オリコ(オリエントコーポレーション)に過払い金請求する際の条件と注意点

「オリコに過払い金を請求したいけど、どうすればいいのか分からない」「オリエントコーポレーションでキャッシングしたけどお金は返ってくるの?」と気になる人も多いのではないでしょうか。

オリコ(オリエントコーポレーション)への過払い金請求は可能です。ですが、オリコは信販会社ですので過払い金を返還してもらうには条件があります。

ここではオリコに過払い金請求をするときの条件や請求時の流れ、注意点などについて解説します。

オリコ(株式会社オリエントコーポレーション)について

株式会社オリエントコーポレーションは1954年に協同組合広島クーポンというクーポン券という形でスタートした会社です。その後、1961年に広島信用販売株式会社を設立し、融資業務を行いました。1974年にオリエントファイナンスと合併、1989年に株式会社オリエントコーポレーションに商号変更し、現在の形となっています。

オートローン(自動車ローン)では日本のトップにある大手信販会社でみずほ銀行や伊藤忠商事が大株主となっている東証一部上場企業です。

過払い金請求による業績悪化がありましたが、みずほ銀行の支援により経営は現在では経営は安定しています。信販業界大手四社(ジャックス、オリコ、セディナ、アプラス)にも数えられている会社です。

そんなオリコですが、過去に借金をしていた方は過払い金請求手続きを取ることで払いすぎたお金を取り戻せるかもしれません。

オリコに過払い金請求する際の注意点

オリコカードでキャッシングを行っていた場合、過払い金請求を行うことができますが、ショッピングの利用がある場合や他のカードを完済していない場合には信用機関に事故情報が載ること(俗にいうブラックリストに載ること)があります。

しかし、信用機関に事故情報が載らない方法もございますし、現在借金の返済に困っている場合には事故情報が載ったとしても過払い金請求を行った方が得をする、ということもあります。ご不明点や不安なことはきわみ事務所の無料相談をご利用ください。

オリコのすべてのカードを完済しているか

オリコカードを完済していたとしても、オリコにはローン専用のアメニティカードやクレストカードのほか、オートウェーブカードやオートバックスカードなどの提携カードもあります。

オリコカード以外のカードをすべて完済していないと信用機関に事故情報が載る(俗にいうブラックリスト入り)ことがあります。

過払い金請求は特定のクレジットカードに対して行うのではなく、オリコに対して行うものですので、オリコ全体で借り入れが残っていないかどうかを確認しましょう。

ショッピング枠に支払いが残っているか

オリコカードのキャッシングを完済していたとしてもショッピング枠に支払いが残っている場合には信用機関に事故情報が載ることがあります。戻ってきた過払い金をショッピング枠の残債務に充当することでゼロになるのであれば事故情報は載りませんが注意が必要です。

また、クレジットカードに対して過払い金請求を行う場合、キャッシングに対する過払い金請求は行えますが、ショッピング枠に対する過払い金請求は行えません。注意しましょう。

オリコが保証会社になっているかどうか

みずほ銀行のカードローンを組んだ場合、オリコが保証会社になっていることがあります。みずほ銀行のカードローンに残債がある状態でオリコに過払い金請求をすると、過払い金と残債務の相殺を主張されることがあり、借金を完済できずに信用情報に事故情報が載ることが懸念されます。

オリコは、みずほ銀行をはじめ多くの銀行カードローンの保証会社をしています。ご相談時には必ず銀行からの借入も申告ください。

オリコに過払い金請求ができる条件

オリコに過払い金請求ができるのは2007年以前に借り入れを開始した方です。

オリコが金利を見直したのは2007年です。それまでは29.2%という金利で貸し付けをしていた時期もありました。そのため、2007年以前にオリコから借り入れをされた方は過払い金請求ができる可能性が高いです。

2007年以降の借り入れに対しては利息制限法の金利上限18%以下で貸し付けを行っていますので過払い金請求はできません。

過払い金請求にかかる費用

きわみ事務所では無料で過払い金調査をはじめることができます(全国対応)。

もしオリコに過払い金が発生していた場合、きわみ事務所なら着手金無料ではじめることができ、回収した過払い金の中から報酬をいただきますので安心です。

過払い金
相談・着手金
過払い金
報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 事務手数料2万円
+基本報酬4万円
+返還額の20%~(税別)

ご不安に思われていること、料金面など丁寧にご説明させていただきます。まずはきわみ事務所までご相談ください。

オリコに過払い金請求する流れ

オリコに過払い金を請求する大まかな流れは

  • オリコから利用履歴を取り寄せる
  • 引き直し計算をする
  • オリコに対して過払い金請求書を送る
  • 電話や直接交渉をする

という流れです。

まず、過払い金が発生しているかどうかを確認するためにオリコから利用履歴を取り寄せる必要があります。利用履歴とは、いつ・どのぐらい・どれぐらいの金利で借りたか・毎月の返済額はいくらかなどが記載された書類です。この書類の最終取引日を確認することで時効が完成していないかもチェックできます。

利用履歴を取り寄せれば次は引き直し計算です。引き直し計算とは、適用金利から実際にどれだけの過払い金が発生しているかどうかを計算することです。この計算は素人でも可能ですが、正確に計算しなければオリコに請求する際に支障をきたします。できれば、専門家に依頼するほうが正確に計算してもらえるのでよいでしょう。

ただし、オリコの開示する利用履歴には1993年以前のものがなく、一部の入金履歴だけが開示されます。この場合、開示されていない取引内容は推定して計算するか、開示があった冒頭で貸付金額を無視してゼロとして計算するしかありません。どちらを行うにしても個人で行うには難しいものがありますので、弁護士に相談することをお勧めいたします。

引き直し計算をして過払い金の総額が分かれば、オリコに対して請求書を送ります。その後、過払金の返還交渉に関しても、オリコ側が多数の過払い金請求をこなしているため素人が行うと返還金を低く抑えられる場合などもあります。

また、オリコに過払い金請求を行ったとしても発生した過払い金の全額回収は難しく、提示額以上を回収しようと思った場合には裁判を行う必要があります。裁判で判決を取ったとしても、控訴される可能性があり長引くことが想定されます。

しっかりと過払い金を取り戻したい場合は弁護士や司法書士などに相談してみましょう。

オリコの概要

商号株式会社オリエントコーポレーション
代表者河野 雅明
ホームページhttps://www.orico.co.jp/
本社所在地東京都千代田区麹町5丁目2番地1
創業1954年
資本金1,500億円
貸金業者登録番号関東財務局長(12)第00139号
弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士:増山晋哉
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • 代表弁護士 増山晋哉
  • 登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。