過払い金請求の事例紹介

きわみ事務所に相談され、過払い金を取り戻せた方の事例をご紹介いたします。

過払い金請求を行うことでお金を取り戻せたケース、借金がなくなったケース、複数の業者からの借り入れがなくなり毎月の返済が楽になったケースなどがございます。

借金問題が解決するまでの問題点、過程、弁護士が介入するメリットなどをご説明いたします。

過払い金請求の事例1.家族や勤務先に内緒で手続きして340万円戻ってきた例

過払い金請求の事例1
依頼人50代男性
請求先消費者金融4社
借入期間17年
借入状況完済
借入理由ギャンブルなど
返還額340万円

10年以上前の借金ですでに手元に資料はなく、過払い金請求をすることで家族や勤務先に知られることを心配している相談者様でした。

きわみ事務所にご相談いただいた結果、弁護士に依頼すると資料がなくとも過払い金請求できる可能性があること、家族や勤務先には知られずに手続きを進められることから過払い金請求を行うことになりました。

17年間と借入期間が長いこともあり、340万円の過払い金が戻ってきました。

弁護士に過払い金請求を依頼するメリット

  • 手元に資料がなくとも過払い金請求はできることがある
  • 家族や勤務先に知られることなく手続きができる
  • 借入理由を問わず過払い金請求はできる

借金を返し終わった後に捨ててしまい、金融業者との契約書、キャッシュカードなどが手元にない状態、業者名がうろ覚えであってもキャッシュカードの色や貸金業者名の一部から貸金業者を特定できることがあります。例えば、頭にアがつくならアコム、アイフル、アイクなどが考えられます。貸金業者が特定できれば弁護士から取引先に履歴を取り寄せますので過払い金請求は可能です。

自身で過払い金請求を行うこともできますが、自分で行う場合には連絡先は自宅になるのが通常です。そのため、貸金業者からの書類はすべて自宅に届くことになりますので、書類が自宅に届くことで家族に知られたり、日中に電話で対応することで勤務先に知られたりする可能性がありますが、弁護士に過払い金請求を依頼した場合には連絡先はすべて弁護士事務所になります。そのため、弁護士に依頼した場合、家族や勤務先に過払い金請求をしていることや以前借金があったことが知られるということはありません

また、借り入れ理由に関係なく過払い金請求は可能です。債務整理を行う際、特に自己破産では借入理由によってはできないということはありますが、過払い金は払いすぎたお金です。そのため、理由にかかわらず返してもらうことができます。

過払い金請求の事例2.現在の借金をすべて返し、手元にお金が返ってきた例

過払い金請求の事例2
依頼人40代女性
請求先消費者金融5社
借入期間11年
借入状況残債300万円
借入理由入院費、生活費
返還額借金完済+返還額52万円

借金後返済を続けていましたが、入院をきっかけに失業し、返済の目途がつかなくなったことから過払い金診断をされた相談者様でした。

きわみ事務所にご相談いただき、過払い金の引き直し計算をした結果、消費者金融5社に対して過払い金請求をすることで現在の借金の残り約300万円をすべて完済でき、さらに50万円以上が手元に戻ってきました。

弁護士に過払い金請求を依頼するメリット

  • 現在借金を返済中でも過払い金請求をすることができる
  • 弁護士に依頼することで、より多くの金額を取り戻せる

過払い金請求は払いすぎた利息を取り戻す手続きですので、当然、現在借金を返済中の方でも問題なく過払い金請求をすることができます。借金返済中の過払い金請求の場合、戻ってきた過払い金の額が借金の残りよりも少ないと債務整理(任意整理)を行ったことになり、信用情報機関に異動情報が残ること(俗にいうブラックリストに載ること)になりますが、今回のように戻ってきた過払い金で借金をすべて返済できた場合には信用情報には影響しません

また、弁護士に依頼することで、個人で過払い金請求を行うよりも、より多くの金額を取り戻せることが多いです。個人での過払い金請求を行った時には、消費者金融から残りの借金をなくすという和解(ゼロ和解)を提案されることがありますが、ゼロ和解を了承するとお金を取り戻すことはできません。今回は弁護士に依頼をしたことで300万円の借金をすべてなくした上で手元に52万円が戻ってきました。

過払い金請求の事例3.クレジットカードのキャッシングで過払い金が戻ってきた例

過払い金請求の事例3
依頼人60代男性
請求先信販会社
借入期間13年
借入状況完済
借入理由生活費
返還額180万円

クレジットカードのキャッシングで借り入れをされていましたが、クレジットカードの場合には過払い金請求できるとご存知ないご相談者様でした。

カードのキャッシングでも過払い金請求できるということできわみ事務所にご相談され、過払い金請求を行い180万円が戻ってきました。

過払い金請求の注意点

  • クレジットカードのキャッシングでも過払い金請求できる

過払い金請求は消費者金融に対してしかできないと思われている方もいらっしゃいますが、実際にはクレジットカードであっても過払い金請求はできます。ただし、クレジットカードの場合にはショッピング枠とキャッシング枠があり、ショッピング枠の場合には過払い金は発生しません。クレジットカードで過払い金できるのはキャッシング枠を利用された場合ですのでご注意ください。

もし、ショッピング枠とキャッシング枠の両方を利用されている場合であっても過払い金請求を行うことはできますが、戻ってきた過払い金でショッピング枠の返済が終わらない場合には信用情報機関に異動情報が載ること(俗にいうブラックリストに載ること)になります。そのため、どうしてもご自身の信用情報が気になる方はショッピング枠を完済してから過払い金請求を行うことをおすすめいたします。

  • 弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士
  • 増山晋哉

大学卒業後、大阪市内の法律事務所で経験を積み、独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加