任意整理

任意整理後の生活とは?

借金の返済に悩み、弁護士に相談後任意整理を行うことになりました。手続きと和解交渉が無事終わった後、具体的にどのように返済していくのでしょうか。また、任意整理後の生活は、どのようにへんかするのでしょうか。この記事では、返済計画が決まった後の借金の支払いと、任意整理後の生活における制限に関して解説しています。ぜひ参考にしてください。

目次

任意整理後借金の支払いについて

任意整理後の支払いは、和解した返済計画に基づいて行っていきます。

任意整理の手続きを依頼すると、一旦督促・返済はストップします。

再開するのも、和解交渉で決めることが可能です。

決められた和解の返済計画の下、毎月コツコツと返済していくことになります。

一度任意整理で決まった返済計画は、変更することがほぼほぼできません。

万が一の予定外出費も考慮し、家計を組んでいくことが大切です。

併せてチェック!

任意整理後生活する上で制限されること

債務整理の中でも任意整理は、個人再生や自己破産に比べて、制限が少ないといわれています。 実際に、どのような制限があるのか見ていきましょう。

①クレジットカードやローンについて

任意整理をした場合、信用情報機関に5年間、事故情報として記録されます。

事故情報が掲載されると、クレジットカードの審査が通らない、つまり新しくカードの発行ができないということになります。

②生命保険

生命保険にも、加入することは可能です。

支払いは、毎月分割払いですが、借入ではないため問題ありません。

また生命保険会社は、信用情報機関の情報を確認することができないため、任意整理後でも加入はできます。

③引っ越し

任意整理の手続きをした後、賃貸借契約を結ぶことは可能です。

信用情報機関に登録してある事故情報は、銀行やクレジット会社などの金融機関のみ共有されます。

つまり不動産業者は、信用情報機関に登録内容を照会することは出来ません。

そのため、入居時の審査には影響を及ぼすことはありません。

ただし、家賃の支払いをクレジットカード決済でしか利用できない、または保証人を保証会社にする際は、信販系の保証会社を利用している場合があります。その場合は、審査が通らない可能性もあります。

④子供の奨学金

子供がいる家庭の場合、少額金を利用して進学するとなると、連帯保証人にはなれません。

信用情報機関に登録されている事故情報が共有されるので、保証人の適格が欠けていると判断されてしまいます。

任意整理後の返済を滞納した場合

まず、委任契約があるかないかによって変わります。

和解が成立した後も、委任契約という契約が続いている場合は、

業者から直接督促が来ることはありません。貸金業者によって、再和解の交渉も可能です。

しかしほとんどの場合が、再和解ができません。

一方和解が成立した後、専門家との委任契約が終了している場合は、業者から直接督促が来ます。

再度の和解交渉が上手く行かず、一括で支払えないといって放置しておくと、裁判を起こされ財産を差し押さえられてしまう可能性もあります。

その場合は、早めに再度専門家に相談するようにしましょう。

返済計画は、無理なく支払えるように、双方の任意の下で決まります。

支払いを滞納しないことが前提です。注意しましょう!

また、万が一の予定外出費にも対応できるように、貯蓄をしておくことも大切です。

おわりに(まとめ)

任意整理の場合、生活に支障が出るほどの制限は、他の債務整理に比べて少ないです。

また、周囲に知られないようすることも可能です。

借入で失敗したことを繰り返さないよう、

計画的な返済と家計のやりくりを行うように心がけましょう!

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

任意整理で気になる項目を徹底解説!へ戻る

任意整理で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法