任意整理

任意整理の手続きはどうやって弁護士に依頼したらいい?

任意整理の手続きを行う上で、弁護士の力は大きく影響します。

弁護士を決める際に重要なのは、任意整理に限らず、債務整理の経験があったり実績を持っていたりする弁護士を選ぶと良いでしょう。経験がある弁護士の場合、債権責任者との交渉がスムーズに進む場合が多いからです。

この記事では、任意整理における弁護士の役割と依頼をするメリットを説明しています。

任意整理で、弁護士を探されている方や専門家への依頼に不安を抱えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

任意整理における弁護士の役割

任意整理における弁護士の役割は、手続きと交渉の代理人を務めることです。

任意整理では、債権責任者と直接和解交渉して、返済計画を立てます。

その際の和解交渉や各種必要書類の準備や手続きを行ってくれます。

貸金業者への取引履歴の開示請求などもスムーズで、なかなか時間が取れない人や債務整理の知識がなく自分自身で手続きを行うことに不安がある人の代理人となってくれます。

弁護士に依頼するメリット

①取り立てが止まる

お金を借りているのにもかかわらず、返済が滞っている場合は、督促の通知や連絡が切るかと思います。貸金業者からの激しい督促が、債務者にとって、大きな精神的ストレスになります。

しかし、任意整理の手続きを専門家へ依頼すれば、督促がストップします。

弁護士または司法書士が、債務者からの依頼で代理人を引き受けた時、債権責任者へ通知(受任通知)を送ります。その後和解成立までの間は、返済を中断することになるため、貸金業者は債務者へ督促することができないのです。借金に追われて、将来の生活や今後の支払いに関して不安を抱えている方も多いでしょう。督促が止まるだけでも、精神的ストレスの緩和になります。きちんとした道筋と返済計画を立て再建していくには、専門家への相談・依頼は有効です。

②手続きがスムーズ

借金減額の交渉の為には、貸金業者へ取引履歴や開示請求、引き直し計算などが必要になってきます。どちらもインターネットを利用して、自力で進めることができますが、日々の日常生活の隙間時間に行うことになります。不明点などが出てきた場合、自分自身ですべて調べて解決しなければなりません。

債務者自身の手間と時間を要します。

専門家への相談し依頼することで、精神面でも時間の負担を感じずに、任意整理を進めることが可能です。

③家族や知人に内緒で手続きできる

家族に内緒にしている借金である場合、任意整理を行ったことも隠しておくことができます。家族に知られる原因として、貸金業者からの郵便物であることが多いです。専門家への依頼で、督促がストップしますし、自宅に業者から連絡がいくこともありません。また弁護士に相談する際に、家族や知人に知られたくない旨を伝えておくことで、協力してくれるのも安心できるポイントです。

④長期返済が可能になる

任意整理では、基本的に分割払いで、生活に支障が出ない程度の金額をコツコツ返済していくようになります。和解した後、平均で3年間(36回)、場合によっては5年間(60回)の返済計画が組まれます。予定外の大きな出費や病気・ケガによる返済ができなくなってしまった場合などにおいても、毎月の返済を滞らせないための対応がとられます。そのため、減額された借金を長期にわたって確実に返済していくことが可能です。

司法書士よりも弁護士のほうが良いわけ

①140万円を超える借金も取り扱いができる

司法書士の場合は、「司法書士は、140万円以下の事件しか取り扱えない」という制限があります。

司法書士は、1社から140万円を超える借入があると、その業者との交渉には対応できません。

弁護士のにはそのような制限がないため、いくらの借金があっても任意整理の代理人が務められます。

②個人再生や自己破産にする場合も対応可能

任意整理の手続きを進めていく中で、借金を整理しきれない時の対応として、自己破産や個人再生の手続きをする必要があります。

司法書士は、自己破産や個人再生の「書類作成代理」として、申立書などの書類を作成する業務のみ認められています。

弁護士のように、きちんと裁判の代理権が認められるので、 裁判所への審尋に出席してもらうことも可能です。万が一の借金の整理の際に、いろいろな対応や手続きができることは弁護士への依頼の利点です。

併せてチェック!

専門家への相談に対する不安

弁護士への相談は、なんとなく精神的にハードルが高いような気がする方も多いのではないでしょうか。「弁護士事務所に行くのは初めて」という方は、なおさら不安になりますよね。

しかし、借金の相談に来る方は多くいらっしゃいます。「硬い雰囲気があって近づきにくい」「難しい話をされそう」など、さまざまな不安を抱えていらっしゃる方に対して、話しやすいように心がけている弁護士もたくさんいます。

初めての方でも相談しやすいように、無料相談を明確に表示している事務所も多いです。弁護士事務所に行く前に、一度無料診断や無料相談を行ってみてはいかがでしょうか。

和解成立後の支払いについて

任意整理を弁護士に依頼すると、受任通知を各債権責任者に発送します。

その後債権調査を行い、当事務所とご依頼者様とで具体的な返済方法や返済計画を話し合って決めます。その返済計画に沿った形で各債権者との直接和解交渉が始まります。

和解による債権者への返済は、依頼を受けてから,訳半年後(6ヵ月後)には開始するのが一般的だといわれています。

おわりに(まとめ)

任意整理における、弁護士の役割とメリットをお伝えしました。

一人で借金を悩むより、専門家に相談することで、精神的にストレスがなくなります。

弁護士に対してのイメージで、相談することにハードルを感じている方も、

無料相談やお問い合わせから、今の状況を伝えてみてはいかがでしょうか。

その人の状況にあった的確な返済アドバイスで、解決策を提示してくれるはずです。

専門家への相談することよりも、返済を滞らせてしまっている状況の方が、自分自身を追い込むことになりかねません。法の下、きちんとした返済プランで、自身の借金返済と向き合っていきましょう。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

任意整理で気になる項目を徹底解説!へ戻る

任意整理で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法