過払い金

過払い金請求手続きの流れ

過払い金請求は個人で行うこともできますが、時間と手間が非常にかかります。

また、弁護士に任せることで家族に内緒で手続きできる、手続き中返済を止めることができるなどのメリットがあります。

専門家に依頼することで担当弁護士が責任をもって対応いたしますので、ご相談者は連絡を待つだけですのでとても楽に請求することができます。

過払い金請求の手続きには、主に「任意での交渉」と「訴訟による交渉」の2つがあります。ここでは、任意での交渉と訴訟による交渉の流れをそれぞれご紹介します。

目次

過払い金請求の流れ(任意交渉)

1.法律事務所への問い合わせ

まずはお電話またはメールにてお問い合わせください。過払い金請求を担当する弁護士が相談者様のお話をお伺いいたします。

きわみ事務所では過払い金や借金問題について無料相談を行っております。

2.過払い金返還請求の契約書を締結

お話をお伺い、状況を把握した上でデメリットや過払い金請求を行った際のリスクなどをご説明いたします。すべてに同意をいただける場合には、弁護士と相談者様の間で過払い金請求を依頼する契約書を締結いたします。

契約を締結した後は、相談者様が金融業者(消費者金融、クレジットカード会社など)とやり取りすることはなく、今後はすべて弁護士が窓口となって手続きをいたします。

3.金融業者へ受任通知を送る

契約締結後に、きわみ事務所が介入した旨を金融業者に伝達いたします。この時に、弁護士から過払い金請求をする際に必要な取引履歴の開示も請求いたします。

受任後は金融業者との交渉や手続きなど、すべてのことをきわみ事務所が引き受けます。また、借金を返済中の方が手続きを行った場合にはこの時点で借金の取り立てがストップいたします。

個人で過払い金請求をする場合には、この手続き中に借金の取り立てが止まるというメリットはありませんのでご注意ください。

4.過払い金の引き直し計算

おおよそ1週間から1ヶ月程度で金融業者からの取引履歴が揃います。この取引履歴をもとに相談者様の借り入れ状況、返済状況を計算し、過払い金の正確な金額を出します。

弁護士に依頼をしておりますが、この段階で過払い金が発生しないとわかった場合であっても費用は発生しませんのでご安心ください。きわみ事務所では完全成功報酬型で行っていますので、過払い金を返還された時点で戻ってきたお金の中から報酬をいただいております。

取引履歴の開示は個人で行うこともできますが、取り寄せる際に使用用途を聞かれ、「過払い金を請求するため」と答えてしまうと過払い金と認識したうえで返済をしていたということになりますので、その後、過払い金請求ができなくなることがあります。ご注意ください。

5.金融業者との過払い金額の交渉

過払い金が発生していた場合、弁護士が金融業者と交渉し、返還額や方法を協議いたします。

過払い金請求の場合には話し合いのみで和解する方法と裁判をして和解する方法があります。 話し合いのみで解決する場合、発生した過払い金の満額が満額返ってくることはあまりありませんが、早い段階での返還がなされます。 裁判をすると時間はかかりますが満額の過払い金の返還を求める場合や利息の返還も求める場合には裁判をする必要があるとお考えください。

6.過払い金の返還

金融業者からの入金があったら手続きは完了です。金融業者によりますが、和解後に早ければ2か月程度で入金されることもあります。

過払い金請求の流れ(訴訟)

訴訟でも、上記1.法律事務所への問い合わせ~5.金融業者との過払い金額の交渉までは、同様です。金融業者との過払い金額の交渉で、互いの合意が得られない場合には、訴訟提起をすることになります。

6.訴訟提起

訴状・証拠を作成し、裁判所に提出します。

過払い金が140万円以上の場合は、「地方裁判所」、140万円未満の場合は、「簡易裁判所」にそれぞれ裁判を起こします。

7.第1回口頭弁論期日

裁判所から債権者に訴訟が送付され、その後、第1回口頭弁論期日が決まります。期日前には被告から答弁書が届きます。

8.第1回口頭弁論期日以降

口頭弁論は通常1回では終わりません。口頭弁論で互いの主張がなされた後、第2回口頭弁論の期日が設けられます。おおよそ1ヶ月に1回口頭弁論が開催され、判決まで繰り返されます。

9.和解交渉

裁判を行うと判決までに時間がかかります。しかし、場合によっては債権者側から和解の提案が出ることもあります。和解の提案が同意できる内容であれば、裁判の途中であっても和解書を交わすことで過払い金請求手続きは終了します。

10.判決・起訴状の和解/起訴外での和解

裁判の途中に和解がまとまった場合にはそのまま過払い金請求手続きは終了ですが、和解できなかった場合には裁判所からの判決が出ます。

過払い金請求は返還するという最高裁判所の判決がありますので訴状の内容は認められますが、争点があった場合には訴状の金額よりも減額された内容になることもあります。

11.過払い金の返還

金融業者からの入金があったら手続きは完了です。金融業者によりますが、和解後に早ければ2か月程度で入金されることもあります。

過払い金請求の任意交渉と訴訟の違い

過払い金請求の手続きには、「任意での交渉」と「訴訟による交渉」の2つがありますが、過払い金請求から入金までの期間と返還される金額がそれぞれ2つの手続きによって違います。

それでは、任意交渉の場合と訴訟の場合の違いを詳しくご説明いたします。

任意交渉の場合

任意交渉の場合、貸金業者と話し合いによる交渉で和解できたら、話し合いだけなので裁判を行いません。

裁判を行った場合、裁判にかかる期間が6ヶ月~12ヶ月程度かかります。ですので、裁判による訴訟を行うよりも任意交渉の方が、過払い金請求から入金までの期間が短くなります。

しかし、任意交渉により和解した場合、発生した過払い金の全額を取り戻すことは難しいでしょう。貸金業者によって過払い金の返還率は異なりますが、例えば、100万円の過払い金があったとしても、交渉による和解だと80万円程度しか取り戻すことができないこともあります。100万円の過払い金があって、80万円取り戻すことができたなら、これでも多く取り戻せたといえます。

時間をかけずにはやくお金を取り戻したい場合は、任意交渉をするといいでしょう。

訴訟の場合

裁判による訴訟を行う場合、裁判には6ヶ月~12ヶ月程度の時間がかかるので、任意交渉よりも過払い金請求から入金までの期間に時間がかかります。

しかし、裁判を行うと過払い金は全額取り戻せることができます。また、過払い金に利息(金利5%)がついて取り戻せることが可能です。

時間をかけても過払い金を全額取り戻したい場合は、訴訟による交渉をするといいでしょう。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

過払い金請求とは?過払い金の発生条件と請求条件へ戻る

過払い金請求とは?過払い金の発生条件と請求条件

借金問題の解決方法