有楽町駅周辺で過払い金請求に強い弁護士事務所

きわみ事務所は毎月、全国から3500件以上のご相談をいただいている過払い金請求や債務整理が得意な事務所です。 有楽町駅周辺にお住まいの方からも数多くの過払い金請求のご相談を承っております。

きわみ事務所は全国対応で、過払い金や借金問題については何度でも相談無料です。過払い金があるかどうかの確認だけでも無料で行いますのでお気軽にご相談ください。

有楽町駅近辺での過払い金の無料相談できる事務所

弁護士法人きわみ事務所 東京オフィス概要

東京オフィス
弁護士法人きわみ事務所 東京オフィス概要
所在地東京都千代田区神田司町2-7-2
ミレーネ神田PREX 3階
営業時間9:30~18:30(定休日:土日祝日)
社員弁護士竹内 欣士
東京オフィス

弁護士法人きわみ事務所 大阪オフィス概要

大阪オフィス
弁護士法人きわみ事務所 大阪オフィス概要
所在地 大阪府大阪市北区東天満1-10-14
MF南森町2ビル11階
営業時間 9:30~18:30(定休日:土日祝日)
代表弁護士 増山 晋哉
大阪オフィス

過払い金請求にかかる費用

過払い金請求の料金表
過払い金
相談・着手金
過払い金
報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 事務手数料2万円
+基本報酬4万円
+返還額の20%~(税別)

※過払い金返還請求において訴訟を行った場合、返還額の25%をいただきます。過払い金が発生しなければ費用は一切かかりません。

有楽町駅近辺で過払い金請求でお悩みの方は、お気軽にきわみ事務所の無料相談、無料調査をご利用ください。過払い金があるかどうかを計算するだけでしたら無料ではじめられ、きわみ事務所は全国に対応いたします。

有楽町駅近辺の過払い金請求で当事務所が選ばれる理由

事務所によって戻ってくる金額が変わります

事務所を選ぶポイントとして、戻ってくる金額はとても重要な判断基準です。ただ、どこに着目すべきかは難しい問題です。

押さえていただきたいポイントは以下の2点です。

  • 返還率の高さ
  • 報酬率の低さだけに惑わされない

事務所を選ぶポイントは交渉力の高さが重要です。

デメリットやリスクも伝えます

お金が返ってくるといわれている過払い金請求ですが、請求をすることのデメリットもあります。

きわみ事務所では過払い金請求のデメリットをお伝えし、ご納得いただいた上で手続きをすすめていきます。

遠方の方は出張も可能

きわみ事務所では過払い金請求を行う場合には何度でも相談無料です。

また、遠方の場合、状況次第では出張に伺うこともできます。

自分に過払い金があるかどうかわからない、過払い金請求に不安がある、デメリットには何があるか、などご不安な点は無料相談をご利用ください。

過払い金請求のメリット・デメリット

メリット

  • 払いすぎたお金が戻ってくる!

過払い金請求のメリットはなんといっても、払いすぎたお金が戻ってくることです。

過払い金請求はあなたの当然の権利です。時効を迎えてしまい、取り戻せなくなる前にご相談ください。

デメリットとリスク

  • 請求を行った金融業者からの新規借り入れができなくなる
  • ブラックリストに載る可能性がある

過払い金請求を行った金融業者には、今後新規の借り入れができなくなります。しかし、他の金融業者からの借り入れを行うことはできますし、お金が戻ってきているので、もう借金をしないような生活サイクルを作ることも重要です。

ブラックリストに載ってしまう(信用情報機関に異動情報が載ること)のは、現在借金を返済中の方が過払い金請求を行い、戻ってきたお金を借金に充てても借金がなくならなかった場合です。そのため、借金を完済されている方はブラックリストには載りません。

仮にブラックリストに載ったとしても、5年~7年程度で抹消されますし、借金返済中の方が過払い金請求を行うことで大きなメリットもあります。

ブラックリストに載ってしまうと下記のリスクがあると言われています。

  • クレジットカードが使えなくなる可能性
  • 住宅ローンが組めなくなる可能性

しかし、ブラックリストに載るから過払い金請求しない、ではなく、自分にとって過払い金請求をすることでどんなメリット・デメリットがあるかを考えて対応することをおすすめいたします。

きわみ事務所では何度でも無料相談できますので、お気軽にご利用ください。

有楽町駅近辺でも過払い金請求の実績があります

きわみ事務所では月に3500件以上の過払い金請求の相談を受けております。

借金をしている方、借金を返し終わった方、家族や同居人に内緒で手続きを取りたい方、自分では対応できないので相談したい方、などさまざまな方を対応してまいりました。

過払い金請求に強い弁護士が最後まで対応いたしますのでご安心ください。

有楽町駅周辺で過払い金請求をお考えの方は、弁護士法人きわみ事務所までお問い合わせください。

有楽町駅について

東京都千代田区有楽町に位置するJR東日本山手線・京浜東北線、東京メトロ有楽町線の駅。東京駅からは歩いて行ける距離にある。 駅前のビックカメラと有楽町マリオンがシンボルマークの東京国際フォーラム最寄り駅。 ちなみに山手線最後の駅番号(JY30)である。 東京メトロの地下通路は都営三田線/日比谷線/千代田線の日比谷駅とも直結しているが、JRへの乗り換えには一旦道路に出る必要が有る。このため実はJRよりも都営三田線日比谷駅への乗り換えの方が楽だったりする。 京葉線の東京駅ホームとも距離が近く、構造上京葉線ホームが東京駅の他の路線とかなり離れている事から、特例として京橋口のみ有楽町駅から専用の切符をもらう事で京葉線に乗り換える事ができる。ただしこの特例が使えるのは品川方面から来た電車のみであり、さらに京浜東北線で来た場合は後述の大人の事情によりほとんどが有楽町駅を通過するため、一度どこかで山手線に乗り換えなければならないという手間が発生する。 しかし実は、メトロの方は東京国際フォーラムを通じて京葉線と直結した出口も存在するため、皮肉にもJR出口からだと出来ない「有楽町駅(日比谷駅)から雨に一切濡れる事なくJR京葉線に乗り換える事」が可能となっている。ぶっちゃけ地下鉄からの方が乗り換えは優秀である(もっとも有楽町線は京葉線と同じく新木場駅にも停車するのだが…)。 なお京浜東北線は快速は通過するため、日中は同線が使えない。 理由は明確にされてはいないが、ゆりかもめの始点である新橋駅も快速が通過する事からもおそらく臨海副都心を通る路線のライバルである埼玉県民に東京メトロ有楽町線を使わせないためという説が有力。 JRは臨海副都心へのアクセス路線は京葉線ぐらいしか持っていないが、乗り換えの手間を考えればどうしてもメトロの方に軍配があがる上、京浜東北線とほぼ並行して走行する埼京線がりんかい線と直通である事やJRの子会社となった東京モノレールの天王洲アイル駅からもりんかい線に乗り換えられる事からもそちらを使えという暗喩なのだろう…
弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士:増山晋哉
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • 代表弁護士 増山晋哉
  • 登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。