過払い金

過払い金請求するメリット・デメリットとは?過払い金請求にはリスクもある!?

過払い金請求をすると、払い過ぎたお金が戻ってきたり借金の返済が減ったりするというメリットばかりが注目されがちですが、実はクレジットカードが使えなくなったり、住宅ローンや自動車ローンが組めなくなったりと、過払い金請求にはデメリットやリスクもあります。

過払い金請求によるトラブルも多く、請求方法を間違えると過払い金請求しても返還されないケースさえあります。これらのリスクやデメリットでついて解説します。

目次

借入状況ごとのメリット・デメリット

過払い金は、条件を満たしてさえいれば返還請求する方が得です。

しかしながら、必ずしも過払い金額のすべてが返還されるわけではありません。それどころか借入状況によっては逆にリスクを背負いデメリットとなることもあるのです。

過払い金請求することのメリットとデメリット・リスクについて詳しくご案内します。

完済後の過払い金請求のメリット・デメリット

過払い金請求を行うことで、手元にお金が戻ってきます。これは言うまでもなく、メリットの一つですよね。さらに、【完済している】場合に関しては、過払い金請求の手続きの際に、信用情報機関に異動情報が載ることはありませんでは、デメリットはあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

メリット

  • 過払い金が手元に戻ってくる
  • ブラックリストに載ることがない

デメリット

  • 過払い金を請求した貸金業者から、再び借入することは出来ない

注意点

過払い金の請求時期には注意が必要です。借金完済後に10年を過ぎてしまうと、過払い金の消滅時効を迎えてしまい、過払い金請求ができません。完済している場合は、完済後どのくらい年月が経っているか、再度確認する必要があります。

併せてチェック!

借金返済中に過払い金請求のメリット・デメリット

現在借金を返済中の方でも、過払い金請求を行うことはできます。もし過払い金があるならば、戻ってきたお金を借金に充てることができます。また、過払い金の額が借金の残債よりも多ければ、借金をなくし手元にお金が戻ってくるということもありえます。

メリット

  • 借金がなくなり過払い金が戻ってくることがある
  • 借金がなくならなくとも借金を減らし、返済が楽になる

デメリット

  • ブラックリストに載ることがある

注意点

借入金の返済中に過払い金請求をしたとき、返還された金額で完済できず借金残高が残ってしまうことがあります。このような場合、貸金業界の信用情報機関に異動情報として登録されてしまう(俗にいうブラックリストに載ってしまう)ので注意しましょう。万が一登録されてしまうと、クレジットカードが新規で発行できなくなったり、住宅ローン等が組めなくなったりする可能性があります。

事前に弁護士に相談するなどして、過払い金請求をしても、異動情報が登録されないかどうかの確認をしておくことをおすすめします。

ブラックリストとは、本当は何?徹底解説!

完済した借金と返済中の借金が両方ある場合の過払い金請求のメリット・デメリット

完済している借金と返済中の借金が両方ある方でも過払い金の請求は可能ですが、請求した方が得かどうかやメリットデメリットは、借金の状況によって分かれます。

メリット

  • 借金がなくなり過払い金が戻ってくることがある
  • 借金がなくならなくとも借金を減らし、返済が楽になる

デメリット

  • ブラックリストに載る可能性がある

注意点

借金を完済している場合には、完済後10年を迎える時効に注意する必要があります。

時効を迎えると取り戻せるはずのお金が戻ってきません。また返還される金額より借金残額の方が多かった場合には、過払い金請求を行うことで信用情報機関に異動情報が載る(俗にいうブラックリストに載る)ことになります。どうしてもブラックリストに載りたくないということであれば借金を完済してから過払い金請求を行うか、過払い金請求を行っても信用情報に影響がない金融業者に対してだけ請求をおこなうという手段もあります。

弁護士への無料相談などを利用し、現在の自分の状況を確認してから請求するといいでしょう。

過払い金請求によるリスク

過払い金請求によるクレジットカードへの影響

過払い金返還請求をすると、クレジットカードが使えなくなることがあります。ブラックリストに載った場合は全てのカードが使えなくなり、新たにカードを作ることもできなくなります。既に持っているカードの全てがすぐに使えなくなるわけではありませんが、いずれ全てのカードが使えなくなります。

クレジットカード会社の「社内ブラック」の存在

ブラックリストに載らなくても、過払い金返還請求をすると、請求した相手の貸金業者からはもうお金を貸してもらえなくなるリスクがあります。多くの貸金業者では「社内ブラック」という独自の融資基準を設けており、ブラックリストに載っていなくても何らかの問題がある人には融資をしない場合があります。この社内ブラックに、過払い金返還請求した人を載せる貸金業者もあるのです。

ただし、判断は各クレジットカード会社によって異なります。過払い金請求が完済後の場合は、延滞がないなど優良顧客と見なされれば、審査の上、再度クレジットカードを作れることもあります。

併せてチェック!

系列会社のカードも全て使えなくなる

別々に発行されていても、過払い金請求をした会社の系列会社のクレジットカードは全て使えなくなります。

例えば、三菱UFJ-VISA、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、VIASOカード、リクルートカードなどは三菱UFJ銀行、三菱UFJニコスなど発行した会社は異なりますが、系列会社なのでひとつのカードについて過払い金返還請求をすると全てのカードが使えなくなるので注意が必要です。

会社の合併によって同一会社となったカードも使えなくなる

クレジットカード会社や消費者金融業者は合併することがあります。以前は他社のカードであっても合併後は同一会社のカードになるので、全て使えなくなります。

例えば、クレジットカード会社のセディナはOMCとセントラルファイナンス、クオークの3社が合併してできた会社です。合併前からそれぞれの会社のカードを持っていたとしても、合併後に過払い金返還請求をすれば全てが使えなくなります。

過払い金の請求方法ごとのメリット・デメリット

過払い金請求は特別な資格がなくとも行うことができます。

過払い金請求を行うには、まず借金をしている貸金業者を特定し、その貸金業者に対して取引履歴の開示を求めなければなりません。取り寄せた後は、実際に過払い金があるのかどうかを計算し(引き直し計算)、計算で出てきた金額を貸金業者に請求します。

ここでは、自分で過払い金請求を行う場合と、専門家に依頼する場合とのメリットとデメリットを解説します。

自分で過払い金請求を行う場合のメリット・デメリット

過払い金請求は、個人でも行うことができます。自分で過払い金請求を行うメリット・デメリットについて解説します。

自分で過払い金請求をするメリット

  • 専門家への手数料が発生しない
金融業者との交渉や必要な書類の準備などすべての手続きを専門家に依頼すると、その分費用がかかります。自分で手続きをする場合はその費用を削減できます。

自分で過払い金請求をするデメリット

  • 多大な手間と時間がかかる
  • 返金額が少なくなることがある
  • 家族に借金のことを知られてしまう

注意点

自分で過払い金請求を行うと、貸金業者や裁判所からの書類郵送はすべて自宅に届くのが一般的です。そのため、自宅に届くことで家族や同居人に、借金のことや裁判のことを知られるリスクがあります。弁護士に依頼するにも、過払い金請求や債務整理を得意とする弁護士に依頼した方がいいでしょう。交渉に慣れている方が、自分の要望が通りやすくなります。注意事項を頭において、弁護士選びをしましょう。

きわみ事務所であれば全国対応で、過払い金については何度でも相談無料です。ご不明点、ご不安な点はきわみ事務所の無料相談をご利用ください。

弁護士・司法書士に依頼するメリット・デメリット

上記で述べたように、個人でも過払い金請求を行うことは可能ですが、対応が難しくおすすめできません。専門家に依頼した場合には下記のようなメリットがあります。それだけ弁護士や司法所に依頼した場合のメリットは大きいです。では、メリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

弁護士・司法書士に依頼するメリット

  • 高い金額が戻ってくる
  • すべて専門家が対応してくれる
  • 家族に知られてしまうことがない

弁護士・司法書士に依頼するデメリット

  • 専門家への手数料が発生する

注意点

専門家へ依頼する際に、弁護士と司法書士では対応できる案件が変ってきます。弁護士であれば、あらゆる案件に対応可能ですが、司法書士の場合には140万円までしか対応できないという制限があります。また、裁判になった場合や債務整理手続きを行う場合には、司法書士では対応できなくなることがあります。

専門家に依頼すると、手間暇はかからない上に算出される金額も正確です。これだけでも依頼するメリットは十分ですが、その後の交渉や裁判においても大きな助けとなります。ただし、中には不誠実な専門家もいるので注意が必要です。

過払い金請求の手続き代行を依頼する際には、安易な選択を避けることが大切です。実績や口コミを元に、慎重に選ばなければなりません。裁判を含む手続きの工程や金額的なことが明確になっていること、過払い金請求に対するリスクやデメリットを丁寧に説明してくれる専門家は信頼性が高いと言えます。

もし、悪徳な弁護士や司法書士の詐欺被害に遭ったら、まずは警察へ相談しましょう。そして、所属する弁護士会や司法書士会へ懲戒請求を行い、しかるべき処分を科してもらう必要があります。

過払い金請求のメリット・デメリットまとめ

過払い金請求をすることによるリスクとデメリットを中心に、より安全で確実な過払い金請求への道筋を示してきました。

過払い金請求のメリットはお金を取り戻せることですが、デメリット・リスクは現在借金を返済中なのか、完済しているのかによって変わりますし、自分で手続きをするか弁護士に依頼するかどうかでも変わってきます。

しかし、デメリットやリスクがあったとしても、時と場合によっては、それでも過払い金請求をした方が得ということもあります。

信用情報に傷がつくことやクレジットカードが使えなくなるなどリスクもある過払い金請求ですが、リスクやデメリットをあらかじめ知っておくことで対策を講じ、準備することができます。準備ができたら信頼できる専門家に依頼し、正当な金額を、確実に返還してもらいましょう。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

過払い金請求とは?過払い金の発生条件と請求条件へ戻る

過払い金請求とは?過払い金の発生条件と請求条件

借金問題の解決方法