任意整理

任意整理完済後の信用回復にはどれくらいかかる?

任意整理を無事終えて、晴れて借金がなくなり安心している方もいるでしょう。しかし、「借金があった」という情報は、実はさまざまな機関で記録として残ってしまうのです。

それでは、借金の事実はいつまで残るのでしょうか?借金を完済したあとの信用情報について、解説していきます。

目次

任意整理にて借金完済後の信用回復期間

任意整理の手続きを終え、借金を完済後、どのくらいの期間で信用回復できるのでしょうか。

目安として、完済後から「5年」と言われています。

この完済後の「5年」は、債務整理を行った記録が、さまざまな機関で情報が共有されます。

この情報がデータベースに残っていることで、完済後いくつかの制限がかかり、その制限が軽減されるまで5年の期間がかかるといわれています。

返済の期間

任意整理の完済までに、どのくらいの期間がかかるのか、おさらいしておきましょう!

任意整理では、一般的に「3年間(36回払い)」で完済する返済計画で和解することが多いです。

毎月払いで、コツコツと返済していけるのは、任意整理の特徴でもあります。

しかし、返済を3年にした場合、月々の支払いの金額が苦しくなるという方もいらっしゃると思います。そういった個人の状況によって、5年に延長することが可能です。

また、5年でも返済が難しい場合は、債権責任者との交渉で、7年や10年に伸ばせるケースもあります。返済が無理なくできる期間と金額を交渉の際にきちんと伝えておくことが大切です。

任意整理による生活の制限は事故情報が登録されているから

任意整理にかかわらず債務整理をすると、各種ローンやクレジットカードの利用ができなくなります。このように、制限がかかることをブラックリスト状態といいます。

ブラックリスト状態になると、「信用情報機関」に「事故情報」として履歴が残ります。

①信用情報機関に登録される期間

信用情報機関に登録された事故情報は、一生残るわけではありません。債務整理の場合で、最低5年たてば信用情報機関のデータベースから削除されます。(自己破産のみ、官報情報は10年残ります。)

つまり、事故情報が削除された後は、制限がなくなります。

各種ローンやクレジットカード発行の審査の際に共有される「信用情報機関」に、事故情報がないため、審査が通るということです。完済後から5年が経過し、事故情報が消えれば、新たに借り入れをしたりクレジットカードの申し込みをしたりといったことが可能です。

再度、借金を債務整理しなければいけなくなるような使い方は避け、計画的に収入の範囲内で利用するようにしましょう。

②クレジットカード会社などの「社内ブラック」

債務整理をすると、「信用情報機関」とは別に、クレジットカード会社や消費者金融の社内にあるブラックリスト「社内ブラック」に登録されます。

この「社内ブラック」がは、信用情報機関のように事故情報の登録に期間があるものでなく、半永久的に残るものです。これは完済したからと言って、削除してもらえるわけではありません。そのため、一度債務整理をした金融機関からは、二度と借り入れができなくなると思ってください。また、社内ブラックは同じグループ企業内でも共有されるため、グループ会社からの借り入れやクレジットカードの発行も難しくなります。注意しましょう!

信用情報機関に情報がある期間の注意点

任意整理から借金の完済後、5年間は「信用情報機関」に掲載されることになります。

そのため、ローンが組めなかったり、クレジットカードが発行できなかったりといった制限があります。その他にも、「奨学金の保証人」になることができません。

お子さんがいる家庭である場合、奨学金を利用して進学をする際には、別途債務整理をしていない人でないといけません。

任意整理など、家族に内緒で手続きをしている場合は、知られる可能性もあります。

知られたくない場合は、奨学金の保証人を事前に違う人にお願いしておくなど、対応が必要になります。

おわりに(まとめ)

任意整理をはじめ債務整理で借金を減額し、毎月返済することになると、社会的信頼はほかの人と比べ低くなります。一般的に信用情報機関の情報がデータベースから削除されるまでに5年間かかります。

信用情報機関のデータが消えたとしても、各種企業の社内ブラックにはデータが残ります。一度、債務整理をした企業からは、グループ会社であっても再び借入することはできません。

完全に信頼が回復するわけではありませんが、借金をきちんと返済する上で、債務整理を利用することは一つの手です。督促や取り立てに一人で悩む前に、一度専門家へ相談してみましょう。解説策を一緒に考えていくことが、債務者にとって、良い方向へ風向きを変えるきっかけにもなりますよ。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

任意整理で気になる項目を徹底解説!へ戻る

任意整理で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法