過払い金

過払い金請求をするとブラックリストに載る?ブラックリストに載らない方法はある?

過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまうのではないかと悩む方は多いかと思いますが、過払い金請求をすると必ずしもブラックリストに載るわけではありません。 借金を完済していれば過払い金請求をしてもブラックリストに載りません。また、借金を返済中であっても過払い金で借金をゼロにすることができれば、ブラックリストに載りません。

ここでは、ブラックリストに載ってしまうとどうなるのか、過払い金請求をしてもブラックリストに載らない場合とブラックリスト載る場合を詳しくご説明いたします。

目次

そもそもブラックリストとは?

ブラックリストは、実際にリストがあり名前などが載っているわけではありません。貸金業者からの借入したとき、クレジットカードを作ったとき、ローンを組んだときなどに“信用情報機関”に利用者の個人情報を登録されます。

しかし、借金の返済が一定期間遅れたり、借金が返済できなくなり債務整理を行ったりすると、信用情報機関に“事故情報”が登録されてしまいます。この事故情報が登録されてしまうことを「ブラックリストに載る」といわれています。

日本国内の信用情報機関には、消費者金融系主体の日本信用情報機構(JICC)、クレジットカード会社・信販会社主体のCIC(クレジットインフォメーションセンター)、銀行系の全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つあります。国内すべての金融機関は、3つの内の1つ以上に加盟しています。

ブラックリストに載るとどうなる?

信用情報機関に事故情報が登録される(ブラックリストに載る)と貸金業者から借入ができなくなったり、クレジットカードが使えなくなったり、ローンが組めなくなったりします。一度ブラックリストに載ると一生載り続けるわけではなく、5年程度経つとブラックリストから削除されます。
しかし、ブラックリストから削除されれば、新たな借入、クレジットカードの使用、ローンを組むことができるようになります。

ブラックリストに載るとできなくなることは、次の通りです。

  • 貸金業者から借入ができなくなる
  • クレジットカードが使えない・新規作成ができない
  • 新たにローンが組めない
併せてチェック!

過払い金請求をするとブラックリストに載る?

過払い金請求をしても、必ずブラックリストに載るわけではありません。場合によっては、ブラックリスト載る可能性がありますが、過払い金請求をしてもブラックリストに載らない場合もあります。

過払い金請求をしてもブラックリストに載らない場合と、過払い金請求をしたらブラックリストに載る可能性がある場合を詳しくご説明いたします。

過払い金請求をしてもブラックリストに載らない場合

過払い金請求をしてもブラックリストに載らない場合は、次の通りです。

  • 借金を完済している
  • 過払い金で返済中の借金がゼロになる

借金を完済していれば、過払い金請求をしてもブラックリストに載ることはありません。また、いくつかの貸金業者から借入をしている場合、完済している貸金業者のみ過払い金請求をすることも可能です。ブラックリストに載らないためには、借金を完済してから過払い金請求をするといいでしょう。

しかし、過払い金請求には時効があります。借金を完済してから10年経ってしまうと、過払い金請求をすることができなくなってしまいます。また、借入していた貸金業者が倒産している場合は、過払い金請求をすることができない可能性もあります。

借金を返済してから時間が経っている場合は、はやめに弁護士に相談することをおすすめいたします。

返済中の借金があったとしても、過払い金で借金がゼロになれば借金を完済したことになるので、ブラックリストには載りません。また、残りの借金よりも過払い金が多かった場合は、手元にお金が戻ってきます。

どのくらい過払い金が発生しているか知るためには、過払い金の引き直し計算をすることによって過払い金の金額を知ることができます。自分で引き直し計算をすることもできますが、計算が複雑で間違えてしまうと取り戻せるお金が少なくなる可能性もあります。そのため、弁護士などの専門家に相談することをおすすめいたします。

過払い金請求をしたらブラックリストに載る可能性がある場合

過払い金請求をしたらブラックリストに載る可能性がある場合は、次の通りです。

  • 過払い金で返済中の借金が完済できない
  • クレジットカードのショッピング枠を利用している

過払い金をあてても返済中の借金を完済できない場合は、任意整理扱いになります。そのため、ブラックリストに載ってしまうので注意が必要です。

過払い金請求の時効は借金を完済してから10年なので、返済中であれば時効にはなりません。借金を完済してから過払い金請求をするか、いくつかの貸金業者から借入をしている場合、完済している貸金業者のみ過払い金請求をすることを検討してもいいでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠を過払い金請求したとき、ショッピング枠の支払いが残っていると、過払い金がショッピング枠の支払いにあてられます。過払い金よりショッピング枠の支払い残高が多い場合は、ブラックリストに載る可能性があります。

ブラックリストに載っても過払い金請求をした方がいい理由

過払い金請求をして過払い金を返済中の借金にあてたとしても借金が残ってしまった場合、任意整理扱いとなりブラックリストに載ってしまいます。しかし、ブラックリストに載ってしまっても、毎月の返済は過払い金請求をしないよりも楽になるでしょう。

また、ブラックリストに載ってしまったら、貸金業者から借入できない、クレジットカードが使えない、ローンが組めないなどの制限がありますが、5年程度でブラックリストから削除されます。キャッシュレス化が進んでいる中でクレジットカードが使えなくて不便だと感じるかもしれませんが、デビットカードは使用することが可能です。お金を借りずに計画的にお金が使えるようになるでしょう。

そして、過払い金請求を弁護士に依頼した場合、任意整理に移行したとしても、その後の返済計画など一緒に考えてくれます。借金問題を解決して、一日でもはやく借金に悩まされている日々から解放されましょう。

まとめ

借金を完済していれば過払い金請求をしても、ブラックリストに載ることはありません。また、返済中の借金があったとしても過払い金で借金が完済できれば、ブラックリストに載ることはありません。
借金を完済している場合、完済してから10年経つと消滅時効で過払い金請求をすることができなくなります。時効になる前に弁護士に相談することをおすすめいたします。

そして、いくつかの貸金業者から借入いる場合、完済している貸金業者のみ過払い金請求をすることもできます。そうすれば、その過払い金で返済中の借金を完済することができるかもしれません。

きわみ事務所では、相談を無料で受け付けております。過払い金に強い弁護士が対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

過払い金で気になる項目を徹底解説!へ戻る

過払い金で気になる項目を徹底解説!

借金問題の解決方法