過払い金請求はブラックリストに載る?ブラックにならない請求方法とは

いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまうと、手持ちのカードが使えなくなるだけではなく、新規のローンやクレジットカードの申し込みができないといわれています。しかし、ブラックリストという言葉が独り歩きしており、本当の意味が分からないという人が多いのが現状です。

ここでは「ブラックリスト」の本当の意味を説くとともに、過払い金とブラックリストの関係についてまとめてまいります。

過払い金返還請求に関してここが一番大事なポイントとなる場合もありますので過去の過払い金を返還してほしいと検討している人は必見です。

目次
  1. そもそもブラックリストとは
    1. 3つの信用情報機関
    2. 現在では過払い金請求を行ってもブラックリストには載らない
  2. 信用情報機関に登録されるとどうなる?
    1. ①ローンの申し込みができない
    2. ②クレジットカードが使えない・新規加入もできない
    3. 信用情報登録後、再度借金できるのはいつ?
  3. 過払い金返還請求において信用情報に掲載されるケースとは?
    1. 債務整理(借金返済中の手続き)を行うとブラックリストに載る可能性がある
    2. 返済中に過払い金請求を行い借金がなくなってもブラックリストに載ることがある
  4. 過払い金請求で注意すべき点とは?
    1. クレジットカードの過払い金返還で注意すべき点
    2. 貸金業者の合併にも気を付けよう
  5. 過払い金請求でブラックリストを避けるためには?
    1. 過払い金請求は「完済」が目指せるかがカギ
  6. ブラックリストへの対抗策
    1. クレジットカードが使えなくなるのでデビットカードを使う
    2. ブラックリストは家族には影響がないので家族カードを使う
    3. ETCカードが使えなくなるのでETCパーソナルカードを使う
    4. 各種ローンは5年~7年経ったら組める
  7. ブラックリストについてよくある質問
    1. 完済した業者に過払い金請求をした場合、ブラックリストに載りますか?
    2. 借金を返済中に過払い金請求をした場合、ブラックリストに載りますか?
    3. 過払い金があるか、ブラックリストに載るかどうかは先にわかりますか?
    4. 今後の借り入れに影響はでますか?
    5. 複数社からの借り入れがありますが、どうしたらよいでしょうか?
    6. ブラックリストに載るとどうなりますか?
  8. まとめ
  1. そもそもブラックリストとは
    1. 3つの信用情報機関
    2. 現在では過払い金請求を行ってもブラックリストには載らない
  2. 信用情報機関に登録されるとどうなる?
    1. ①ローンの申し込みができない
    2. ②クレジットカードが使えない・新規加入もできない
    3. 信用情報登録後、再度借金できるのはいつ?
  3. 過払い金返還請求において信用情報に掲載されるケースとは?
    1. 債務整理(借金返済中の手続き)を行うとブラックリストに載る可能性がある
    2. 返済中に過払い金請求を行い借金がなくなってもブラックリストに載ることがある
  4. 過払い金請求で注意すべき点とは?
    1. クレジットカードの過払い金返還で注意すべき点
    2. 貸金業者の合併にも気を付けよう
  5. 過払い金請求でブラックリストを避けるためには?
    1. 過払い金請求は「完済」が目指せるかがカギ
  6. ブラックリストへの対抗策
    1. クレジットカードが使えなくなるのでデビットカードを使う
    2. ブラックリストは家族には影響がないので家族カードを使う
    3. ETCカードが使えなくなるのでETCパーソナルカードを使う
    4. 各種ローンは5年~7年経ったら組める
  7. ブラックリストについてよくある質問
    1. 完済した業者に過払い金請求をした場合、ブラックリストに載りますか?
    2. 借金を返済中に過払い金請求をした場合、ブラックリストに載りますか?
    3. 過払い金があるか、ブラックリストに載るかどうかは先にわかりますか?
    4. 今後の借り入れに影響はでますか?
    5. 複数社からの借り入れがありますが、どうしたらよいでしょうか?
    6. ブラックリストに載るとどうなりますか?
  8. まとめ

そもそもブラックリストとは

「ブラックリストに載ってるようでローンの審査が通らなかった」という言葉を耳にした人もいることでしょう。中には都市伝説のような話ととらえている人もいるかもしれません。

そもそも「ブラックリスト」とは何だろう?疑問に思った人もいるのではないでしょうか。

実はブラックリストというものは存在しないのです。ここでは、私たちが俗にいう「ブラックリスト」について深堀りしていきましょう。

3つの信用情報機関

まずは、「ブラックリスト」にまつわる誤解を解いてまいります。

私たちがカードローンや融資、クレジットカードなどを利用すれば、その借入情報と債務者の個人情報が信用情報機関に登録されます。

  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター)

上記に掲げた3つの信用情報機関がそれにあたります。金融機関・信販会社・消費者金融各社は消費者に対する融資情報・完済情報などを加盟する信用情報機関へ登録することが決まりとなっています。また、一部の信用情報は3社で共有されています。

これは、「総量規制」の下で行われていることで、貸金業者が個々の借り手の総借入残高を把握できるしくみと位置付けられています。借り入れの際は信用情報機関への登録を同意することが前提となります。もちろん、登録されている内容は客観的な情報のみにとどまります。

融資情報が登録されているからと言って何も問題はありません。また、個人情報や個人が特定できる融資情報などが流出することもありません。もちろん「リスト」も出回っていませんので安心してください。

ただし、返済が大幅に遅延した・破産申し立てを行ったなど「返済できない状態」に陥ることで「金融事故」の情報が登録されます。これが俗に言う「ブラックリスト」の状態です。

重ねて、「ブラックリスト」なるリストは存在しないこと、大幅な返済の延滞や破産などの申立てを行った場合に、金融信用情報機関に「金融事故」の登録がなされることは知識として覚えておきましょう。

現在では過払い金請求を行ってもブラックリストには載らない

実は2010年以前は過払い金請求を行うことでブラックリストに載ることがありました。

業界では「契約見直し(コード71)」と呼ばれるものです。過払い金請求を行うと「契約見直し(コード71)」が信用情報機関に登録されてしまい、借り入れをすることが難しくなったのです。

しかし、この「契約の見直し」というものは2010年(平成19年)4月19日に廃止されました。そのため、現在では過払い金請求を行うことでブラックリストに載る、ということはなくなったのです。

信用情報機関に登録されるとどうなる?

クレジットカードの支払いや各種ローンの滞納が3ヶ月続くとその情報が「金融事故情報」として登録されるといわれています。

信用情報機関に「金融事故」と登録された場合、どのようなことが起こるのでしょうか。基本的に「お金を借りることはできない」ということはお分かりいただけることでしょう。

①各種ローンやクレジット払いの申し込みができない

銀行や消費者金融の借り入れは「審査」が必要です。

審査では「定職があり、安定した収入があるか」、「あと何年働けるか(満年齢と定年の年数)」などを見るほか、信用情報機関に照会を取り、金融事故の登録がなされていないかを確認するのが一般的です。金融事故の事実が登録されていればそれだけで「審査」に落ちてしまいます。

ただし、審査が通らなかったから金融事故があったというわけではありません。いろいろな理由があり、融資を見送ったということもあります。

②クレジットカードが使えない・新規加入もできない

前述した通りローンなどの融資審査も非常に通りにくくなります。新規でのクレジットカードの申し込みが出来ない訳ではありませんが、その審査が通らないことがほとんどだといえます。また保有している現在利用可能なカードも、その更新時期に新しいカードに更新が出来なく、残債務だけを支払続けるという様な形になることがほとんどです。

信用情報登録後、次に借金できるのはいつ?

「金融事故」として信用情報機関に登録されたら一生借金ができなくなるというわけではありません。一定期間を置いて、その情報は抹消されますので安心してください。

ただ、その一定期間とはどのくらいなのかが不安に思われることでしょう。

借金癖・浪費癖などがあるため、自ら「貸付自粛制度」による申し出を日本貸金業協会に行った場合は、登録日より5年以内とされています。これは、信用情報機関が見解を提示しています。

返済の延滞による金融事故の場合は5年程度、裁判所に申し立てる自己破産などの情報は5年から10年で抹消されるとされています。これは、個人の負債のケースによって異なるとみられます。しかし、信用情報機関では情報抹消までの期間を明らかにはしていません。

5年経てば再び借金ができる、というわけではないので気をつけましょう。

情報開示請求ができます。

「自分はブラックリストに登録されているのか?」「先日カード与信に引っかかってしまい買い物ができなかった」などという場合は、信用情報機関に対し「開示手続き」を行うことで自分自身の信用情報を確認することができます。インターネットを利用できる環境であれば即日回答が得られます。

直接「ブラックリスト」入りかどうかを知ることはできませんが、契約額や内容、返済の状況や債務残高などを知ることができます。ただ、開示された債務の状況から客観的に「金融事故」などの事実を把握することができます。

過払い金返還請求においてブラックリストに載るケースとは?

ここからは、過払い金返還請求と信用情報(ブラックリスト)に関する情報をまとめてまいります。過払い金返還請求を行うこと自体はブラックリストとして登録されることはありません。

ただし、その過程によってブラックリストへの登録へつながる可能性がありますので注意が必要です。

債務整理(借金返済中の手続き)を行うとブラックリストに載る可能性がある

ブラックリストに載るかどうかは現在借金をしているかどうかで変わってきます。

現在債務(借金)を抱えている状態で過払い金返還請求により借金を減らした場合、任意整理と呼ばれる債務整理手続きを行ったことに該当しますのでブラックリストとして登録されます。そのため、借金返済中に過払い金請求を行うとブラックリストに載る可能性があります。ただし、過払い金返還請求を行い、戻ってきたお金を借金に充てることで借金がなくなればブラックリストには載りません。

一方、既に借金を完済しており、和解交渉または裁判により過払い金返還がなされた場合にはブラックリストには登録されません。ただし、過払い金返還手続きを行った金融業者とは今後取引することができなくなりますのでご注意ください。

返済中に過払い金請求を行い借金がなくなってもブラックリストに載ることがある

借金返済中に過払い金請求を行い、戻ってきたお金を借金に充当することで借金がなくなればブラックリストには載らないと書きましたが、それでも一時的にブラックリストに載る事はあります。

これは借金返済中に行った過払い金請求が任意整理と呼ばれる手続きであるため、任意整理を行うとブラックリストに載るということに起因し、金融業者が手配することがあるためです。

しかし、任意整理を行ったということでブラックリストに載ったとしても過払い金を充当することで借金がなくなるのであれば和解の段階でブラックリストからは外れます。

ただし、手続きを開始し、和解するまでの間はブラックリストに載っている状態ですので、この間に新規の借り入れをしたり、クレジットカードの更新がきたりすると審査に通らないことがありますのでご注意ください。

これは金融業者によってやり方がことなりますので、返済中の方が手続きを取るとブラックリストに載る、ということではなく、金融業者のスタンスによっては一時的にブラックリストに載ることもある、というのが実情です。

このあたりは個人には判断が難しいことが多く、弁護士などの専門家に相談することをおすすめいたします。

弁護士法人きわみ事務所であれば過払い金請求や借金問題については何度でも相談無料です。

任意整理(にんいせいり)とは

過払い金返還などに関連する金利の引き直し計算を行い、借金を減額させます。残債に対し、これから発生すると考えられる将来利息や請求されるべき遅延損害金などを話合いにより減額やカットをしてもらい、原則的には元本のみを分割で返済するという貸金業者との和解によって行われる整理法です。負債者は約束した和解内容に従って返済を行うことが課せられます。債務者(借金をした人)と貸金業者との間で取り決めが行われます。

個人再生(こじんさいせい)とは

正確には「個人民事再生」といいます。住宅などの基本的な財産は残したまま、金利引き直しなどによって大きく減額された借金を原則的に3年間程度の期日で分割返済するという手続きです。減額された借金を全額返済する義務は課されますが、再生計画の対象となった負債に関しては返済の義務が法律的に免れます。また、職業的地位も保たれますので家族を養う立場にある方などに有効です。

自己破産(じこはさん)とは

財産がなく、今後も返済のための手立てや収入が見込めないという現状を裁判所に認めてもらう手段です。この申立てが裁判所に認められると法律的に借金の返済義務が免除されます。

ただし法的に返済の免責を受けたとしても、車や家などの高額な財産は処分されますし、国家資格保有者などは破産申立て後、免責の決定を受けるまでは一時的に資格や職業を失います。

過払い金請求で注意すべき点とは?

「失ったお金を取り戻すことができる」と多くの人が請求を検討するようになった過払い金返還請求ですが、ブラックリストへの登録につながる可能性もあるため、弁護士などのきちんとした専門家に相談して最善策を選ぶことが重要です。

キャッシングや大手信販会社等への返還請求は、今後の生活のデメリットとなる可能性もありますので下記をご参照の上、弁護士にご相談ください。

クレジットカードの過払い金返還で注意すべき点

平成18年度以前にクレジットカードのキャッシング枠(現金融資枠)を利用していた人は、過払い金返還請求の対象となる可能性があります。ただし、ショッピング枠(買い物枠)を利用した買い物は立替払契約や後払いによる売買契約となりますので、過払い金返還請求の対象にはなりません。

ここで気を付けたいのは、過払い金返還請求を行う時点でショッピング枠の残高があるケースです。キャッシング枠の過払い金返還請求が成功しても、ショッピング枠の債務に充当されてしまうことがあります。それでもなお残債が残ってしまう場合は、ブラックリストに登録される場合があるので注意が必要です。

クレジットカードの過払い金請求を行った場合にはキャッシング機能はもちろんのこと、ショッピング枠とETCカードも使えなくなります。そのため、光熱費や生活費をカードで支払っていた場合には引き落としができなくなる、ということも考えられますのでご注意ください。

貸金業者の合併にも気を付けよう

グレーゾーン金利が撤回されたのち、過払い金返還請求などが相次ぎ、民事再生法の適用や合併などの企業再編を余儀なくされた貸金業者も存在します。過去の過払い金対象となる借金が「今はもう存在しない会社」のものかもしれません。 会社の存在がないから、過払い金が請求できないと泣き寝入りする人もいるようですが、受け皿会社が過払い金関連の問題を継承しています。

受け皿となった会社に過払い金返還請求を行うことができるので、弁護士などに相談をしてみましょう。

すでに完済した取引でも、過払い金返還請求を行うことによって、合併後の会社との取引はできなくなることもございます。合併後の会社が金融機関系や大手信販系の場合は、将来自動車ローンが組めない、クレジットローンなどで買い物ができなくなるというような可能性もありますので、過払い金請求を行うことで得をするのか損をするのかを個人で判断するのは難しいことのが一般的です。

過去に借金をしていたが過払い金請求ができるのか、過払い金請求を行うことで自分にメリットがあるのかどうかは、弁護士にご相談ください。

過払い金請求でブラックリストを避けるためには?

過払い金の返還請求を行ったら、その貸金業者とは今後取引ができなくなります。また、ブラックリストに登録されれば新規借り入れもできません。こういったことを踏まえて過払い金返還請求を検討する必要があります。

過払い金請求は「完済」が目指せるかがカギ

繰り返し「過払い金返還請求はブラックリストに登録される可能性」を記してまいりましたが、過払い金返還請求そのものは金融事故案件ではありませんのでブラックリストには登録されません。金融事故にならない過払い金返還請求ももちろん存在します。

  • 完済している事案に対する返還請求
  • 残債があっても、引き直し計算をすることで借金がなくなるケース

借金返済中の方にとって、借金をゼロにすることができたり、借金をなくした上に手元にお金が戻ってきたりするなど過払い金請求には大きなメリットがあります。

現在借金中でも10年以上返済を続けているとい方は過払い金が発生している可能性が高いので、できるだけ早くご相談ください。

ブラックリストへの対抗策

過払い金請求を行い、ブラックリストに載ってしまうことに抵抗はありますが、さまざまな方法を取ることでその後の生活への影響を少なくすることができます。

過払い金請求を行いブラックリストに載った方が、その後どのような方法を取っているかご紹介いたします。

クレジットカードが使えなくなるのでデビットカードを使う

ブラックリストに載ってしまうと請求した会社のクレジットカードは使えなくなります。また、他社のカードであってもブラック入りしている間にカードの更新があると審査に通らず、更新されないことがあります。

しかし、クレジットカードが使えなくともデビットカードを作ることができます。デビットカードの場合には使ったその場で口座から引き落としがされるというものですから、基本的には現金払いと変わりませんが、現金を持ち歩かなくても良いという点でクレジットカードと同じような使い方ができます。

ブラックリストは家族には影響がないので家族カードを使う

ブラックリストに載ってしまうとクレジットカードや今後の借り入れに影響がでますが、載るのは自分の情報だけです。家族の情報は載りませんので、配偶者のクレジットカードの家族カードを発行して使う、ということはできます。

ETCカードが使えなくなるのでETCパーソナルカードを使う

ETCカードも使えなくなってしまうのは不便ですが、ネクスコ社が発行しているETCパーソナルカードを発行することでETCカードと同様に使うことができます。

ETCパーソナルカードを使うには4万円以上の保証金を預ける必要がありますが、使った分はまとめて月単位で引き落とされるのでETCカードのように使うことができます。

各種ローンは5年~7年経ったら組める

ブラックリストに載ってしまうと各種ローンに通りづらくなります。影響を受けることが多いのは住宅ローンと自動車ローンです。

しかし、ブラックリストに載る期間はおおよそ決まっています。だいたいですが5年~7年程度で消えると言われています(公表されておりません)。

そのため、ローンが組めない間は生活の立て直し期間と位置づけ、ブラックリストから削除されてからローンを組むようにしましょう。

また、配偶者には影響がありませんので、配偶者側でローンを組むという方法もあります。

ブラックリストについてよくある質問

完済した業者に過払い金請求をした場合、ブラックリストに載りますか?

借金を返し終わっている状態で過払い金請求を行ってもブラックリストには載りません。

過払い金はあなたのお金です。請求することは当然の権利ですので早めにご相談ください。

借金を返済中に過払い金請求をした場合、ブラックリストに載りますか?

ブラックリストに載る可能性はあります。

ただし、借金を返済中に過払い金請求を行い、借金を返し終わればブラックリストには載りません。

過払い金を充当しても借金が残った場合には載ることがありますのでご注意ください。

過払い金があるか、ブラックリストに載るかどうかは先にわかりますか?

ご相談いただけえば調べられます。

過払い金があるかどうかだけでしたら、ご相談いただければすぐにわかることもよくあります。

ブラックリストに載るかどうかはご相談者の状況によりますが、手続き前に調査し、すべてをご納得いただいた上で過払い金請求を行いますのでご安心ください。

きわみ事務所ではご相談は無料で受け付けております。

今後の借り入れに影響はでますか?

過払い金請求を行った金融業者に、改めて借り入れをすることはできません。

しかし、請求していない別の会社から借り入れをすることは可能です。

ただし、ブラックリストに載った場合には借り入れそのものが難しくなることがあります。

複数社からの借り入れがありますが、どうしたらよいでしょうか?

まずはご相談ください。

例えば、A社、B社、C社の3社から借り入れがあったとして、A社は完済、B社は返済中、C社は一度完済したがまた借金をして返済中というようなことはよくあります。この場合、各社の状況を調べ、過払い金がある会社に対してだけ過払い金請求を行うということもできます。

これによりブラックリストに載ることを避けることも可能です。

ブラックリストに載るとどうなりますか?

新規での借り入れが難しくなったり、クレジットカードが使えなくなったり、各種ローンが組めなくなったりします。

しかし、ブラックリストの情報は5年~7年で削除されます。

まとめ

信用情報に金融事故の情報が登録されてしまうと、いわゆるブラックリストに登録された状態になり、今後の生活に支障をきたすことがあります。過払い金は気軽に請求ができるようになった分、「金融事故登録」や「取引停止」というような返還後に起こりうるデメリットも念頭に入れる必要があります。

弁護士事務所や司法書士事務所を選ぶときには、お金が取り戻せるメリットばかりを追求するところではなく、「今ある借金」に関して親身に相談に応じてくれるか、その後の制約に関してもきちんと説明をしてくれるところを選ぶことが大切です。

弁護士法人きわみ事務所でも、過払い金の相談に応じております。過払い金の有無や、払いすぎたお金がどのくらいあるのかを無料でお調べすることができます。これらの情報を踏まえ、今ある借金の軽減を検討することもできます。お気軽にご相談ください。

弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士:増山晋哉
  • 弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士
  • 増山晋哉

大学卒業後、大阪市内の法律事務所で経験を積み、独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加