過払い金はローンも対象?返還請求した場合のローンについて解説

過払い金というと、消費者金融から借りたお金のイメージが強いですが、ローンも対象となることをご存知でしょうか? ただし、過払い金請求を行うとローンが組めなくなる場合もあります。

今回は、過払い金の返還請求とローンに関する事例を解説していきます。

過払い金を請求するとローンが組めなくなるってほんと?

「過払い金請求を行うと、ローンが組めなくなる」あなたは、こんな噂を耳にしたことはないでしょうか?この噂は、半分本当で、半分は事実とは異なります。つまり、確かにローンが組めなくなる場合もありますが、逆にローンを組むことができるケースも存在します。

また、過払い金請求を行うと住宅ローンや車のローンに影響があるという話も聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。

この2つのことについて、解説していきます。

ローンが組めなくなるケース

住宅ローンや車のローンが組めなくなるケースは、「任意整理」を行ったことで、信用情報に履歴が残る場合です。

順を追って説明すると、「任意整理」というのは、借金の減額などを差します。そのため、既に返し終わっている借金の場合は、過払い金の返還のみですので、減額はありません。返し終わっている借金への過払い金請求は、信用情報には影響がありません。

一方、残高ある借入に対して過払い金請求をし、結果として圧縮などはあったが「残高」が残った場合は「任意整理」と呼ばれるような債務整理になるケースが多く、その場合は信用情報上にその履歴がある一定期間残るので、その期間中などはローンが組めなくなる可能性が高くなります。

信用情報に履歴が残るってどういうこと?

あなたの信用情報は、株式会社CICや株式会社日本信用情報機構(通称:JICC)と呼ばれる機関で管理されています。

金融の世界における「信用」とは、過去の延滞履歴がないか、自己破産をしていないか、任意整理を行っていないかを記録として残しています。

こうした履歴があると、「事故情報」として記録され、内容に応じて、数年間に渡り記録が残ります。

この情報が残っていることが、俗にいう「ブラックリスト」と呼ばれる状態ですが、ブラックリストというリストがあるわけではなく、信用情報に事故情報があることで審査が通らない、つまりローンが組めなくなることを「ブラックリストに載っている」と言っているにすぎません。

車や住宅ローンの審査は過払い金請求で影響する?

過払い金請求そのものは基本的に自動車や住宅ローンの審査に影響しません。ただし、先ほどと同様に、任意整理を行った場合は信用情報に記録が残るため、ローンを組むのが難しくなります。

信用情報以外でも、社内的に過払い金請求を行った履歴を残している場合があります。消費者金融や信販(クレジット)会社は、銀行と繋がりがある会社が多いため、同系列の会社で過払い金請求を行った場合、審査が通らないことがあります。

※例えば、アコムであれば三菱UFJ銀行、プロミスは三井住友銀行、オリコはみずほ銀行、アプラスは新生銀行など。

その他、「SMBC」など銀行やグループの名前が入っているものも当然関係があります。さらに、過払い金請求とは別に、過去の信用情報も確認するため、任意整理の履歴がなくても過去の延滞履歴から審査に落ちてしまうケースもあります。

過払い金請求で返還されたお金で借金が0になればローンは組めます!

過払い金請求で返還されたお金で借金が0になれば、ローンを組むことが出来るケースが多いです。

これは任意整理を行って減額したわけではなく、純粋に過払い金で借金を返済したためです。そもそも、借金返済が滞り、延滞情報が信用機関に残っている方は過払い金請求をしていなくても審査は通りません。

また、数ヶ月以上の延滞は完済後数年は延滞情報が消えませんので、少しでも早く完済させる意味でも過払い金請求を行う方もいます。

過払い金の請求はローンも対象?

過払い金請求というと、消費者金融から借りた借金に対して行うイメージが強いと思いますが、住宅や車のローンなどもお金を借りるという意味では過払い金請求の対象となります。

ただし、過払い金請求とは規定の金利より高いもの、グレーゾーンとしてまかり通っていた高金利に対して行うもののため、住宅や車のローンでは過払い金請求の条件を満たしていない場合が多いです。

車や住宅のローンは金利が低いので過払い金請求は難しい

過払い金請求の根拠になっているのは、「利息制限法」という法律です。この法律では以下のように上限金利が定められています。

利息制限法に定められた上限金利
元本が10万円未満年利20%
元本が10万円以上100万円未満年利18%
元本が100万円以上年利15%

自動車ローンや住宅ローンが、この金利を超えることはまずありません。そのため、車や住宅ローンで過払い金請求を行うことは難しいというのが実情です。

ローンで重要なのは信用と属性

信用情報に事故情報が残っていると審査に通らなくなるお話をしてきましたが、これは即NGになるケースです。事故情報などがない状態の場合、ローンで重要なのは「信用」と「属性」ですので覚えておきましょう。金融の世界では、「信用」とは誠実そうだという印象も大事ですが、「返済能力」が最大のポイントなります。そのため、信用情報=返済履歴を管理しています。

もう一つ、重要になってくるのが「属性」情報です。属性とは、年収、勤め先の会社規模、勤続年数、住居形態、借入状況など、その人のステータス情報です。それぞれのステータス情報を得点化する「スコアリング」という手法が一般的ですが、何がどのくらいの点数で、どうすれば審査がOKになるかというのは、どの会社も開示していませんし、聞いても教えてくれません。

ですが、例えば、東証一部上場会社に10年以上勤め、借り入れがない状態で、住宅ローンを申し込むと、通りやすいです。

なので、先々ローンを申し込もうとするなら、まず、信用情報に事故情報が載らないように延滞しないことが第一。次に、属性情報を少しでもいいものにしていくことを意識するとローンに通りやすくなるでしょう。

まとめ

ここまで説明したことをおさらいすると、過払い金請求すると、ローンが組めなくなるかどうかは、「任意整理」の履歴が信用情報機関に残るかどうかで決まります。

「任意整理」の対象になるかは、最終的には計算が必要となりますが、目安として返還された過払い金によって、借金が0になるかどうかが一つの目安となります。住宅ローンや自動車ローンの審査でも同様で、任意整理の記録が残ると審査が通りにくくなります。

また、住宅ローンや自動車ローンなど、ローンの過払い金請求の対象となりますが、利息制限法の範囲内のローンがほとんどで、特に住宅ローンや自動車ローンで過払い金請求を行うのが厳しいのが実情です。
なお、住宅ローンや自動車ローンで、任意整理を行うと「モノ」を差し押さえられる可能性があるため、「モノ」の提供が含まれるローンでは注意が必要です。

ローンで重要なのは、延滞をせずしっかりと返済を続けて、信用情報に事故情報を残さないこと。そして、各ステータスの「属性情報」を少しでも良くしていくことです。

過払い金請求は、銀行と繋がりのある消費者金融・信販会社が行っています。住宅ローンや自動車ローンなど、高額なローンにも影響が出来ますので、過払い金請求、ローンの支払相談は専門家に相談することを強くお勧めします。

弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士:増山晋哉
  • 弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士
  • 増山晋哉

大学卒業後、大阪市内の法律事務所で経験を積み、独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加