過払い金

アコムへ過払い金請求!大手消費者金融への請求の流れ

「アコムに過払い金を請求したいけど、どうすればいいのか分からない」「注意点ってあるの?」と気になる人も多いのではないでしょうか。

アコムは、有名タレントを起用したテレビCMで積極的に宣伝も行っている、多くの人が利用している聞きなれた大手消費者金融の一つで、三菱UFJファイナンシャル・グループの連結子会社です。アコムへの過払い金請求は可能ですが、できる場合とできない場合があります。条件によっては過払い金請求ができないこともあるので注意が必要です。

ここではアコムに過払い金請求をするときの条件や請求時の流れ、注意点などについて解説します。

目次

アコムに過払い金請求ができる条件

アコムに過払い金請求ができる条件は大きく分けて「2007年6月18日までの借入をしていたこと」「キャッシング枠で利用していたこと」の2つです。基本的にこの2つの条件を満たしていなければ過払い金請求をすることはできません。

もっとも、借入当時の状況や返済状況によっては請求が認められる場合もあるので、気になる人は専門家に相談しましょう。

アコムにおける過払い金が発生する仕組み

アコムからの借り入れで過払い金が発生する仕組みは、大きく分けて3つあります。基本的に、この3つの条件を満たしていれば、過払い金請求をすることが可能です。各詳細を確認しておきましょう!

過払い金請求が可能な借り入れ時期

条件の1つ目は、借り入れの時期です。具体的には、「2007年6月18日までに借入をしていた」ということが重要です。2007年6月18日と特定されているのは、この日を境にアコムは金利の見直しを行ったからです。

しかしアコムでは、2007年(平成19年)6月18日を境に、違法な金利27.375%から利息制限法内の適正な金利18%に変更されました。つまり、この27.375%という高金利でアコムに返済をされていた場合には、あなたは過払い金対象者です。

アコムマスターカードの利用

アコムでは、アコムからの一般的な借り入れと、アコムマスターカードで借り入れしている場合とあるかと思います。アコムのカードでは「ACカード」が有名です。アコムカードの中で、過払い金が発生する代表的なカードともいわれます。

これらのカードで「キャッシング枠を利用していた人」がポイントになります。アコムのカードローンには、ショッピング枠とキャッシング枠の2種類がありますが、基本的に過払い金の対象になるのはキャッシング枠での利用です。アコムではキャッシング枠の方がショッピング枠よりも高い金利が適用されていたため、過払い金が発生している可能性が高くなります。

しかし、「2007年6月18日以降にアコムならびにアコムマスターカードで借り入れした方」、「アコムや三菱UFJ信託銀行などが出資したDCキャッシュワンから借り入れした方」は、利息制限法で定められた上限金利内の借り入れとなるので、過払い金が発生しません。

借り入れ金額と返済回数

過払い金の金額は、借り入れ金額と返済回数によって変わってきます。

借り入れ金額が大きく返済の回数が多いと、その分の利息を支払っている為、過払い金も大きくなります。特にリボルビング払いをしている方は、返済の回数が大きくなるので、過払い金が多く発生する可能性が高いです。

金利を変更した年 金利の上限
1987年 36.500%
1988年 32.850%
1989年 29.200%
1995年 28.470%
1997年 27.375%
2007年 18.000%

アコムにおける過払い金請求をする際の注意点

アコムをはじめとした消費者金融の過払い金請求に限らず、過払い金請求を行う際には、いくつかのリスクが含まれます。何も知らずに、安易に過払い金請求をしてしまうと、過払い分の返金のメリット以上のデメリットを被る場合もあります。

アコムへ過払い金請求をする前に、確認しておきたい注意事項を知っておきましょう!

アコムが保証会社になっている場合

三菱UFJ銀行のカードローンを組んだ場合、アコムが保証会社になっていることがあります。三菱UFJ銀行のカードローンに残債がある状態でアコムに過払い金請求をすると、過払い金と残債務の相殺を主張されることがあり、借金を完済できずに信用情報に事故情報が載ることが懸念されます。

アコムは、三菱UFJ銀行をはじめ多くの銀行カードローンの保証会社をしています。ご相談時には必ず銀行からの借入も申告ください。

時効が成立している場合

2007年6月17日以前からアコムならびにアコムマスターカード(ACカード)で借り入れをしていれば過払い金請求ができますが、時効が成立してしまうとアコムの過払い金請求ができなくなります。

過払い金請求の時効が成立するのは、最後の借り入れもしくは、返済の手続きをしてから10年が経過した日です。アコムマスターカードをショッピングで利用、もしくは、利用残高の返済した日は過払い金請求の時効に関係ありません。

最後の借り入れもしくは、返済の手続きをした日は、取引履歴により確認ができます。

併せてチェック!

アコムに過払い金請求する流れ

では、いざアコムへ過払い金を請求するとなったとき、具体的にどのような流れで請求を行うのでしょうか。解説していきます。

過払い金請求の流れ

実際にアコムに過払い金を請求する場合の大まかな流れを解説していきます。具体的には「アコムから利用履歴を取り寄せる」「引き直し計算をする」「アコムに対して過払い金請求書を送る」「電話や直接交渉をする」という流れです。

まず、過払い金が発生しているかどうかを確認するためにアコムから利用履歴を取り寄せる必要があります。利用履歴とは、いつ・どのぐらい・どれぐらいの金利で借りたか・毎月の返済額はいくらかなどが記載された書類です。この書類の最終取引日を確認することで時効が完成していないかもチェックできます。

利用履歴を取り寄せれば次は引き直し計算です。引き直し計算とは、適用金利から実際にどれだけの過払い金が発生しているかどうかを計算することです。この計算は素人でも可能ですが、正確に計算しなければアコムに請求する際に支障をきたします。できれば、専門家に依頼するほうが正確に計算してもらえるのでよいでしょう。

引き直し計算をして過払い金の総額が分かれば、アコムに対して請求書を送ります。その後、過払金の返還交渉に関しても、アコム側が多数の過払い金請求をこなしているため素人が行うと返還金を低く抑えられる場合などもあります。しっかりと過払い金を取り戻したい場合は弁護士や司法書士などに相談してみましょう。

過払い金から差し引かれる弁護士や司法書士の費用・料金

きわみ事務所では無料で過払い金調査をはじめることができます(全国対応)。

もしアコムに過払い金が発生していた場合、きわみ事務所なら着手金無料ではじめることができ、回収した過払い金の中から報酬をいただきますので安心です。

過払い金
相談・着手金
過払い金
報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 事務手数料2万円
+基本報酬4万円
+返還額の20%~(税別)

ご不安に思われていること、料金面など丁寧にご説明させていただきます。まずはきわみ事務所までご相談ください。

併せてチェック!
弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

過払い金請求できる金融業者一覧へ戻る

過払い金請求できる金融業者一覧

借金問題の解決方法