キャッシュワン(DCキャッシュワン)に過払い金請求する際の条件と注意点

「キャッシュワン(DCキャッシュワン)に過払い金請求したいけど、どうすればいいのか分からない」「キャッシュワン(DCキャッシュワン)に過払い金請求したいけれどお金は返ってくるの?」と気になる方も多いのではないでしょうか?

キャッシュワン(DCキャッシュワン)への過払い金請求は難しいです。それは銀行系カードローンであることが関係してきます。

ここでは過払い金請求をするときの条件や請求時の流れ、注意点などについて解説いたします。

キャッシュワン(DCキャッシュワン)について

キャッシュワン(DCキャッシュワン)は、東京三菱銀行・アコム・三菱信託銀行・DCカード・ジャックスが、銀行系消費者金融会社の設立のために株式会社東京三菱キャッシュワンとして設立された会社です。

2005年にアコムの子会社となり、株式会社DCキャッシュワンへと称号が変更。2009年にはアコムに吸収合併され解散となったが、別ブランドとして運営されていた。現在は、アコムがキャッシュワン事業をじぶん銀行に分割譲渡し、じぶん銀行が運営を行なっている。

キャッシュワンは、銀行系のカードローンのため、法定金利内の18%で利率が設定されていたため、過払い金の発生は見込めません。

しかし、キャッシュワン以外に2010年以前に借金をされていた場合には過払い金が発生する可能性があります。以前に借り入れをされていた方は諦めずにきわみ事務所にご連絡ください。全国対応、過払い金請求や借金問題についての相談は何度でも無料です。

キャッシュワン(DCキャッシュワン)に過払い金請求ができる条件

キャッシュワン(DCキャッシュワン)は法定金利内の18%以下で貸し付けを行っていましたので過払い金の発生は見込めません。

過払い金が発生するのは2010年以前に借り入れをした、金利18%以上の借金とお考えください。

過払い金請求にかかる費用

きわみ事務所では無料で過払い金調査をはじめることができます(全国対応)。

もしキャッシュワン(DCキャッシュワン)に過払い金が発生していた場合、きわみ事務所なら着手金無料ではじめることができ、回収した過払い金の中から報酬をいただきますので安心です。

過払い金請求についての料金表
過払い金
相談・着手金
過払い金
報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 事務手数料2万円
+基本報酬4万円
+返還額の20%~(税別)

ご不安に思われていること、料金面など丁寧にご説明させていただきます。まずはきわみ事務所までご相談ください。

過払い金請求する流れ

過払い金を請求する場合の大まかな流れは

  • 利用履歴を取り寄せ
  • 引き直し計算をする
  • 過払い金請求書を送る
  • 電話や直接交渉をする

となります。

まず、過払い金が発生しているかどうかを確認するために利用履歴を取り寄せる必要があります。利用履歴とは、いつ・どのぐらい・どれぐらいの金利で借りたか・毎月の返済額はいくらかなどが記載された書類です。この書類の最終取引日を確認することで時効が完成していないかもチェックできます。

利用履歴を取り寄せれば次は引き直し計算です。引き直し計算とは、適用金利から実際にどれだけの過払い金が発生しているかどうかを計算することです。この計算は素人でも可能ですが、正確に計算しなければ請求する際に支障をきたします。できれば、専門家に依頼するほうが正確に計算してもらえるのでよいでしょう。

引き直し計算をして過払い金の総額が分かれば、請求書を送ります。その後、過払金の返還交渉に関しても、金融業者側が多数の過払い金請求をこなしているため素人が行うと返還金を低く抑えられる場合などもあります。

まずは、きわみ事務所の無料相談をご利用ください。

過払い金請求をするメリット

過払い金請求をすると以下のようなメリットがあります。

借金を完済している場合のメリット

  • ブラックリストには載りません
  • 払いすぎているお金が戻ってきます
  • さらに、利息付きで返ってくることがあります

借金を返し終わっている方が過払い金請求をしても信用情報機関に異動情報が載る(ブラックリストに載ること)はありません。

当然の権利として過払い金は戻ってきますし、場合によっては利息がついて更に多くのお金が返ってくることもあります。

現在も社金返済している場合のメリット

  • もう借金を変える必要がなくなるかもしれません
  • 借金がなくなり、手元にお金が返ってくるかもしれません

キャッシュワン(DCキャッシュワン)の概要

商号 株式会社じぶん銀行
関連会社 アコム、株式会社三菱東京UFJ銀行
弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士:増山晋哉
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • 代表弁護士 増山晋哉
  • 登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。