過払い金請求手続きの流れ

過払い金請求は個人で行うこともできますが、時間と手間が非常にかかります。

また、弁護士に任せることで家族に内緒で手続きできる、手続き中返済とが止まるなどのメリットがあります。

専門家に依頼することで担当弁護士が責任をもって対応いたしますので、ご相談者は連絡を待つだけです。

1.法律事務所への問い合わせ

まずはお電話またはメールにてお問い合わせください。 過払い金請求を担当する弁護士が相談者様のお話をお伺いいたします。

きわみ事務所では過払い金や借金問題について無料相談を行っております。

2.過払い金返還請求の契約を締結

お話をお伺い、状況を把握した上でデメリットや過払い金請求を行った際のリスクなどをご説明いたします。 すべてに同意をいただける場合には、弁護士と相談者様の間で過払い金請求を依頼する契約書を締結いたします。

契約を締結した後は、相談者様が金融業者(消費者金融、クレジットカード会社など)とやり取りすることはなく、今後はすべて弁護士が窓口となって手続きをいたします。

3.金融業者へ受任通知を送る

契約締結後に、きわみ事務所が介入した旨を金融業者に伝達いたします。 この時に、弁護士から過払い金請求をする際に必要な取引履歴の開示も請求いたします。

受任後は金融業者との交渉や手続きなど、すべてのことをきわみ事務所が引き受けます。 また、借金を返済中の方が手続きを行った場合にはこの時点で借金の取り立てがストップいたします

個人で過払い金請求をする場合には、この手続き中に借金の取り立てが止まるというメリットはありませんのでご注意ください。

4.過払い金の引き直し計算

おおよそ1週間から1ヶ月程度で金融業者からの取引履歴が揃います。この取引履歴をもとに相談者様の借り入れ状況、返済状況を計算し、過払い金の正確な金額を出します。

弁護士に依頼をしておりますが、この段階で過払い金が発生しないとわかった場合であっても費用は発生しませんのでご安心ください。きわみ事務所では完全成功報酬型で行っていますので、過払い金を返還された時点で戻ってきたお金の中から報酬をいただいております。

取引履歴の開示は個人で行うこともできますが、取り寄せる際に使用用途を聞かれ、「過払い金を請求するため」と答えてしまうと過払い金と認識したうえで返済をしていたということになりますので、その後、過払い金請求ができなくなることがあります。ご注意ください。

5.金融業者との過払い金額の交渉

過払い金が発生していた場合、弁護士が金融業者と交渉し、返還額や方法を協議いたします。

過払い金請求の場合には話し合いのみで和解する方法と裁判をして和解する方法があります。 話し合いのみで解決する場合、発生した過払い金の満額が満額返ってくることはあまりありませんが、早い段階での返還がなされます。 裁判をすると時間はかかりますが満額の過払い金の返還を求める場合や利息の返還も求める場合には裁判をする必要があるとお考えください。

6.過払い金の返還

金融業者からの入金があったら手続きは完了です。会社によりますが、和解後に早ければ2か月程度で入金されることもあります。

  • 弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士
  • 増山晋哉

大学卒業後、大阪市内の法律事務所で経験を積み、独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加