任意整理

早めの任意整理なら360万の借金が不安定な収入で完済可能!

任意整理は過去の過払い金を調べることから始まります。自分では気が付かない支払い過ぎた利息を元本に充てることで借金自体が減るのです。そして、任意整理を依頼した弁護士が消費者金融などと交渉し、返済期間の延長などを交渉します。返済期間は3年から5年が一般的です。
交渉が成立すると、消費者金融などと「和解調書」という契約書を作成します。その後は和解調書に従って返済し、完済に向かうことができるのです。

目次
  1. 1. 債務整理がうまくいく人・いかない人
    1. 1.1. うまくいく人は行動が早い
    2. 1.2. 考え込むと決断が遅れる
  2. 2. 任意整理で借金地獄から脱出しよう
    1. 2.1. 専門の弁護士を探そう
    2. 2.2. 隠し事は絶対ダメ
    3. 2.3. 手続は簡単
    4. 2.4. 完済に向けて返済しよう
  3. 3. 任意整理にはこんなメリットがあります
    1. 3.1. 借金の支払額を減らせます
    2. 3.2. 裁判所を通しません
    3. 3.3. 整理対象の債権者を選べます
    4. 3.4. 借金返済を止めることができます
  4. 4. 任意整理を使う時はここに注意
    1. 4.1. ブラックリストに載ります
    2. 4.2. 返済期間は3年から5年
    3. 4.3. 和解後の滞納は強制執行の可能性があります
    4. 4.4. 任意整理には費用がかかります
  5. 5. 任意整理を成功させるポイント
    1. 5.1. 1.決断を早くする
    2. 5.2. 2.口座残高をゼロにする
    3. 5.3. 3.専門の弁護士を探す
    4. 5.4. 4.任意整理後の悩みはすぐ相談
  6. 6. 【事例1】任意整理で複数社の多重債務が1社だけに
    1. 6.1. 8社で400万以上の借金が・・・
    2. 6.2. 任意整理ですべて解決
    3. 6.3. 返済相手は1社だけ!
  7. 7. 【事例2】任意整理で360万の借金が半分の180万
    1. 7.1. 体調不良による収入減が360万の借金に・・・
    2. 7.2. 任意整理で問題解決
    3. 7.3. 意外と多かった過払い金
    4. 7.4. 計算し直したら借金は半減
  8. 8. 【事例3】任意整理の相談から340万の過払い金が判明
    1. 8.1. ギャンブルで溜まった借金は400万・・・
    2. 8.2. 悩んだ末に任意整理
    3. 8.3. 払い過ぎがあったなんて…
    4. 8.4. 返済どころか340万も返金されました
  9. 9. 【事例4】任意整理でこんなに借金が減ります
    1. 9.1. 家族に内緒の借金が360万に・・・
    2. 9.2. 弁護士って怖いと思ったけど・・・
    3. 9.3. 安心して全て任せました
    4. 9.4. 任意整理で借金が約半分に!

債務整理がうまくいく人・いかない人

任意整理に限りませんが、債務整理がうまくいく人と行かない人には特徴があります。債務整理がうまくいく人は行動が早く、そして1人で悩まず他人に相談できる人です。
これに対し、債務整理がうまくいかない人は自分だけで悩んでしまい、決断が遅くなります。そして、どうしようもなくなってから相談するので弁護士も打つ手が限られてしまうのです。

うまくいく人は行動が早い

任意整理は整理対象の債権者を選べたり、裁判所を通さなかったりできるメリットがあります。しかし、返済期間は3年から5年と限られるため、大きな債務には適用できません。
そのため、任意整理は早めの行動が必要です。早めに相談することで借金が増える前に手を打つことができます。返済が厳しいと思ったら、すぐプロに相談する人が任意整理を成功させているのです。

考え込むと決断が遅れる

これに対し、決断が遅いと任意整理をすることができなくなることがあります。なぜなら、返済期間が限られるため、その期間内に返済できる金額に限定されるからです。
そのため、悩んでいるうちに利息が利息を生み、借金が増える悪循環に陥ります。こうなると弁護士に相談しても任意整理では対応できません。結局、自己破産を選択するしかなくなってしまうのです。

任意整理で借金地獄から脱出しよう

任意整理は債務整理の中でも、自分の負担が少ない方法のひとつです。裁判所などへの出頭が必要ないので、弁護士に任せ切ることができます。そのため、家族や職場に一切秘密にして手続を進めることが可能です。

任意整理は返済期間が3年から5年と限定されるので、大きな借金の整理には向きません。しかし、返済が厳しくなり、生活に支障が出てきたと思ったときなら間に合います。借金地獄にハマってしまうと大変です。その前に債務整理で手を打ちましょう。

専門の弁護士を探そう

任意整理は弁護士に依頼することが多いです。ただ、弁護士なら誰でもいいわけではなく、債務整理を専門とする弁護士に依頼する必要があります。
最近はこのような弁護士がネットで広告をしていることが多くなりました。特に弁護士会などに問い合わせをする必要はありません。
また、全国的に展開している法律事務所もあります。経験とノウハウがあるので、より有利な条件で任意整理をすることができるかもしれません。

隠し事は絶対ダメ

任意整理を弁護士に依頼すると、最初に相談があります。弁護士の相談料は通常有料ですが、債務整理の場合は無料としている場合が多いので安心してください。

相談の際には自分が背負っている借金、職業、収入などを全て話すことが大切です。言いたくないことがあるからと隠し事をすると、弁護士が正しい判断ができません。

もちろん、借金の話はできるだけ他人には言いたくないでしょう。でも、弁護士はお医者さんと同じです。全てを説明することでベストの方法を探り当てることができます。

手続は簡単

任意整理を弁護士に依頼すると自分は特にすることはありません。待つだけです。任意整理を依頼すると、弁護士は消費者金融などに通知をして督促などを全て止めさせます。そして、毎月の返済もストップするように弁護士から指示があるはずです。

こうすることで任意整理の対象になる金額を確定させます。そして、消費者金融に対し取引履歴を開示させ、過払い金がないか調べるのです。

完済に向けて返済しよう

こうして任意整理の下準備が終わると弁護士が消費者金融と交渉します。こうして交渉することで返済計画、つまり和解案が決まるのです。
返済計画が決まると弁護士から連絡があり、法律事務所に行きます。計画通りでよければサインをして実印を押すことで和解案が成立します。この計画通りに返済すれば完済とする和解をするのです。
3年から5年という期間は、返済してしまうと意外に短く思えるものです。頑張って返済を続け、完済というゴールに向かっていきましょう。

任意整理にはこんなメリットがあります

任意整理は、債務整理の中でも依頼者の負担が少ないメリットがあります。裁判ではなく話し合いによる債務整理なので、手続が面倒ではないためです。このメリットにより、他の債務整理に比べると自分の手間が省け、費用が少なく済みます。

また、「任意」という言葉通り自分の都合のいい債務整理をすることも可能です。例えば、住宅ローンの返済を続けつつ消費者金融だけ整理するということができます。このような選択ができるのも任意整理のメリットです。

借金の支払額を減らせます

任意整理は債務整理なので借金の返済額が減ることは当然です。また、返済期間を無理のない範囲内で引き延ばすことで毎月の支払額を減らします。借金の減額と返済期間を延ばすことで無理なく完済に導くことができるのです。
今まで借金返済のために昼食を抜いてまで返済資金を工面していた人もいます。そんな人も任意整理をすることで「普通の生活」に戻ることができるでしょう。顔色が明るくなり周囲の人に「いいことあったの?」と聞かれることも少なくありません。

裁判所を通しません

任意整理は法律による債務整理ではありません。自己破産や個人再生は法律による債務整理なので裁判所を通す手続きが必要です。しかし、任意整理は裁判所を通さないので出頭の必要はありません。
仕事を持っているサラリーマンの方にとって、このメリットはかなり大きいのではないでしょうか。もちろん弁護士の手間がかからないことから費用もリーズナブルです。

整理対象の債権者を選べます

任意整理は「任意」という言葉どおり、自分と債権者である消費者金融との交渉で債務整理をします。そのため、自分が決めた相手とだけ交渉をすることも可能です。

住宅ローンのような担保がある借金を債務整理の対象にすると自宅から追い出されます。職場で借りた社内借入金などを債務整理すれば職場にいられません。しかし、任意整理なら「不都合な」借金はそのままにすることができます。
このように任意整理は「何事もなかった」ように債務整理ができるため、他人にバレにくいのです。

借金返済を止めることができます

任意整理がスタートすると、借金返済を一時的に止めるように指示されます。これは、債務整理をするにあたり債務金額を確定する必要があるためです。
しかし、これには副次的な効果もあります。
借金返済が止まるので毎月の返済資金が浮くのです。この資金を弁護士費用に充てる人は少なくありません。任意整理で決まった返済がスタートする頃には弁護士費用は完済しています。

任意整理を使う時はここに注意

ただし任意整理もメリットばかりではなくデメリットもあります。任意整理をするにあたってはこれらのデメリットも忘れてはいけません。もし、これらのデメリットが無視できないならば別の方法を考える必要があります。

ブラックリストに載ります

任意整理をすると相手の消費者金融は信用情報機関に「事故情報」を載せます。つまり、「ブラックリスト」と言われる状態になるのです。このことは消費者金融と契約をした際に承諾しているはずですから文句は言えません。

また、ブラックリストに該当するとクレジットカードなどの審査に通りません。無理を承知で申込んでも門前払いにあいます。信用情報機関でブラックリストを確認すると、問答無用で否決するためです。

また、クレジットカード会社は更新の際に信用情報機関にデータを照会しています。この際、ブラックリストの状態になっていることがわかると更新してくれません。つまり、任意整理の対象外のクレジットカードまで使えなくなる可能性が高いのです。

返済期間は3年から5年

任意整理は借金返済までの期間を延ばすことで返済額を減らします。こうすることで返済しやすくなる点がメリットです。

しかし、無条件に伸ばしてくれることはありません。任意整理での交渉は3年から5年が一般的です。そのため、借金の金額が大きすぎると任意整理は使えません。任意整理では対応できない借金であれば自己破産等を検討することになります。つまり、任意整理の対象とできる金額は、自分の返済可能額に左右されるのです。

和解後の滞納は強制執行の可能性があります

任意整理は交渉後に「和解調書」を作ります。この調書は一種の契約書で、完済までの返済スケジュールが決められているのです。
ただ、任意整理は相手の消費者金融にとって負担です。そのため、見返りとして返済が遅れた場合には強制執行できる条項を入れています。
通常、返済が遅れてもすぐに給料の差押をされることはありません。裁判所で滞納になっていることを確認してもらってから差押をするのです。
しかし、任意整理後に滞納をすると即座に給料の差押をされかねません。

任意整理には費用がかかります

任意整理は弁護士に依頼をします。最初の相談は無料のことが多いですが、依頼をすると費用の支払が必要です。
任意整理開始後に一時的に返済は止まります。その間に支払をすることは可能ですが、無料ではないことは知っておくべきでしょう。

任意整理を成功させるポイント

では、任意整理を成功させるポイントは何でしょうか。
次の4点を意識するだけで成功する可能性がかなり上がります。

1.決断を早くする

任意整理はスピードが大切です。返済期間が3年から5年と限定されていることから多額の借金には対応できません。そのため、返済しきれないほど多額になる前に決断することが必要です。
返済がきつくなってきたり、収入が減ってきたりしたと思ったら決断の時と言えるでしょう。

2.口座残高をゼロにする

任意整理をすると一時的に返済をストップする必要があります。しかし、消費者金融によっては引落を止められないかもしれません。また、銀行系カードローンの場合は引落口座を凍結して回収しようとします。
この問題を避けるために、任意整理の前に返済口座の残高をゼロにすることが必要です。また、公共料金などの引落を変更するかコンビニ払いにするかの対応も欠かせません。

3.専門の弁護士を探す

任意整理は弁護士に依頼することが一般的です。しかし、弁護士なら誰でもいいわけではありません。
餅屋は餅屋という諺がありますが、弁護士にも専門分野があります。専門外の事件はうまく対応できないかもしれません。そのため債務整理を専門としている弁護士を探すことが大切です。
また、依頼する弁護士には自分のプライベートなことを全て話す必要があります。最初の相談で「この人は合わない」と思ったら変更することも必要かもしれません。

4.任意整理後の悩みはすぐ相談

任意整理のゴールは、話し合いが終わった時ではありません。完済するまでが任意整理です。
もし、完済までに返済が厳しくなったりすることがあったらすぐに相談することは欠かせません。このような相談を気軽にできる弁護士を探すこともスムーズに成功させるコツです。

【事例1】任意整理で複数社の多重債務が1社だけに

一時的に借りたカードローンの返済に困り、他社借入を繰り返した結果8社の多重債務になった方がいたとします。俗にいう「自転車操業」です。
でも、任意整理の相談の際に過払い金の存在が判明し、債務が圧縮されたのです。そして、8社のはずの借入が一気に1社まで減らすことができました。

8社で400万以上の借金が・・・

カードローンの返済に苦慮し、他の金融業者に頼っていました。
しかし、気が付いたら借りた業者は8社に膨れ上がり、絵に描いたような多重債務者です。収入はそれなりにあっても返済額が多く、母の介護も重なり残額が減りません。困った挙句、弁護士事務所の門を叩きました。

任意整理ですべて解決

気さくな弁護士が相談に乗ってくれました。
現状をありのまま話してくださいと言われたため、8社の借金について説明しました。一緒に持って行った返済明細を見ていた弁護士が「払い過ぎじゃないかなぁ」と一言。
最初は意味が分からなかったのですが、どの消費者金融も利息を取り過ぎていたようです。弁護士から「過払い金」という言葉の意味を教えてもらいました。

返済相手は1社だけ!

弁護士から次に連絡があったのは、確か2か月後でした。
弁護士事務所で過払い金がかなりあり、8社のうち7社は返済額がなくなったとの説明がありました。
そして、残りの1社に対して3年間返済を続けてくださいと説明されたのです。
返済額が減るであろうとは思ったのですが、8社が1社になるとは夢にも思いませんでした。さすがにびっくりです。
任意整理を決断して正解でした。

【事例2】任意整理で360万の借金が半分の180万

もともと収入が不安定でしたが、体調不良で仕事を休みがちになりました。そして、生活費に困った挙句、以前申し込んだカードローンで補填したのです。
職場復帰してからやっと返済を開始できました。しかし、返済額が多すぎて返済が滞るようになり生活も苦しくなってきたのです。
こんな悪循環を断ち切ってくれたのが任意整理です。早めの相談がよかったと弁護士には言われホッとしています。

体調不良による収入減が360万の借金に・・・

不安定な収入の私が仕事を休むようになれば収入が減ります。体が資本の肉体労働なので体調不良は致命的です。
でも会社は特にサポートしてくれるわけではありません。
しかし、毎月の生活費は減ってくれません。それどころか治療代が必要なので支出は増える一方です。
こうして、360万という多額のカードローン残高になってしまいました。

任意整理で問題解決

困った挙句ネットで調べた弁護士事務所に相談したところ任意整理を勧められました。自己破産をしなくても債務を減らすことで現実的な返済額にできると言われたのです。
藁にもすがる思いでお願いしました。

意外と多かった過払い金

弁護士に借金の明細を見せたところ「過払い金がありそうですね」と言われました。要するに消費者金融が利息を取り過ぎているのではないかと判断されたようです。
実際に計算してもらったところ過払い金があることがわかりました。
過払い金は借金の元本返済に充てることができます。弁護士からは借金が減るでしょうと言われました。
ホッとして自宅に戻ったことを覚えています。

計算し直したら借金は半減

最終的に弁護士と消費者金融が話し合いで決着した債務残高は190万。ほぼ半額です。
過払い金を減額するだけで債務が減りました。でも、交渉の過程でさらに減額させこの数字になったようです。任意整理を決断して助かりました。今後は体調管理をしっかりして完済に向けて頑張ります。

【事例3】任意整理の相談から340万の過払い金が判明

パチプロを目指した私は会社勤めを始めてもパチスロをやめられませんでした。カードローンの利用残高が増えていくのに気が付かなかったのです。
確かに勝てる時は大きく勝ちました。でもそれ以上に負けが多かったのです。結局、負けた部分をカードローンで補填していました。
そのため、返済できるときは返せますが、負けが続くと返せません。会社の給料は生活費に消えるので返済資金はパチスロで勝つしかなかったのです。
しかし、そんな生活が長続きするわけがありません。
カードローンの限度額である400万円に達した時、なんとかしなければと悟りました。

ギャンブルで溜まった借金は400万・・・

その頃の私はパチスロのみならず競馬にも凝っていました。しかし、軍資金はカードローンで借りて勝ったら返せばいいという甘い考えだったのです。
派手な生活だったこともあり、会社の給料をカードローンの返済に充てることはできませんでした。
しかし、カードローンの限度額に達したらそれ以上借りることはできません。困った私はネットで弁護士の無料相談を見付けました。ただ、最初は「そんなことしなくても・・・」と思ったことも事実です。

悩んだ末に任意整理

ただ、カードローンの返済ができず督促状が届いた時に腹を決めました。いつまでもこんなことは続かないことは明らかです。
ネットで見た弁護士事務所に相談することにしました。

払い過ぎがあったなんて…

弁護士は私と同じ年代の人でした。自分の親のような人だと嫌でしたが、友達に相談するみたいな感じで気楽です。
まず、生活を変えて返済資金を作る必要があると言われました。また、カードローンの明細を確認して「利息がかなり多いなぁ」と驚いていたことを覚えています。
何のことかわからなかったので聞いたところ、消費者金融が利息を取り過ぎているとのことでした。きちんと許可を取っている業者にそんなことがあるとは驚きです。

返済どころか340万も返金されました

結局、任意整理どころか340万円の返金があるということがわかりました。最初は何かの間違いではないかと思ったのですが、説明を受けて納得です。
何も知らないまま返済を続けていたら取られ損だったでしょう。弁護士に相談してよかったです。今後は生活を引き締めて借金ではなく貯金を作れるようにがんばります。

【事例4】任意整理でこんなに借金が減ります

家族に内緒でカードローンを申し込みました。職場の同僚や部下との飲み会でお金が必要な時があったからです。
返済は自分の小遣いですればいいと思っていましたが、子供の教育費で小遣いは減額されました。これでは返済できません。
悩んだ挙句、弁護士に任意整理を依頼したところ、なんと借金残額が半分まで減ったのです。

家族に内緒の借金が360万に・・・

家族に内緒で申込んだカードローンの残額が360万にもなるとは思っていませんでした。足らない時は借りればいいと気楽でしたが、返済ができなければ残額が増える一方です。
家族に内緒で申込んだカードローンで返済がきつくなったなんて誰にも言えません。どうしようかと思い相談したのが弁護士です。

弁護士って怖いと思ったけど・・・

最初は弁護士って怖い人だと思っていました。恐る恐る法律事務所の扉を開けたことを覚えています。しかし、担当の弁護士は私より若干若い人で、明るいイメージの人でした。怖いというイメージはなかったです。
自分の現在の状況を説明し、カードローンの明細を見せました。
1時間ほどの相談時間でしたが、あっという間に終わったような気がします。

安心して全て任せました

私の説明を聞いた弁護士はパソコンにデータ入力し、方針を説明してくれました。今までの生活を変えることを条件に、現実的な返済可能額に借入の契約を変えてくれるそうです。説明を聞いてホッとしたことを今でも覚えています。
この人に全て任せようと決めました。他に選択肢がなかったからということもありましたが、信頼できると思ったからです。

任意整理で借金が約半分に!

弁護士は任意整理という方法で債務整理をしてくれました。家族に内緒で債務整理ができる方法です。弁護士とのやり取りはメールだけで電話は一切ありませんでした
ある日、メールで実印を持って事務所に来てくださいと連絡がありました。事務所に行くと和解調書という書類があり、今後の返済計画が載っていたのです。借金の金額が半分になり、現実的な支払額になっていました。
説明を受け実印を押した瞬間、私の悩みはすべて消滅したのです。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

任意整理とは何かわかりやすく解説!任意整理の条件と流れについてへ戻る

任意整理とは何かわかりやすく解説!任意整理の条件と流れについて

借金問題の解決方法