過払い金

過払い金請求しても住宅ローンや自動車ローンは組める?

過払い金というと消費者金融から借りたお金を取り戻すというイメージが強いですが、ローンも過払い金の対象となることをご存知でしょうか?

ただし、ローンの場合には法定金利内の取引も多く、過払い金請求できないという場合もあります。また、過払い金請求を行うとローンが組めなくなるともいわれますが、正しくは過払い金請求を行うことでローンを組めなくなることもある、です。正しく過払い金請求を行えば、請求後にローンを組むこともできます。

今回は、過払い金請求後にローンが組めるかローンが組めないか、既にローンを組んでる人が過払い金請求できるかを詳しく解説していきます。

目次

過払い金請求してもローンが組めるかは場合による

「過払い金請求を行うと、ローンが組めなくなる」あなたは、こんな噂を耳にしたことはないでしょうか?

過払い金請求後でも住宅ローンや自動車ローンを組むことができます。しかし、返済状況によって組めない場合もあります。

完済した借金に過払い金請求を行っても、ローンを組むことができます。一方、借金を返済中の人は過払い請求後に借金が残っていれば、ローンを組めないこともあります。

過払い金請求後にローンを組む場合

借金を完済している人も返済中の人も過払い金請求をした後に、ローン組むことができます。ただし、借金を返済中の人がローンを組むには、条件がつくことがあります。

その理由を返済状況別に詳しく解説いたします。

完済している人の場合

借金を完済していて過払い金請求をする場合は、ローンを組むことができます。ただし、借金を完済していてもローンを組む際に注意点がありますので、参考にしてみてください。

ローンが組める

借金を完済していれば過払い金請求を行ってもブラックリストに載ることはありません。住宅ローンや自動車ローンを組むときには、信用情報機関を照会します。そこでブラックリストに載っていると、ローン審査に通りません。しかし、完済後の過払い請求であれば、ブラックリストに載らないので問題なくローンを組むことができます。

注意点

下記に当てはまる場合は、ローンが組めない場合がありますので注意が必要です。

  • 過払い金請求先とローンを組む銀行が同じグループに属している場合
  • クレジットカードのショッピング枠の利用がある場合

過払い請求先とローンを組む銀行で情報共有している可能性があります。そのため、過去に過払い請求したことを銀行に知られ、審査に落ちることもあります。

ショッピング枠を利用している人は、過払い金請求を行い過払い金がショッピングの残債を上回れば、差額分が手元に戻ります。

しかし、過払い金がショッピングの残債を下回った場合、任意整理という扱いになります。任意整理の手続きをするとブラックリストに載るので、住宅ローンや自動車ローンのローン審査に影響がでます。

返済中の人の場合

借金を返済中の人は、戻ってきた過払い金で借金が完済できればローンを組むことができます。しかし、戻ってきた過払い金で借金が完済できない場合は、ローンを組むことが難しいかもしれません。

ローンが組める

返済中の借金を過払い金請求することによって、過払い金で返済中の借金が完済できる人はローンを組むことができます。

借金を完済したことになりますので、ブラックリストに載ることもありません。

ローンが組めない

返済中の借金を過払い金請求しても、借金が残ってしまう人(過払い金で借金を完済できない人)はローンを組むことが難しいでしょう。

借金が残ると任意整理という扱いになりますのでブラックリストに載ります。ブラックリストに載ると住宅ローンや自動車ローンの審査に通りにくくなり、ローンを組むことが難しいかもしれません。

ですが、自分の過払い金がどのくらいあるか難しいでしょう。きわみ事務所では過払い金の無料診断いたします。過払い金診断や過払い金計算をしただけでは、ブラックリストに載ることはありません。ですので、きわみ事務所の無料相談をご活用ください。

併せてチェック!

注意点

下記に当てはまる場合は、ローンが組めない場合がありますので注意が必要です。

  • クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の利用がある場合

クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の両方を利用している人は、返還された過払い金でキャッシング枠とショッピング枠の両方を完済できなければ、借金が残ります。

借金が残ると任意整理という扱いになるので、ブラックリストに載ります。ブラックリストに載ると住宅ローンや自動車ローンの審査に通りにくくなり、ローンを組むことが難しいでしょう。

どうしても過払い金請求をしてローンを組みたい場合は、取り戻した過払い金でキャッシング枠とショッピング枠を返済してから、過払い金請求をすればローンを組めるかもしれません。

既にローンを組んでいる人の過払い金請求の場合

既に住宅ローンや自動車ローンを組んでいて、過払い金請求してもローンへの影響はありません。また、住宅ローンや自動車ローンに対して、過払い金請求することは難しいです。

その理由を解説いたします。

いま組んでいるローンに過払い金請求は影響しない

いま住宅ローンや自動車ローン等を組んでいて、過払い金請求をしてもローンへの影響はありません。

過払い金請求をすることによって、住宅や自動車がなくなることもなければ、一括返済を求めらることもありません。また、ローンの契約条件を見直しされることもありませんのでご安心ください。

ただし、過払い金請求には時効があります。最後に取引をした日(返済が終了した日)から10年経過していると、過払い金請求が難しくなりますので注意が必要です。ですので、きわみ事務所へ早めにご相談ください。

過払い金の時効とは

住宅ローンや自動車ローンに過払い金請求は難しい

ローンは過払い請求の対象にはなりますが、住宅ローンや自動車ローン等の金利は、利息制限法の範囲内がほとんどで過払い金請求を行うことが難しいです。

過払い金は「利息制限法の上限金利15%~20%以上の金利で取引している」と発生している可能性がありますが、住宅ローンや自動車ローンは以下の通り、金利が低いので過払い金が発生している条件を満たしていません。

  • 住宅ローン金利:約0.3% ~ 約2%
  • 自動車ローン金利:約2% ~ 約10%

利息制限法の上限金利

  • 元本が10万円未満:年利20%
  • 元本が10万円以上100万円未満:年利18%
  • 元本が100万円以上:年利15%

過払い金請求とローンまとめ

過払い金請求してもローンが組めるかどうかは場合によって異なり、借金を返済中の人は任意整理という扱いになるかどうかで決まります。

任意整理という扱いになるかどうかは、返還された過払い金で借金が完済できるかが一つの目安になります。もし、返還された過払い金で借金が完済できれば、任意整理という扱いにはなりませんのでブラックリストに載ることもなく、ローンを組むことができます。

また既にローンを組んでいて、過払い金請求してもローンへの影響はありません。

過払い金請求には時効がありますので、弁護士等の専門家に相談することを強くお勧めします。きわみ事務所では無料で相談を承っておりますので、少しでもお困りの際は、ご相談ください。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

過払い金で気になる項目を徹底解説!へ戻る

過払い金で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法