理後クレジットカードがどうなるかまで詳しく解説していきます。これから債務整理を考えている人は、クレジットカードがどうなるのかしっかり把握しておきましょう。

目次
  1. 1. クレジットカードの利用でできた借金も債務整理が可能?
  2. 2. 契約中のクレジットカードを債務整理するとどうなる?
  3. 3. 債務整理後にクレジットカードが作れない理由
    1. 3.1. 個人信用情報機関のブラックリストを参照しているから
    2. 3.2. カード会社内のデータベースに記録が残っているため
    3. 3.3. 社会的ステータスが低いため
  4. 4. 信用情報は住宅ローンや自動車ローンにも影響がある
  5. 5. 包括契約は解約しなければ信用情報に残ったままである
  6. 6. 債務整理後は社内ブラックになる
  7. 7. 債務整理後の信用情報について
  8. 8. クレジットカードが持てない間の対策について
  9. 9. 債務整理とクレジットカードについてよくある質問
    1. 9.1. Q.債務整理をしてもクレジットカードは使える?
  10. 10. 任意整理の対象から外せばクレジットカードは使える
  11. 11. 自己破産や個人再生の場合クレジットカードは強制解約になる
  12. 12. 債務整理前にクレジットカードを作るのはNG
    1. 12.1. Q.債務整理後に新しくクレジットカードは作れる?
  13. 13. 債務整理後は信用情報機関でブラックリストに登録される
  14. 14. ブラックリストに載る期間が終わればクレジットカードが作れる
  15. 15. クレジットカードの申し込みをする前に
  16. 16. 債務整理後も信用を積んでおく
  17. 17. クレジットカードの審査が通らないときに絶対やってはいけないこと
  18. 18. 債務整理後クレジットカードの引き落としをストップさせるには
  19. 19. クレジットカードが原因で債務整理を繰り返さないためには

クレジットカードの利用でできた借金も債務整理が可能?

結論から伝えると、クレジットカードの利用でできた借金も債務整理の対象です。たとえば任意整理をした場合、クレジットカード会社に連絡をして、クレジットカード残高の支払いを分割にするなどの交渉ができます。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、どちらの枠でも債務整理の対象。つまりクレジットカードの支払いができなくなってしまった人は、支払いをするために債務整理をするという選択肢をとってもいいでしょう。

ただしクレジットカードの支払いであっても、債務整理をするのであれば、債務整理をしたという事実は変わりません。そのため信用情報がブラックになるなど、債務整理のデメリットは受けてしまいます。クレジットカードの支払いでも債務整理は可能ですが、債務整理をするときには、しっかり考えてから対応しましょう。

契約中のクレジットカードを債務整理するとどうなる?

契約中のクレジットカードを債務整理した場合、そのクレジットカードは解約扱いになります。債務整理にはいくつか種類がありますが、いずれの場合でも支払いを一旦ストップすることになります。クレジットカード会社としては支払いをストップされると、クレジットカードを解約せざるを得ません。

ショッピング枠もキャッシング枠もクレジットカードが使えなくなりますし、貯まっていたポイントもすべて失効します。今後そのクレジットカードは使えなくなるので、債務整理をする前にはそのことをしっかり把握しておきましょう。

ただしクレジットカード会社発行のETCカードを所有している場合、ETCカードはすぐ利用停止になりません。これは交通事故防止のためです。ただ支払いができないのに使い続けることはよくないので、自身で早めに解約をしましょう。

債務整理後にクレジットカードが作れない理由

それでは債務整理が終了したら、クレジットカードは作れるようになるのでしょうか。これも結論から申し上げますと、債務整理をした後はしばらくクレジットカードが作れません。債務整理後クレジットカードが作れない理由は、以下の3つがあります。

  • 信用情報機関でブラックリスト登録される
  • カード会社内のデータベースに個人記録が残る
  • 社会的ステータスが低い

このいずれかに該当している場合、クレジットカードの審査で間違いなく落ちてしまいます。逆に言えばこれらの項目が解消できれば、クレジットカードが作れる可能性があります。それではそれぞれの項目ごとに、なぜクレジットカードの審査に落ちてしまうか解説していきます。

個人信用情報機関のブラックリストを参照しているから

クレジットカード会社は審査をするとき、個人信用情報機関に問い合わせをします。個人信用情報機関には、これまでのクレジットカード支払い履歴があり、そこには債務整理をした履歴も記載されています。

債務整理をした履歴がある場合、その履歴が消えるまでクレジットカードの審査には通りません。履歴が消えるまでの期間は信用情報機関によって異なりますが、少なくとも5年間は情報が残り続けます。これをブラックリストに登録されたと言います。

つまり債務整理をした場合、少なくとも5年間はクレジットカードが作れません。これはどのクレジットカード会社でも共通なので、しばらくクレジットカードが作れないことは頭に入れておきましょう。

カード会社内のデータベースに記録が残っているため

また信用情報機関から支払い履歴が消えて、ブラックリストでなくなったとしても、クレジットカード会社内のデータベースには記録が残っています。そのため債務整理をしたクレジットカードは、今後もクレジットカードが作れません。

たとえば楽天カードと三井住友VISAカードの支払いができず、債務整理をしたとします。その場合5年経過してブラックリストから消えたとしても、楽天カードと三井住友VISAカードは審査に通りません。

それ以外のクレジットカードであれば、社内記録はないので、ブラックリストから消えていれば審査に通る可能性はあります。債務整理をしたクレジットカードは、その後ずっと作れないくらいの意識を持っておくといいでしょう。

社会的ステータスが低いため

ブラックリストから情報が消えて、社内記録が残っていないクレジットカードに申込んだ場合でも、クレジットカードの審査に落ちる可能性はあります。クレジットカードの審査では、社会的ステータスを見ているため、それが原因で審査に落ちているケースですね。

クレジットカードは後払いの仕組みなので、クレジットカード会社は支払いを期日通りしてくれるかどうか審査します。そのとき年収や働いている会社など、社会的ステータスをもとに審査がおこなわれます。

そのためフリーターや専業主婦など社会的ステータスが低いとみなされると、審査に落ちる可能性が高くなります。審査に通過したいのであれば、少しでも社会的ステータスを上げるようしていきましょう。

信用情報は住宅ローンや自動車ローンにも影響がある

信用情報はクレジットカードの契約だけでなく、住宅ローンや自動車ローンにも影響があります。住宅ローンや自動車ローンはローンの金額も大きいので、それだけ審査も厳しくなります。

そのためクレジットカードが原因で債務整理をしていたとしても、一度債務整理をしていると、住宅ローンや自動車ローンの審査に通る可能性はかなり低くなってしまいます。つまり将来住宅ローンや自動車ローンを組みたいのであれば、債務整理はしてはいけません。

クレジットカードの支払いを期日通りにしていれば、住宅ローンや自動車ローンの審査に通る可能性は高くなります。住宅ローンや自動車ローンの審査でも信用情報は確認するので、今後の生活を考えるとかなり大切なものですよ。

包括契約は解約しなければ信用情報に残ったままである

金融機関からの借り入れには、包括契約と個別契約の2種類があります。カードローンなど一度契約すれば何度でも借り入れができる契約を包括契約、住宅ローンや自動車ローンなど完済すると契約が終了する契約を個別契約と呼びます。

個別契約の場合返済が終了すると自動的に契約が終了しますが、包括契約の場合は返済が終了しても契約は残ったままです。つまり包括契約のローンは、完済後解約の手続きが必要ということです。

契約の情報が残ったままだと、クレジットカードの審査にも影響します。実際に借り入れをしていなくても、借り入れができる可能性が残っています。そのため借り入れをしているのと同じ扱いをされることがあるので、使わないのであれば解約手続きをしておきましょう。解約手続きは電話をすると数分で完了するので、先に解約手続きをすませておきましょう。

債務整理後は社内ブラックになる

債務整理が終わると信用情報に記録が残るだけでなく、クレジットカード会社のデータベースにも記録が残ります。信用情報機関に情報が残ることをブラックリスト、クレジットカード会社のデータベースに記録が残ることを社内ブラックと呼ばれます。

ブラックリストは少なくとも5年間記録が残りますが、社内ブラックの記録がいつまで残るかはクレジットカード会社によって異なります。そのため5年以上社内ブラックの記録が残る可能性もあり、最悪一生その会社の審査には通らない可能性もあります。

ブラックリストに登録されているかどうかは信用情報を確認すればわかりますが、社内ブラックかどうかは確認する方法がありません。そのため社内ブラックに登録されている可能性がある会社には、申し込みをしないほうがいいでしょう。他の会社であれば審査に通る可能性がありますよ。

債務整理後の信用情報について

ここまでの内容をまとめると、債務整理後を信用情報はブラックリストに登録されます。ブラックリストが解消されるのは、CICとJICCでは5年、KSCでは10年かかります。そのため債務整理後少なくとも5年間は、クレジットカードが作れません。

信用情報機関の情報は誰にも書き換えられないので、債務整理後は少なくとも5年間クレジットカードが作れないことは変わりません。そのため債務整理をするのであれば、クレジットカードが作れないことを前提に生活をしていかなければなりません。

またクレジットカードだけでなくカードローンとの契約もできないので、基本的には現金を貯めて物を購入することになります。債務整理をするときはそのようなリスクを抱えることは、頭に入れておきましょう。

クレジットカードが持てない間の対策について

それではクレジットカードを持てない間は、どのように生活をすればいいのでしょうか。日本でもキャッシュレス化が進んでいるため、キャッシュレス決済の手段は持っておいた方が便利です。クレジットカードが使えない間は、デビットカードか家族カードで決済するという方法があります。

デビットカードはブラックリストに登録されていても作成できます。クレジットカードと違って、使った金額が即銀行口座から引き落とされます。デビットカードでもポイントが貯まるカードはあるので、使いこなせばかなりお得ですよ。

家族がクレジットカードを作れるのであれば、家族カードを作るという方法もあります。家族カードはクレジットカード利用者が審査対象なので、利用者がブラックリストに登録されていても審査に通る可能性があります。家族がクレジットカードを作っているのであれば、家族カードを作るという選択肢もありますよ。

債務整理とクレジットカードについてよくある質問

ここからは債務整理とクレジットカードの関係について、よくある質問をまとめてみました。債務整理とクレジットカードについて、より詳しく知りたい人はしっかり内容を把握しておきましょう。

Q.債務整理をしてもクレジットカードは使える?

A. 債務整理をした後は、クレジットカードは解約手続きとなります。そのため債務整理後は基本的にクレジットカードが使えません。そのため債務整理をする前に、クレジットカードが使えない前提で生活を考えましょう。

任意整理の対象から外せばクレジットカードは使える

どうしても債務整理後もクレジットカードを使いたい場合、任意整理の対象からクレジットカードを外すという方法があります。任意整理は金融機関に支払い期間や金額を交渉するという方法です。借り入れをしている金融機関すべてに交渉しなくてもいいので、残したいクレジットカードがあればそのクレジットカードだけ対象から外すという方法があります。

ただしクレジットカードを残す場合、残したクレジットカードの支払いは期日通りおこないましょう。クレジットカードの支払いが期日通りにおこなわれない場合、クレジットカード会社は強制解約できます。クレジットカード会社は信用情報が確認できるので、任意整理をした人かどうか確認ができます。

任意整理をした人イコール支払いに苦しんでいる人と見なすので、クレジットカードが解約になるリスクは他の人よりも高いです。任意整理の場合クレジットカードを対象から外せますが、外した場合は支払いをしっかりするようにしましょう。

自己破産や個人再生の場合クレジットカードは強制解約になる

任意整理の場合クレジットカードを対象から外せますが、自己破産や個人再生の場合すべてのクレジットカードは強制解約になります。個人再生や自己破産は借金の額を減らすもしくはゼロにする手続きなので、クレジットカードも含めたすべての債務を公開しなければなりません。

任意整理は金融機関との交渉ですが、自己破産と個人再生は裁判所を介しての手続きなので、その違いがありますね。そのため自己破産か個人再生をする場合、クレジットカードは強制解約されることを前提に動きましょう。

クレジットカードは使えなくなってしまいますが、借金が減ることが個人再生や自己破産のメリットです。メリットとデメリットをしっかり把握したうえで、自己破産や個人再生をするかどうか考えていきましょう。

債務整理前にクレジットカードを作るのはNG

債務整理をするとクレジットカードが作れなくなるから、債務整理前にクレジットカードを作ろう。そんなことを考える人がいますが、それはしてはいけません。まず債務整理を考えている人は借り入れがたくさんあるため、クレジットカードの審査に通る可能性が低いです。

また任意整理を考えている場合、任意整理ができなくなるリスクがあります。任意整理前にクレジットカードの申し込みがあると、現在作成しているクレジットカード会社からの信用が落ちてしまいます。任意整理はクレジットカード会社と交渉をするので、交渉ができなくなる可能性があります。そうなると任意整理ができない場合があるので、任意整理前にクレジットカードを作ってはいけません。

個人再生や自己破産の場合も、クレジットカードを作って意図的に借金を増やしたとみなされることがあります。そうなると個人再生や自己破産が認められない可能性があるので、個人再生や自己破産をする前にクレジットカードを作ってはいけません。

Q.債務整理後に新しくクレジットカードは作れる?

A. 債務整理後は少なくとも5年間新しくクレジットカードが作れません。債務整理をするとブラックリストに登録されてしまいます。そうなると少なくとも5年間は、クレジットカードが作れないことは頭に入れておきましょう。

債務整理後は信用情報機関でブラックリストに登録される

それでは具体的に債務整理後、なぜクレジットカードが作れないのかを解説していきます。信用情報機関にはクレジットカードの申込情報や支払い履歴など、あらゆる情報が残ります。クレジットカードは後払いの契約なので、その人がしっかり支払いをしれくれるか確認するためです。

クレジットカード会社はクレジットカード審査時必ず信用情報を確認して、支払い遅れが多くないかブラックリストに登録されていないかどうかチェックします。そこでブラックリストに登録されていることがわかると、重大な支払い遅れがあったとみなされて審査落ちします。

ブラックリストに登録されている場合問答無用で審査落ちるので、債務整理をするイコール今後クレジットカードの審査には落ちるということです。

ブラックリストに載る期間が終わればクレジットカードが作れる

一度ブラックリストに登録されてしまっても、ブラックリストに載る期間が終われば、クレジットカードは作れるようになります。ブラックリストに載る期間は、CICとJICCが5年間、KSCは10年間です。そのため最短で5年後には、クレジットカードが作れるようになります。

ただし債権者によっては債務整理後に返済を完了してから、ブラックリストに掲載するケースもあります。そのため債務整理をしたタイミングではなく、債務整理後完済してから5年後にクレジットカードが作れるようになると認識しておきましょう。

そのため債務整理後完済まで3年かかるのであれば、クレジットカードが作れるようになるのは実質8年後です。クレジットカードを作りたいのであれば、その期間はしっかり覚えておくようにしましょう。

クレジットカードの申し込みをする前に

ここまで債務整理をした後は、クレジットカードがしばらく作れないことを解説してきました。それでは債務整理後クレジットカードが作れるようになったとき、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

まずクレジットカードの申し込みをする前に、信用情報の確認をしましょう。信用情報はインターネットや郵送で確認できます。確認する信用情報機関は、これから申し込みをする会社が登録している信用情報機関です。信用情報機関のホームページには、登録している金融機関が記載されているので、あらかじめ調べてから情報開示をしましょう。

また先ほども解説したように、債務整理の対象になったクレジットカードへの申し込みはNGです。ブラックリストが解除されていても社内ブラックになっている可能性は高いので、これまで申し込みをしていないクレジットカードに申し込みましょう。

債務整理後も信用を積んでおく

また債務整理後も、信用情報を意識しておくことは大切です。ブラックリストに登録されている期間中ただ待っているだけだと、5年間何の情報もない人になってしまいます。長期間取引がないと、ブラックリスト解除後にクレジットカードに申し込みをしても、審査に落ちる可能性があります。特にアルバイトなど社会的ステータスが低い人は、要注意です。

それでは信用を積むためにはどうすればいいのでしょうか。1つの方法としては、携帯電話を分割支払いで購入することです。信用情報がブラックの期間でも、携帯電話の分割支払いなどの審査であれば通る可能性があります。

携帯電話の分割支払いも信用情報に登録されるので、毎月支払いをすれば信用情報に記録が残っていきます。そうすればクレジットカードを申し込むときに、審査に通過する可能性が上がりますよ。

クレジットカードの審査が通らないときに絶対やってはいけないこと

クレジットカードの審査対策をしていても、クレジットカードの審査に通らないことはありえます。債務整理をした人は、一度悪い実績があるので、それを理由に審査落ちする可能性が高くなっているからです。しかしそれにイライラして、絶対にやってはいけないことに手を出してはいけません。

  • 審査に通らない理由をしつこく質問する
  • 複数の会社に同時申し込みをする
  • 申込書に誤字脱字をする
  • 申し込みをするときに虚偽の内容を記載する

このようなことをすると、クレジットカード会社からの心証がかなり悪くなってしまいます。そうなると時間を置けば審査に通っていた可能性があるのに、その可能性をつぶしてしまうこともあります。クレジットカードの審査に落ちたとしても、期間を空けて再度チャレンジしてみましょう。

債務整理後クレジットカードの引き落としをストップさせるには

債務整理の手続きを進めると、金融機関への返済がストップします。しかしクレジットカードの口座引き落としは、手続きのタイミングによっては、手続き後に引き落としをされてしまうことがあります。もちろん引き落とされたお金は返金されるのですが、場合によっては1か月以上かかってしまうことがあります。

こうした事態を防ぐために、クレジットカード引き落とし用の口座からは、事前にお金を引き出しておくといいでしょう。口座にお金がなければ引き落としができないので、誤って引き落としがされることもありません。

債務整理をしているときは生活費の確保も大変なので、細かな点ですが対策をしっかりしておきましょう。

クレジットカードが原因で債務整理を繰り返さないためには

債務整理後クレジットカードを再度作れたのであれば、もう2度とクレジットカードが原因での債務整理を繰り返してはいけません。クレジットカードが原因で2度債務整理をすると、金融機関からの信用がかなり落ちてしまいます。そのため今後一生クレジットカードを作れないという可能性もありますね。

クレジットカードが原因で債務整理を繰り返さないためには、支払いができる分だけしかクレジットカードを使わないこと。リボ払いや分割払いは極力利用せず、一括支払いで支払いができる分だけ使うようにしましょう。また利用明細をチェックして、利用額の把握漏れにも注意しましょう。

債務整理をするとクレジットカードがしばらく使えなくなります。しかし現状支払いができないのであれば、まずは債務整理をして生活を落ち着けることが大切です。債務整理をしても一生クレジットカードが作れないわけではないので、まずは目の前のことに対応することが大切ですよ。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

債務整理で気になる項目を徹底解説!へ戻る

債務整理で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法