過払い金請求・債務整理が得意な事務所 - 弁護士法人きわみ事務所

きわみ事務所の借金問題相談

  • 過払い金請求の経験が豊富
    全国から借金問題のご相談をいただき、累計7億円以上の過払い金を回収しています。
  • 初期費用0円!着手金も無料!
    無料で何度でも過払い金や借金問題の相談を行っており、着手金は無料です。成功報酬型ですので過払い金が発生しなければ費用は一切いただいておりません。
  • 相談実績 月3,500件
    全国から毎月3,500件を超える過払い・借金問題の相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が在籍しています。

過払い金とは

過払い金とは、お金を借りて返済するときに、本来の金額より多く支払ってしまったお金のことです。本来であれば支払う必要のないお金ですから、業者に対して返してほしいと返還請求することができます。

過払い金請求の実績多数

過払い金返還請求で戻ってくる金額や戻ってくるまでの期間は貸金業者によって違います。きわみ事務所では過払い金請求の実績が多数ありますので、安心してご依頼ください。消費者金融への請求手続き時の対応状況や注意点も紹介していますのでご参考にしてください。

過払い金の返還請求にかかる費用

過払い金請求に関する相談料・着手金は無料です。きわみ事務所は成功報酬型ですので過払い金が発生しなかったときには費用は一切いただきません。費用が気になる方も安心して利用ください。

過払い金 着手金 過払い金 報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 事務手数料2万円
基本報酬4万円
返還額の20%~ (税別)

※相談者様の状況によって費用が変わります。相談時に最適なプランを提案させていただきます。

過払い金は返済中でも完済後でも請求できます

2008年以前に借金をされた方は、借金を返済中の方でも、完済した方でも手続きを取ればお金が戻ってくる可能性があります。

過払い金請求は払い過ぎた利息を返してもらう権利です。過去に借金をされたことのある方は過払い金請求・債務整理手続きの経験豊富なきわみ事務所にご相談ください。

借金を完済している方(返し終わっている方)は早めに返還請求手続きをすることをおすすめします。最終取引(最後の返済)から10年経過すると発生した過払い金の時効を迎え、返還請求手続きを行っても取り戻せなくなる可能性があります。

また、貸金業者の経営不振や倒産などでも同様に返還請求ができなくなることがあります。返還請求手続きを行わなかったために取り戻せるはずのお金が戻ってこないのは大変もったいないです。

返済中の方が過払い金を請求をする時は注意

現在、借金を返済中の方が過払い金請求をする場合には注意が必要です。借金返済中に返還請求手続きをすると、あなたの信用情報に異動情報が記載されることがあります。
※信用情報機関に異動情報が載ることを、俗に「ブラックリスト」に載ると言いますが、ブラックリストというリストは存在しません。しかし、言葉としては一般的に浸透していますので、ブラックリストと表記しています。

ただし、必ずブラックリストに載るというわけではなく返還請求によって返済中の借金を0できれば、ブラックリストに載ることはないです。

また、複数業者から借入をしている場合(多重債務の場合)には、相談者に有利な貸金業者だけを選んで過払い金返還請求をすることもできます。

きわみ事務所は借金を完済した方はもちろん、借金を返済中の方からのご相談も多くいただいております。相談者様の悩み・不安を理解し、ご納得のいく解決まで導きます。ぜひ、一度お問い合わせください。

借金を返済中の過払い金請求 借金を返済中の過払い金請求

過払い金請求のメリット・デメリット

過払い金請求に関する相談の際に、よく聞かれるのが請求を行った際のデメリットやリスクについてです。過払い金請求には下記のようなメリット・デメリットがございます。

過払い金請求のメリット

払いすぎた利息が戻ってきます!
借金を完済している場合には払いすぎた利息が戻ってきます。返済中であれば戻ってきた過払い金を残りの借金返済に充てることができます。もし、戻ってきた金額が借金の残りよりも多かった場合には、多かった分は相談者に戻ってくるお金です。

過払い金請求のデメリット

手続きした貸金業者からは新規借入れができなくなる可能性がある
クレジットカードが使えなくなる可能性がある
ただし、過払い金請求手続きをした業者以外の貸金業者からは借りることができますし、返還請求したカード会社以外のクレジットカードなら作ることができます。

過払い金請求をすることで、自分の信用情報に傷がつくのではないかという声もよく聞きますが、借金完済後に請求手続きをすれば信用情報に傷はつきません。たとえ、借金返済中であっても取り戻した金で借金の残債を消すことができれば、同様に信用情報に傷がつくことはありません。

自分が過払い金請求をしたらどういうデメリットがあるのか、いくら帰ってくるのか、リスクは他に何かないかなど、過払い金請求でお悩みの方はお気軽に相談をご利用ください。

過払い金には10年の時効がある

過払い金請求には時効が定められており、最終取引日(最後の返済日)から10年経過すると過払い金の返還手続きができなくなる可能性があります。

最終取引日(完済した日)から10年経過すると過払い金の返還手続きができなくなる 最終取引日(完済した日)から10年経過すると過払い金の返還手続きができなくなる

しかし、最後の取引日から10年を過ぎていても、契約内容次第では過払い金を取り戻せる可能性もありますので、2008年よりも前に借金をされていた方は、返済がわからなくても、一度お問い合わせください。戻ってくるお金があるかどうかを調べたり、具体的にいくら戻ってくるのかを調査したりするだけでしたら、きわみ事務所が無料で行います。

10年以上前の借金であっても過払い金請求ができることもある 10年以上前の借金であっても過払い金請求ができることもある

過払い金請求を依頼するかお悩みの方や借金問題に関する質問がある方も、無料相談をおこなっていますのでフリーダイヤルやメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

きわみ事務所の概要

きわみ事務所では全国対応しております。過払い金請求をしたい方も、自分に過払い金があるのか確認したい方も、まずは無料相談をご利用ください。

大阪オフィス(大阪弁護士会所属)

住所 大阪府大阪市北区東天満1-10-14 MF南森町2ビル11階
代表弁護士 増山 晋哉
営業時間 9:30~18:30 (定休日:土日祝日)

東京オフィス(第二東京弁護士会所属)

住所 東京都千代田区神田司町2-7-2 ミレーネ神田PREX 3階
社員弁護士 竹内 欣士
営業時間 9:30~18:30 (定休日:土日祝日)
過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用ください。
過払い金があるか弁護士に相談しよう電話する(無料相談)メールで相談する方はこちら

きわみ事務所からのお知らせ