レイクに過払い金請求する際の条件と注意点

「レイクに過払い金請求したいけど、どうすればいいのか分からない」「レイクは社名変更をしているけれどお金は返ってくるの?」と気になる方も多いのではないでしょうか?

レイク(新生フィナンシャル株式会社)への過払い金請求は可能ですが、いわゆる新レイクと旧レイクの問題があり、請求関係はやや複雑です。

ここではレイクに過払い金請求をするときの条件や請求時の流れ、注意点などについて解説いたします。

レイク(新生フィナンシャル株式会社)について

1964年に株式会社パーソナル・リースという会社が設立され、これが後のレイク(旧レイク)となります。1994年にゼネラル・エレクトリック・コンシューマーローン株式会社が設立され、これが後の新レイクになります。

1998年に旧レイクから新レイクへ「ほのぼのレイク」事業を譲渡され、その後ブランドはレイクのままですが何度か社名変更をしています。

2008年からは新生銀行の子会社となり、2009年に新生フィナンシャル(現在の社名)に社名変更しています。

また、2010年には「ノーローン」ブランドを展開しているシンキ株式会社(現在の新生パーソナルローン株式会社)を子会社化しています。

レイクに過払い金請求ができる条件

レイクに過払い金請求ができるのは2007年12月以前に取引がある方です。

レイクが金利を見直したのは2007年12月2日です。それまで、最高で29.2%で貸し付けをしていた時期がありました。そのため、2007年12月以前にレイクから借り入れを開始された方は過払い金請求できる可能性が高いです。

2007年12月以降の貸し付けに対しては、利息制限法の金利上限18%以下で行っていますので過払い金請求はできません。

シンキ(新生パーソナルローン株式会社)からの借り入れがある場合

シンキは2010年に新生フィナンシャル(レイク)の完全子会社となっている新生銀行グループの消費者金融です。

そのため、新生パーソナルローンに対して過払い金請求を行う場合には、同じ新生銀行グループである新生フィナンシャル(レイク)にも借り入れがある方は注意が必要です。

ご不明な点やご不安がある場合には、きわみ事務所の無料相談をご利用ください。

過払い金請求にかかる費用

きわみ事務所では無料で過払い金調査をはじめることができます(全国対応)。

もしレイクに過払い金が発生していた場合、きわみ事務所なら着手金無料ではじめることができ、回収した過払い金の中から報酬をいただきますので安心です。

過払い金
相談・着手金
過払い金
報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 事務手数料2万円
+基本報酬4万円
+返還額の20%~(税別)

ご不安に思われていること、料金面など丁寧にご説明させていただきます。まずはきわみ事務所までご相談ください。

レイクに過払い金請求する流れ

レイク(新生フィナンシャル)に過払い金を請求する場合の大まかな流れは
・レイクから利用履歴を取り寄せ
・引き直し計算をする
・レイクに対して過払い金請求書を送る
・電話や直接交渉をする
となります。

まず、過払い金が発生しているかどうかを確認するためにレイクから利用履歴を取り寄せる必要があります。利用履歴とは、いつ・どのぐらい・どれぐらいの金利で借りたか・毎月の返済額はいくらかなどが記載された書類です。この書類の最終取引日を確認することで時効が完成していないかもチェックできます。

利用履歴を取り寄せれば次は引き直し計算です。引き直し計算とは、適用金利から実際にどれだけの過払い金が発生しているかどうかを計算することです。この計算は素人でも可能ですが、正確に計算しなければレイクに請求する際に支障をきたします。できれば、専門家に依頼するほうが正確に計算してもらえるのでよいでしょう。

引き直し計算をして過払い金の総額が分かれば、レイクに対して請求書を送ります。その後、過払金の返還交渉に関しても、レイク側が多数の過払い金請求をこなしているため素人が行うと返還金を低く抑えられる場合などもあります。

ただし、1998年を境に同じレイクでも別会社となったことにより(旧レイクから新レイクへの事業譲渡)、新生フィナンシャルは過去の過払い金変換を行わないものがございます。

レイクからの借り入れであっても旧レイクなのか、新レイクなのかで対応が変わってきますので、レイクに対して過払い金請求をする場合には弁護士に相談してみましょう

新生フィナンシャル株式会社(レイク)の概要

商号 新生フィナンシャル株式会社
ホームページ http://shinseifinancial.co.jp/
本社所在地 東京都千代田区外神田三丁目12番8号
創業 1994年10月
資本金 1億円
貸金業者登録番号 関東財務局長(9) 第01024号
株主 株式会社新生銀行
関係会社 ・新生パーソナルローン株式会社(シンキ)
・株式会社アプラスフィナンシャル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加