アエル(エヌシーキャピタル、日立信販)に過払い金請求はできるのか?

「アエルに過払い金請求したいけど、倒産した会社に請求できるのか?」「過去にアエルから借り入れをしたことがあるけど、お金は返ってくるの?」と気になる方も多いのではないでしょうか?

アエルへの過払い金請求は条件付きで可能です。しかし、難しい判断があるため、弁護士に相談することをおすすめいたします。

ここではアエル(エヌシーキャピタル、日立信販)に過払い金請求をするときの条件や請求時の流れ、注意点などについて解説いたします。

アエル(エヌシーキャピタル、日立信販)について

1969年に山一物産株式会社という消費者金融として創業。1983年に日立信販株式会社と商号を変更し、全国的に事業展開しました。しかし、日立グループとは無縁である会社が日立を名乗っていたこともあり、2001年(平成13年)に社名をアエルに変更しています。

メインバンクだった東京相和銀行や主要借入先だった東邦生命の経営破綻により資金繰りが悪化。営業貸付金も伸び悩み、さらに過払い金返還訴訟が相次いだこともあり民事再生手続きを申し立てました。

2008年(平成20年)に東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請。アエルの債権はJPモルガン、のちにエヌシーキャピタルに譲渡されていることもあり、複雑です。個人での過払い金請求は非常に困難ですので、もしアエルに対して過払い金請求をお考えの場合には弁護士にご相談ください。

アエルの概要

商号アエル株式会社
本社所在地東京都中央区八重洲1-5-3
設立昭和44年6月
資本金6億円
代表者ウィルフレッドワイホリエ
弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士:増山晋哉
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • 代表弁護士 増山晋哉
  • 登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。